ハウス・オブ・トゥモロー

ハウス・オブ・トゥモロー』(原題:The House of Tomorrow)は、2017年アメリカ合衆国の映画。第30回東京国際映画祭ユース部門上映作品。日本では劇場未公開。

ハウス・オブ・トゥモロー
The House of Tomorrow
監督 ピーター・リヴォルシー
脚本 ピーター・リヴォルシー
原作 ピーター・ボニャーニ
製作 タリック・カラム
ダニエル・レンフルー・ベアレンズ
製作総指揮 エレン・バースティン
ニック・オファーマン
トム・ドルビー
ビル・ハーニッシュ
ルース・アン・ハーニッシュ
ドナ・グルナイヒ
ケヴィン・グルナイヒ
パティ・クイリン
出演者 エレン・バースティン
ニック・オファーマン
エイサ・バターフィールド
アレックス・ウルフ
モード・アパトー
音楽 ロブ・シモンセン
撮影 コーリー・ウォルター
編集 ブライアン・ウィリアムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年4月20日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $8,600,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $35,821[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

幼い頃に両親を亡くし、「明日の館」を経営する祖母に育てられたセバスチャン(エイサ・バターフィールド)は、偏りのある祖母の思想に強い影響を受けて育ち、「明日の館」の手伝いも行いながら暮らしている。ある日セバスチャンは館を見学に来たジャレッド(アレックス・ウルフ)とひょんなことから友達になり、彼からパンクロックを教わるのだった。パンクにハマったセバスチャンは祖母に内緒でジャレッドの家に通うように。実はジャレッドは重度の心臓病を患っており、長く生きられるかどうかわからない状況にあったが、二人でバンドを組んでギグをするため練習に励む日々を過ごすことになって…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集