ハインリヒ・フォン・キットリッツ

フリードリヒ・ハインリヒ・フォン・キットリッツ(Friedrich Heinrich von Kittlitz、1799年2月16日 - 1874年4月10日)はドイツの貴族、軍人、鳥類学者である。

略歴編集

ブレスラウで生まれた。キットリッツ家は12世紀に始まるプロイセンの男爵家である。父親はプロイセン軍の将校で、母親はロシア軍の軍人の家系の娘で、有名なロシアの将軍、ハンス・カール・フォン・ディービッチ(Hans Karl von Diebitsch-Sabalkanski)は叔父にあたる。プロイセン軍の軍人として働き、マインツの駐屯地などで働いたが、鳥類学への関心を強くした。1825年に軍を止め、母親のコネクションで、サンクトペテルブルク科学アカデミーが関連したフョードル・リトケが率いる、アラスカ沿岸を含む探検航海に植物学者のカール・ハインリヒ・メルテンス、鉱物学者のポステルス(Alexander Filippovich Postels)とともに博物学者として参加することになった。

1826年2月から1829年9月まで行われたこの探検航海で、キットリッツは214の鳥類の種の764点の標本を収集し、サンクトペテルブルク科学アカデミーの博物館にもたらした。その中には現在は絶滅した種も含まれている(探検隊は小笠原諸島にも立ち寄っており、キットリッツはオガサワラカラスバトオガサワラマシコといった絶滅種を採集した)。1844年にこの航海に関する著書"24 Vegetationsansichten von den Küstenländern und Inseln des Stillen Ozeans"(『太平洋の沿岸と島嶼の24の植生状態』)を発表した。

1831年には友人のドイツの鳥類学者、エドゥアルト・リュッペルと北アフリカを訪れたが、健康を害し帰還しなければならなかったが、エジプトで乗り継ぎの船を待つ間に新種の鳥類、Charadrius pecuarius(和名ヒメチドリ)を発見し英名は Kittlitz's Ploverと呼ばれることになった。

著書の図版編集

著作編集

  • Kupfertafeln zur Naturgeschichte der Vögel, Frankfurt 1832, 1. Heft
  • 24 Vegetationsansichten von den Küstenländern und Inseln des Stillen Ozeans, mit Text, Wiesbaden 1845–1852
  • Vegetationsansichten aus den westlichen Sudeten, Frankfurt 1854
  • Naturszenen aus Kamtschatka
  • Bilder vom Stillen Ozean
  • Denkwürdigkeiten einer Reise nach dem russischen Amerika, nach Mikronesien und durch Kamtschatka, Gotha 1858, Band 1, Band 2
  • Psychologische Grundlage für eine neue Philosophie der Kunst, Berlin 1863
  • Schlußfolgerungen von der Seele des Menschen auf die Weltseele, Mainz 1873
  • Ornithologisches Tagebuch. Handschrift mit Aquarellmalereien. 4 Bände (1816-1823).Wissenschaftliche Stadtbibliothek Mainz, Sammlung Moyat, Sign.: Moyat 658

参考文献編集