ハンマメット(アラビア語: الحمامات‎, Ḥammāmāt, アラビア語発音: [ħɑmæmɛːt]; フランス語: Hammamet)は、チュニジア北部の都市。首都チュニスから南東に60km、ボン岬半島の南西部にあり、地中海ハンマメット湾北岸に位置している。ナブール県に属する。

ハンマメット
الحمامات
Hammamet
ハンマメットのメディナ
ハンマメットのメディナ
位置
ハンマメットの位置(チュニジア内)
ハンマメット
ハンマメット
ハンマメット (チュニジア)
ハンマメットの位置(アフリカ内)
ハンマメット
ハンマメット
ハンマメット (アフリカ)
座標 : 北緯36度24分0秒 東経10度37分0秒 / 北緯36.40000度 東経10.61667度 / 36.40000; 10.61667
行政
チュニジアの旗 チュニジア
  ナブール県
 市 ハンマメット
市長 Achour Bichiou
地理
面積  
  市域 36 km2
人口
人口 (2014年現在)
  市域 97,579人
公式ウェブサイト : http://www.commune-hammamet.gov.tn

概要編集

チュニジアを代表するリゾート地で、街から5kmほど離れたヤスミン・ハンマメットと呼ばれるエリアには高級ホテルが立ち並び、夏になると主にヨーロッパから多くの観光客が押し寄せる。ハンマメットの名産はジャスミンである。

2世紀ごろにはハンマメットの前身であるローマ帝国の植民都市が作られ、ププットと呼ばれていた。その後、イスラムの支配下に入り、スペインに一時占領されたのちオスマン帝国領となり、チュニジアがフランス領となるとフランスの支配下に入り、1920年代からはリゾートとして開発が進んだ。

姉妹都市編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集