ハイマン・シュタインタール

ハイマン・シュタインタール

ヘルマン・ハイマン・シュタインタール(Hermann Heymann Steinthal, 1823年5月16日 - 1899年3月14日)は、ドイツ言語学者。プロイセン王国ザクセン州(現ザクセン・アンハルト州グレープツィヒドイツ語版生まれ。

シュタインタールは、フンボルトを継いで1850年からベルリン大学の教職に就き、言語哲学的な研究を行なった。心理学的な方法を言語研究に導入し、諸言語を構造的タイプによって分類した。これは、ヴィルヘルム・ヴント、義弟のモーリツ・ラーツァルスと共に「民族心理学ドイツ語版」を創始したといわれ、社会心理学の先駆となった。この学問によって主張される「民族魂ドイツ語版」は、ヘルマン・コーエンによって「得体の知れないもの」として批判された。

シュタインタールは、ドイツ・ユダヤ人内部では、ヘルマン・コーエンアーブラハム・ガイガー、イスラエル・レーヴィ、ダーヴィト・カッセルと共にユダヤ教学の確立に加わり、1869年ユダヤ教学高等学院ドイツ語版[1]の創設に参加した。

ベルリンにて没。

脚注編集

外部リンク編集