メインメニューを開く

ハジ・モハンマド・チャムカニHaji Mohammad Chamkani, 1947年 - 2012年)は、アフガニスタンの政治家。革命評議会議長。パクティヤー州出身。父は村の長老で、小地主だった。ムッラーパシュトゥーン人部族のジルガ議長。パシュトゥーン人部族における権威。

ザーヒル・シャー統治時代、議会人民院(下院)議員、後に上院議員に選出。

1986年1月16日、革命評議会副議長[1]。1986年11月20日、バブラク・カールマル議長の退任に伴い、革命評議会議長代行に選出[2]。1987年9月30日、ムハンマド・ナジーブッラーが革命評議会議長に選出され、チャムカニは第一副議長された[3]

1990年代、ターリバーン側に移り、ムハンマド・オマルの顧問となった。

2001年末、指名手配。2002年2月、カンダハール州タフタ・プリ市において、アメリカ海兵隊により逮捕。

2012年、死去。

脚注編集

  1. ^ 「重要日誌 1986年」(1987年)、594ページ。
  2. ^ 「重要日誌 1986年」(1987年)、599ページ。
  3. ^ 「重要日誌 1987年」(1988年)、641ページ。

参考文献編集


先代:
バブラク・カールマル
革命評議会議長
(代行)
1986年 - 1987年
次代:
ムハンマド・ナジーブッラー