メインメニューを開く
ホノコハウ・ハラウ(ハワイ島

ハラウハワイ語: Hālau)は、正確の発音はハーラウで、ハワイ語フラを教える、またはカヌーを置いておく、長いハワイ式の家である[1]。フラの学校は、ハラウ・フラと呼ぶ。

ハラウ・フラの先生は「クム」(Kumu)といい、クムはもともと基礎、先生、起源というような意味がある。

ハラウは海辺などに建てられた、大きな屋根があり、両サイドが三角形に開いているハワイの伝統的な家を指し、そこへカヌーなどを置いたりした。ハワイ島カイルア・コナにあるカロコホノコハウ国立歴史公園に建てられている。

ハワイ語で「Aʻohe pau ka ʻike i kāu hālau.」とはハワイ人のことわざで、「ひとつの学校で、全ての知恵が得られる訳ではない。」という意味である[2]

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ Pukui & Elbert, New Pocket Hawaiian Dictionary (1975, 1992): Long house, as for canoes, hula instruction.
  2. ^ A COLLECTION OF HISTORICAL ACCOUNTS AND ORAL HISTORY INTERVIEWS WITH ELDER KAMAʻĀINA FISHER-PEOPLE FROM THE KAPALILUA REGION OF SOUTH KONA,ISLAND OF HAWAIʻI

外部リンク編集