ハインリヒ3世 (メクレンブルク公)

ハインリヒ3世(Heinrich III. der Hänger, 1337年ごろ - 1383年4月24日)は、メクレンブルク公(在位:1379年 - 1383年)[1]

ハインリヒ3世
Heinrich III.
メクレンブルク公
在位 1379年 - 1383年

出生 1337年ごろ
死去 1383年4月24日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
メクレンブルク公領、シュヴェリーン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
メクレンブルク公領、ドベラーン修道院
配偶者 インゲボー・ア・ダンマーク
  メヒティルト・フォン・ヴェルレ=ヴァーレン
子女 エウフェミア
アルブレヒト4世
マリア
インゲボルク
家名 メクレンブルク家
父親 メクレンブルク公アルブレヒト2世
母親 エウフェミア・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

生涯編集

ハインリヒ3世は、メクレンブルク公アルブレヒト2世エウフェミア・アヴ・スヴェーリエ(セーデルマンランド公エリク・マグヌソンの娘)の間に生まれた[2]スウェーデン王アルブレクト(在位:1364年 - 1389年)の兄。

1361年デンマーク王ヴァルデマー4世の娘インゲボーと結婚し、以下の子女をもうけた[3]

1377年にベルンハルト2世・フォン・ヴェルレの娘メヒティルト・フォン・ヴェルレ=ヴァーレンと結婚した。

脚注編集

  1. ^ 下津、p. 360
  2. ^ Louda & Maclagan, p. 64
  3. ^ Genealogical table of the House of Mecklenburg, p. 168
  4. ^ Louda & Maclagan, p. 46

参考文献編集

  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.