メインメニューを開く

ハイペリオンガンダム(HYPERION GUNDAM)は、漫画機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「ハイペリオン」は「高い天を行く者[1]」の意味を持つギリシア神話の神「ヒュペリーオーン」に由来する。

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、関連作品に登場する派生機についても解説する。

目次

機体解説編集

諸元
ハイペリオンガンダム
HYPERION GUNDAM
型式番号 CAT1-X1/3(1号機)
CAT1-X2/3(2号機)
CAT1-X3/3(3号機)
全高 16.90m
重量 54.70t
武装
  • ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」×4+1
  • ビームキャノン「フォルファントリー」×2
  • RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
  • モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」×7
搭乗者 カナード・パルス(1号機)
バルサム・アーレンド(2号機)
イワン・ザンボワーズ(3号機) 他

ユーラシア連邦が自国製MS開発計画「X」計画に基づき、アクタイオン・インダストリー社と共同開発した機体。「X」計画は同じ連合所属国家で初めてMSの独自開発に成功した大西洋連邦への対抗手段として発動され、対ザフト戦後の地球連合内での発言力を維持するべく行われた国家プロジェクトであった[2]

ゲル・フィニートで培われたアクタイオン社のMS開発ノウハウが生かされており[3]、同時に大西洋連邦・ザフト機の技術も盛り込まれた機体となっている[2]。本機はユーラシア連邦の得意技術である光波防御帯シールド「アルミューレ・リュミエール (A.L.)」を搭載し、これを用いた独自の戦術思想に基づく運用が可能である。その他の武装は本体バッテリーの大半をA.L.のパワー供給に回さねばならない関係上、火器自体にエネルギー源を持たせたパワーセル方式を採用している[4]

型式番号の「CAT」は「Composition Armament Tactical=戦術構成兵装」の略で[5]、「X」は試作機を示している。数字ナンバーは/の左側がその機体の製造ナンバー、右側は総生産数を表す。つまりハイペリオンは3機が製造された事になる。その後、政治情勢の変化で、ユーラシア軍上層部は大西洋連邦製のダガーシリーズの供与を受ける事を決定[2]。結果プロジェクトは凍結され、ハイペリオンシリーズは試作機3機を以って生産終了となってしまった[2]

武装編集

RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
ユーラシア連邦東側地区(旧ユーゴスラビア / セルビア)にあるザスタバ (Zastava) 社製のビームサブマシンガン[2]。発砲には1発分のエネルギーを充填した薬莢型パワーセルを多数内蔵した専用マガジンを使用する[4]。マニュアル操作でセミオート / フルオート射撃の切り替えが可能。使用済みのセルは右側面の排莢口から順次排出される[4]。また、サイトセンサー〜バレル間に着脱式のビームナイフを装備。格闘はもちろん、柄ごと射出し敵の意表を突く隠し武器としても使われる。スティグマト (Stigmate) はフランス語で「聖痕」の意。
ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」
ユーラシア連邦東側地区(旧ルーマニア)にあるロムテクニカ社製のビームナイフ[2]。通常のビームサーベルよりも刃渡りが短い。また、そのエネルギーも柄に設置された小型バッテリーから賄われる為[2]、機体稼働時間に影響を及ぼす事は無い。両腕・両脚に1基ずつ、スティグマトのフレームに1基の合計5基を装備する。
ビームキャノン「フォルファントリー」
本機の武装で最大級の威力を持つウイングバインダー先端部のビーム兵器。パワーセルの供給が続く限り、連射が可能[2]。フォルファントリー(Forfanterie)とはフランス語で「空威張、乱暴」を意味する。
モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」
両腕に1基ずつ、ウイングバインダーに5基の発生装置を内蔵する。ユーラシア連邦の有する光波防御帯から発展した装備[4]。アルミューレ・リミユエールとはフランス語で「装甲した光」を意味する[2]。エネルギー消費を抑え腕部の発生器のみを使用する事でシールドとして機能するが[2]、完全展開時に各部の発生器が展開し機体全体を覆う事によって、360度全方位の攻撃に対し鉄壁の守りを誇っている[4]。従来の光波シールドは出入り双方向の攻撃を遮断するものであり防御と同時に攻撃を行うことは出来なかったが、本機のシールドは外部からの攻撃を遮断しつつ自機による内部からの攻撃を通すモノフェーズ(単位相指向型)光波シールドに改良されており、正に攻防一体を可能としている[4]。但し、使用には多大な電力を必要とし、完全展開時の連続稼動時間は僅か5分となっている[4]。発生装置を変形させる事で、攻撃用のビームランスとしても使用可能[6]。この状態では同じ光波シールドの防御フィールドを突破する事も可能となる[6]。一方で、対ビームコーティングやラミネート装甲で覆われた兵装で攻撃されると、光波シールドがすり抜けてしまう弱点を持つ[7]
また、この技術は後に他勢力にも流出したことで、改良型や発展型が製作された。大西洋連邦のMS供与と引き換えにユーラシア連邦からの技術の譲渡が行われ[8]ザムザザー等連合製の大型機動兵器に搭載された陽電子リフレクターが開発されている。また、ハイペリオンの開発を行っていたアクタイオン・インダストリーがザフトとも関係を持っていたため[9]、ザフトにも採用され新型MSデスティニー等や、クライン派が開発したストライクフリーダム等に搭載されたビームシールドの原型となっている。

