バクト!

ストーリー編集

伝説の賭博師“バクト”が残したギャンブラー垂涎の奥義書があった。2代目“バクト”国定博人はその奥義書『ダランベール黙示録』の所持者であるがゆえに敵も多い。
天才ギャンブラー高校生・国定兄弟が勝負に挑む異色のギャンブル・ミステリーが幕を開ける。

負ければ多額の借金と汚名。さらにその先に待ち受けるは死。未熟な女教師の音無素子の視点で語られる国定博人、その妹のありす、賭博師たちとのギャンブルの日々!!ギャンブラーとしての因縁が博人の道をはばむ。

登場人物編集

国定博人
初代バクト。伝説の賭博師。
国定博人 
作中ではヒロトと表記。上の博人の孫。二代目バクト。札幌北西高校三年生。
国定ありす
ヒロトの妹。札幌北西高校一年生。
音無素子
札幌北西高校の国語教師。ヒロトの手を借りる。
堂馬警部補
北海道警4課の刑事。
錦織鉄緒
幌北西高校の国語教師。
白樫京
ロトの幼なじみ。
白樫雛
の妹。ヒロトも一目置く博才の持ち主。
ブラザー
定兄妹と白樫兄妹が幼い頃に世話になっていた。
乙和沙都子
中では主にサトリと自称。
明神利彦
ガトと呼ばれる事が多い。
橘美雪
性ディーラー。初代バクトに助けられた事がある。
橘美月
雪の養子。本名は「みずき」ヒロトが中学三年生の時の家庭教師。

用語編集

ダランベール黙示録
伝説の賭博師が残したギャンブラー垂涎の奥義書の名。

既刊一覧編集