ハインリッヒ・マッヘ

ハインリッヒ・マッヘHeinrich Mache1876年4月27日 - 1954年9月1日)は、オーストリア物理学者である。

ハインリッヒ・マッヘ
Heinrich Mache
ハインリッヒ・マッヘ
ハインリッヒ・マッヘ
生誕 (1876-04-27) 1876年4月27日
 チェコ プラハ
死没 1954年9月1日(1954-09-01)(78歳)
 オーストリア ウィーン
研究分野 物理学
研究機関 ウィーン美術アカデミー
ウィーン大学
ウィーン工科大学
出身校 ウィーン大学
博士課程
指導教員
フランツ・S・エクスナー英語版
他の指導教員 ルートヴィッヒ・ボルツマン
主な業績 マッヘ(放射能の単位)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

1876年にプラハで生まれた。中学校卒業後、1年間エルンスト・マッハの物理学の講義を聴講していた。1894年にマッヘの一家はウィーンに引越し、フランツ・S・エクスナー英語版ルートヴィッヒ・ボルツマンの下で研究を行った。1898年にエクスナーの指導による「気体の電歪の実験的な証明」で博士号を授与された。1900年から1901年にかけて写真専門家として働き、ウィーン美術アカデミーによるインドへの天文観測のための探検に参加した。彼の研究に関連して、紅海・デリー・セイロン・北部エジプトで大気電気の計測を指揮した。1901年にウィーン大学で教授資格を得た。1906年、インスブルック大学の準教授に任命された。2年後、フリードリヒ・ハーゼノールの後任としてウィーン工科大学の教授に就任した。1954年にウィーンで死去した。

1966年、ウィーン・ドナウシュタットの通りの1つが、彼の名に因んでMakegasse(マッヘ通り)と命名された。

研究編集

マッヘの研究は、主に放射能熱力学大気電気学および燃焼現象の物理学であった。ルートヴィヒ・フラムとともに起爆性ガス混合物の燃焼理論を発展させた。マッヘのラドンに関する研究を賛え、放射能濃度の単位に「マッヘ」と名付けられた(ただし、今日ではあまり用いられない)。

1915年にオーストリア科学アカデミー英語版ハイチンガー賞英語版[1]、1927年にヴィルヘルム・エクスナー・メダルを受賞した。

家族編集

彼の妻は、著名な地質学者エドアルト・ジュースの孫である。

出典編集

  1. ^ Hall of Fame: Heinrich Mache” (German). Vienna, Austria: Technische Universität Wien (2015年12月18日). 2016年1月9日閲覧。

参考文献編集

  • Rechenberg, Helmut (1987). "Mache, Heinrich". Neue deutsche Biographie (German). Volume 15. Berlin: Duncker & Humblot. pp. 611–612. ISBN 3-428-00196-6. 2014年5月24日閲覧
  • Heinrich Mache” (German). Wilhelm Exner Medal Foundation. 2014年5月24日閲覧。