劇中での活躍編集

1号機
元スーパーコーディネイター計画の被験者である特務兵カナード・パルスの搭乗機。他の2機はグレーベースの塗装だが、この機体のみ白主体の塗装となっている。ニュートロンジャマーキャンセラー (NJC) を奪うためドレッドノートを付け狙ったが、敗北を喫し中破する。その後母艦オルテュギアを強奪しアルテミスを脱走。大西洋連邦管轄の月面プトレマイオス基地を襲撃してNJCを強奪し、小型艦船用の核エンジンを搭載した「スーパーハイペリオン[注 1]へと強化した。アルミューレ・リュミエールの時間制限が無くなると同時に、各武装も核エンジンから直接エネルギー供給され(供給の際にはケーブルをつなぐ必要がある)、ビームサブマシンガンも2号機から奪い取ったことで2丁になり、火力も大幅に向上している。CE71年9月27日に[10]ドレッドノート(Xアストレイ)に再び挑むも、無理にフォルファントリーを発射したことによる自滅により敗北し、直後核エンジンの暴走を引き起こし爆散した。後に四散したハイペリオンの残骸から回収された武装の一部を改良して、ドレッドノートイータが使用している。
2号機
自称「アルテミスの荒鷲」の異名を持つバルサム・アーレンド少尉の搭乗機。オルテュギアを奪いアルテミスを脱走したカナード達を追撃したが、ALの防御力を過信した隙を突かれ、ビームナイフでコクピットを潰され撃破された。機体は半壊した1号機の修理パーツと化している。
3号機
「アルテミス」のジェラード・ガルシアは、カナードによる1号機持ち出しと月面プトレマイオス基地襲撃の責任を叢雲劾になすりつけようとして残ったハイペリオン3号機(搭乗者名不明)を立ち向かわせたが、ラミネート装甲を施されたタクティカルアームズで光波防御帯を破られ、これも撃破されている。この機体は後に修復され「ユーラシアの英雄」イワン・ザンボワーズの手に渡り、反ユーラシア連邦政府活動に使われていたが、イライジャ・キールとの戦いに敗れ、再び破壊された。

ハイペリオンG編集

諸元
ハイペリオンG
Hyperion G
型式番号 CAT1-XG1/12[注 2]スリー・ソキウス機)
CAT1-XG2/12(叢雲劾機)
武装
  • ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」×4+1
  • ビームキャノン「フォルファントリー」
  • RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
  • GAU8M2 52mm機関砲ポッド
  • 対ビームシールド
  • モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」
搭乗者 スリー・ソキウス
叢雲劾

一旦は製造中止となったハイペリオンだったが、製造元であるアクタイオン社は引き続き本機の有用性を猛アピール、これに押された地球軍は陸戦に特化した量産試作機の試験配備を承認した[11]。量産機のベースフレームは基本的に試作機からの流用だが、投入領域を陸上のみに限定し、各部の機能・装備を簡略化する事で大幅なコストダウンを図っている。頭部センサーはガンダムヘッドからデュアルセンサーをゴーグルで覆う方式に変更。エネルギー、コスト面で問題のあったA.L.は、右ウイングバインダー先端の1基を残し全て排除された。左バインダーは完全撤去され、代替として武装用のマウントラッチを設置している。ラッチは縦軸の旋回範囲を持ち、固定した火器はそのまま可動砲台として使用可能。

