ハンス・シェレンベルク

ハンス・シェレンベルク(Hans Scherenberg、1910年10月28日 - 2000年11月17日)は、ドイツの自動車技術者である。

ハンス・シェレンベルク
Hans Scherenberg
生誕 (1910-10-28) 1910年10月28日
ドイツの旗 ドイツ帝国
ザクセン王国の旗 ザクセン王国 ドレスデン
死没 (2000-11-17) 2000年11月17日(90歳没)
ドイツの旗 ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト
国籍ザクセン王国の旗 ザクセン王国ドイツの旗 ドイツ帝国) → ドイツの旗 ドイツ国ナチス・ドイツの旗 ドイツ国Merchant flag of Germany (1946–1949).svg 連合国軍占領下のドイツ西ドイツの旗 西ドイツドイツの旗 ドイツ
職業自動車技術者
前任者フリッツ・ナリンガー
後任者ヴェルナー・ブライトシュベルト

経歴編集

1930年から1935年にかけてシュトゥットガルト工科大学カールスルーエ工科大学で学び、その後、ダイムラー・ベンツにテストエンジニアとして入社した[W 1][W 2]

同社では燃料直接噴射ポンプを備えたDB601エンジンの開発に携わった。この経験から、1942年に「4ストローク高高度航空機エンジンのバルブ制御」に関する論文を著し、シュトゥットガルト工科大学で博士号を取得した[W 2]

グートブロート編集

 
グートブロート・シュペリオール(1950年)

第二次世界大戦後はエンジン技術者であるアドルフ・シニューレドイツ語版の設計事務所で働き、1948年にドイツの自動車会社であるグートブロート英語版に移った[W 1]

同社では戦前の知見を活かすとともに、ボッシュとの協働により、燃料直噴エンジン搭載車としては世界初となるグートブロート・シュペリオール英語版の開発全般を手掛けた[W 1]

ダイムラー・ベンツ編集

1952年に車両設計の責任者としてダイムラー・ベンツに復帰した。同社においても燃料直噴エンジンに携わるとともに、自動変速機の開発に関与した。

1965年には引退するフリッツ・ナリンガーの跡を受けて、車両の研究開発全体の責任者となる。1970年に、排気ガスの浄化やパッシブセーフティの調査研究を行うための部門を設立した[W 1]

1977年に引退し、その職責はヴェルナー・ブライトシュベルトに引き継がれた。

その後編集

1982年から1985年にかけて、オーストリア科学アカデミー英語版の総長を務めた[W 1]

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

ウェブサイト
  1. ^ a b c d e Hans Scherenberg” (ドイツ語). WILHELM EXNER MEDAILLE. 2022年1月30日閲覧。
  2. ^ a b HANS SCHERENBERG – Ringträger 1981” (ドイツ語). Stiftung Werner-von-Siemens-Ring. 2022年1月30日閲覧。

外部リンク編集

  • Hans Scherenberg - ヴィルヘルム・エクスナー・メダル (ドイツ語)
  • Hans Scherenberg - ヴェルナー・フォン・ジーメンス・リング (ドイツ語)