メインメニューを開く

ハンワース子爵(英:Viscount Hanworth)はイギリスの子爵位、貴族連合王国貴族爵位。

ハンワース子爵
Coronet of a British Viscount.svg
Hanworth Escutcheon.png
Argent, three Bars wavy Azure, over all a Whale hauriant Sable. Crest Out of a Naval Crown Or, a Demi-Wolf Azure. Supporters On either side a Sea-Griffin Or.
創設時期 1936年1月17日
創設者 ジョージ5世
貴族 連合王国貴族
初代 アーネスト・マレイ・ポロック
現所有者 デイビッド・ステファン・ジョフリー・ポロック
相続資格 初代子爵の男系男子
付随称号 ハンワース男爵
ハンワース准男爵
紋章標語 Audacter Et Strenue
Boldly and strenuously [1]
初代ハンワース子爵アーネスト・ポロック

歴史編集

法曹界出身で保守党の政治家アーネスト・ポロックが1922年に准男爵、ついで1926年に領地指定(territorial designation)付の男爵に叙されたのち、1936年にミドルセックス州ハンワースのハンワース子爵(Viscount Hanworth, of Hanworth in the County of Middlesex)を与えられた。

またポロック家は、サー・フレデリック・ポロックを祖とするハットンの准男爵家(Pollock Baronet, of Hatton)の分流にあたるため、その継承権を保持しており、現当主の親族であるジョージ・フレデリック・ポロックが現在の同准男爵位保持者である。


なお、初代子爵の孫にあたる3代子爵は1999年の貴族院改革以降も貴族院に籍を置く92人の世襲貴族の一人である。

現当主の保有爵位/准男爵位編集

現当主である第3代ハンワース子爵デイビッド・ステファン・ジョフリー・ポロックは以下の爵位を保持している。

  • 第3代ミドルセックス州ハンワースのハンワース子爵Viscount Hanworth, of Hanworth in the County of Middlesex)

(1936年1月17日の勅許状による連合王国貴族)

  • 第3代ミドルセックス州ハンワースのハンワース男爵Baron Hanworth, of Hanworth in the County of Middlesex)

(1926年1月28日の勅許状による連合王国貴族)

  • 第3代(ミドルセックス州ハンワースの)准男爵(Baronet, of Hanworth in the County of Middlesex)

(1922年11月27日の勅許状による連合王国貴族)

ハンワース子爵 (1936)編集

法定推定相続人は現当主の甥であるハロルド・ウィリアム・チャールズ・ポロック (1988-)。法定推定相続人の推定相続人はその息子で双子兄弟の兄フレデリック。トーマス・チャールズ・ポロック (1988-)。

領地指定の理由編集

ミドルセックス州ハンワースにはかつてセント・オールバンズ公爵家の邸宅があったが、1797年に発生した火事以降は荒れるに任せていた。

その土地と建物を購入した初代子爵ハンワース卿がハンワースの町にロンドン・エア・パークとして開放した出来事に由来するという。

関連項目編集

参考文献編集

  • Kidd, Charles, Williamson, David (editors). Debrett's Peerage and Baronetage (1990 edition). New York: St Martin's Press, 1990, [要ページ番号]
  • Leigh Rayment's Peerage Pages [self-published source] [better source needed]

外部リンク編集