東アジア共和国第13密林保護区にて、傭兵部隊「サーペントテール」リーダー叢雲劾、同地域の連合軍司令官代理を務める戦闘用コーディネイター、スリー・ソキウスが現地の反乱軍ゲリラ鎮圧任務の為本機に搭乗している。機体の正規カラーは試作1号機に近いホワイト、グレーだが、劾機のみはサーペントテールのチームカラーであるブルーに塗装されている。なお、同じくサーペントテール所属パイロットのイライジャ・キールにも本機が与えられる予定だった様だが、自分が嫌うカナードの乗機の量産型という理由で搭乗を断っている。

武装・装備編集

機関砲
頭部両側に計2門装備する[11]
ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」
原型機から引き続き装備される[11]
ビームキャノン「フォルファントリー」
原型機と同様の装備だが、左側のバインダーが撤廃されたことから1基のみに削減されている。
RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
原型機から引き続き装備される。
GAU8M2 52mm機関砲ポッド
機体背部左側のマウントラッチに装備される。
対ビームシールド
左腕に携行する[12]。105ダガーやストライクダガーのものと同型。
モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」
右側のバインダーに1基装備する。

ハイペリオンGR&ハイペリオンGL編集

諸元
ハイペリオンGR / ハイペリオンGL
Hyperion GR / Hyperion GL
型式番号 CAT1-VGR / CAT1-VGL
武装
  • ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」×4+1
  • ビームキャノン「フォルファントリー」
  • RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
  • GAU8M2 52mm機関砲ポッド
  • モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」
搭乗者 なし(人工知能「80」による無人操縦)

『SEED DESTINY ASTRAY R』に登場。アクタイオン社の技術者ヴァレリオ・ヴァレリ(通称ダブルブイ)が、ターンレッドの護衛機として、ハイペリオンGをベースに改造した2機の機体。GRはバックパックの右側にアルミューレ・リュミエール発生器を、左側に機関砲ポッドを、ザスタバ・スティグマトを右腕に、シールドを左腕に装備。GLはこれらを左右逆に装備している。頭部アンテナ・手首・足部下部・シールドの色も、GRが青、GLが赤で塗り分けられている。機体名の「G」はオリジナルの「Ground Type(地上機)」ではなく、「Good(よくできた)」に由来している。操縦は「8」の複製AIである「80」によって行われ、ターンレッドとともにデスティニーインパルスRの僚機であるDIアダガに搭載されていた「バディ・システム」を模倣した「トリオ・システム」によって、高度な連携行動を可能としている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ カナードによる俗称。各種ゲーム作品では「ハイペリオンガンダム(NJC装備)」と表記される。
  2. ^ 機体名及び型式番号の「G」とは、陸戦型を示す「Ground Type」の頭文字。型式番号から判断するに計12機が製造された模様である。

出典編集

  1. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』第1巻、角川コミックス・エース、2004年5月、巻末。(ISBN 978-4047136250)
  2. ^ a b c d e f g h i j 『1/144 HG ハイペリオンガンダム』バンダイ、2004年7月発売、組立説明書、
  3. ^ 「機動戦士ガンダムSEED MSV最速読本」『電撃ホビーマガジン』2004年4月号、メディアワークス、付録冊子、15頁。
  4. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、158-159頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  5. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、138頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  6. ^ a b 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者』メディアワークス、2006年7月15日初版発行、174-175頁。(ISBN 4-8402-3473-6)
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』メディアワークス、2005年8月、152-157頁。(ISBN 978-4840231992)
  8. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者』メディアワークス、2006年7月15日初版発行、173頁。(ISBN 4-8402-3473-6)
  9. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下巻 絆を求める者』メディアワークス、2006年8月15日初版発行、178頁。(ISBN 978-4840234986)
  10. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝』メディアワークス、2007年8月15日初版発行、83頁。(ISBN 978-4-8402-3907-3)
  11. ^ a b c 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、107頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  12. ^ 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS 公式サイトASTRAYS MECHANICS ハイペリオンG

関連項目編集