メインメニューを開く

ハインリヒ・ツー・メクレンブルク

ハインリヒ・ツー・メクレンブルクドイツ語: Heinrich zu Mecklenburg, 1876年4月19日 - 1934年7月3日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国の大公家成員。メクレンブルク公。メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の八男で、オランダ女王ウィルヘルミナ王配となりオランダ王子に叙された。オランダ語名はヘンドリック・ファン・メクレンブルフHendrik van Mecklenburg)。

ヘンドリック
Hendrik
オランダ王配
Prince Henry of Holland.jpg
オランダ王配ヘンドリック(1912年)
在位 1901年2月7日 - 1934年7月3日
別称号 メクレンブルク公

全名 : Heinrich Wladimir Albrecht Ernst
ハインリヒ・ヴラディミル・アルブレヒト・エルンスト
出生 (1876-04-19) 1876年4月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtümer Mecklenburg.svg メクレンブルク=シュヴェリーン大公国シュヴェリーン
死去 (1934-07-03) 1934年7月3日(58歳没)
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
埋葬 オランダの旗 オランダデルフト新教会英語版
配偶者 ウィルヘルミナ
子女 ユリアナ
家名 メクレンブルク=シュヴェリーン家
父親 フリードリヒ・フランツ2世
母親 マリー・フォン・シュヴァルツブルク=ルードルシュタット
テンプレートを表示

生涯編集

1876年4月19日、フリードリヒ・フランツ2世とその3人目の妃であったシュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯子カール・ギュンターの長女マリーの間に第4子(末子)としてシュヴェリーンで生まれた。異母兄にフリードリヒ・フランツ3世大公がいる。

ドレスデンギムナジウムで教育を受けた。ギリシャイギリス領インド帝国セイロン島などを旅行してからドイツへ戻り、プロイセン王国陸軍に入隊した。その後ポツダムの近衛猟兵連隊に少尉として配属され、しばらく軍歴を積んだ。

1900年10月16日にオランダ女王ウィルヘルミナとの婚約が成立し、1901年2月7日ハーグで結婚した。またこの前日である2月6日付で、ハインリヒはオランダ王子Prins der Nederlanden)の称号と殿下(Koninklijke Hoogheid)の敬称を与えられた。なお、メクレンブルク家側は彼に対してオラニエ公の称号を与えるよう求めたが、これは受け容れられなかった。

1901年海軍少将Schout-bij-nacht)および陸軍少将(Generaal-majoor)に、1904年には海軍中将Viceadmiraal)および陸軍中将(Luitenant-Generaal)に任じられた。またヘンドリックは枢密院Raad van State)の顧問官でもあったが、これらの地位を政治的に使うことはなかった。

1934年7月3日、心臓発作によりハーグで死去した。墓所はデルフト新教会英語版にある。

子女編集

妻のウィルヘルミナは何度か妊娠しているが、無事に生まれたのは一女だけであった。

また、別の女性との間に庶子をもうけていたことが1979年になって明らかになった。