バイダーク (: байда́к, : Baidak) は16-19世紀、現在のウクライナ地域で用いられた木造帆船。[1] コグ船に似ている。平滑な平底を有し、船幅はおよそ3-4メートルで、両端(船首と船尾)に向かい細くなっている。5メートルのマストを1本備えている。全長は15-20(または36-60)メートルで、約200トンの積荷を運搬できた。操船はオール[2] またはによった。

ウクライナの切手。1999年
バイダークのイラスト

バイダークは主にドニプロ川およびドン川の舟運に用いられたが、[3] ザポロージャ・コサックによる[4] 黒海への軍事遠征にもしばしば用いられた。

脚注編集

  1. ^ D.Yavornytskyi, History of Zaporizhean Cossacks, vol.1, Lviv, 1990, pages 278-280, in Ukrainian
  2. ^ "The Viking "drakkar" and the Kozak "chaika", The Ukrainian Weekly, July 10, 2005, No. 28, Vol. LXXIII
  3. ^ I.V.Bohatyryov, Building ships to the Black sea in the period of tsar Peter, "Sudostroenie" Magazine, 1990, N 1, page 52
  4. ^ Adrian Kashchenko, Nad Kodatskym Porogom

関連項目編集