ハドリアヌス2世 (ローマ教皇)

ハドリアヌス2世792年 - 872年12月14日)は、第106代ローマ教皇(在位:867年12月14日 - 872年12月14日)。

ハドリアヌス2世
第106代 ローマ教皇
Adrian II.jpg
教皇就任 867年12月14日
教皇離任 872年12月14日
先代 ニコラウス1世
次代 ヨハネス8世
個人情報
出生 792年
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 872年12月14日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
テンプレートを表示

生涯編集

出身はローマ[1][注釈 1]。家系は貴族で、司祭枢機卿を歴任した。867年11月13日に先代のニコラウス1世が死去したため、12月14日に75歳の高齢で教皇に選出された[1]。優柔不断で気弱な一面があり[1]、ニコラウス1世の勝ち取った教皇職の精神的優位性を放棄し、対立教皇アナスタシウスに教皇の職務を任せるという失敗を犯した[1]。これは、フランク王国カロリング家とのあいだに不和をまねく原因をつくり、さらにローマ教会の混乱を見て、傘下にあったブルガリア教会もローマ教会を見限ってコンスタンティノポリス総主教の傘下に入ってしまった(ブルガリア正教会[1]

ハドリアヌス2世は在位5年で、872年12月14日(11月ともいわれる[1] )に死去した。80歳であった。

なお、ハドリアヌス2世は、叙階を受ける以前はステファニアという女性結婚生活を送っていた[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 772年に登位したハドリアヌス1世以降のローマ教皇はローマ生まれがつづいた。マックスウェル・スチュアート(1999)p.89

出典編集

参考文献編集

  • P.G.マックスウェル・スチュアート『ローマ教皇歴代誌』高橋正男(監修)、月森左知・菅沼裕乃(訳)訳、創元社、1999年12月。ISBN 4-422-21513-2

関連項目編集