ハドレー循環(ハドレーじゅんかん、英語: Hadley circulation, Hadley cell)とは、赤道付近で上昇した空気が南北に分かれ、緯度30度付近で下降し低空を赤道付近に戻る循環のこと。[1][2][3]

地球の大気循環のモデル

概要

1735年ジョージ・ハドレー英語版(George Hadley)は偏西風貿易風の原因として、赤道付近で暖められた空気は密度が低くなって上昇し、上空を両に向かって移動し、冷却され密度が高くなって下降し、地表付近を通って赤道に戻るという循環を提案した[1][4][5]。地球自転による地表の移動速度の影響により、赤道から極へ向かう空気は地表から見ると西風(偏西風)となり、極から赤道へ向かう空気は東風(貿易風)となる。

実際の空気の流れを観測してみると赤道付近で空気は確かに上昇しているが、この空気は緯度30度付近で下降してしまう[1]。ただしその循環の機構はハドレーの提案したものと合致している。現在では赤道周辺を起点とし低緯度地域を廻る循環のみがハドレー循環と呼ばれている。

ハドレー循環では、

・上空では、低緯度→中緯度方向に地球自転速度を加味した向きに流れる。

・地表近くでは上空とは逆(中緯度→低緯度、地球自転に抗う向きに偏る)に流れる。貿易風と呼ばれ北半球では概ね北東の風、南半球では概ね南東の風である。

・赤道付近には常に強い上昇気流が存在し、これは地表近くでみると低圧部(低気圧)であり雨が多い。

・緯度30度付近で下降する。これは亜熱帯高圧帯と呼ばれ、熱帯を取り巻く低~中緯度地域の乾燥気候の主要原因となる。


ハドレー循環と同様の機構により、やや弱いながらも緯度60度付近で上昇して極周辺で下降する循環が存在する。これを極循環という[1]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 大気大循環とジェット気流,羽田空港 WEATHER TOPICS,東京航空地方気象台,2013年9月
  2. ^ 水野一晴 『気候変動で読む地球史 限界地帯の自然と植生から』NHK出版、2016年、195頁。ISBN 978-4-14-091240-9 
  3. ^ 小倉義光 『一般気象学』(第2版補訂版)、2016年3月、171頁。ISBN 978-4-13-062725-2 
  4. ^ 風のいろいろ,廣田勇,日本気象学会機関紙「天気」,2011年5月
  5. ^ 小倉義光 『一般気象学』(第2版補訂版)、2016年3月、168-169頁。ISBN 978-4-13-062725-2 

参考文献

  • 田中博 『地球大気の科学』共立出版〈現代地球科学入門シリーズ〉、2017年。ISBN 978-4-320-04711-2 

関連項目