メインメニューを開く

バックルピストル(Buckle Pistol、コッペルシュラスピストーレ、ドイツ語: Koppelschloßpistole)は、バックルに仕込まれたナチス・ドイツ銃器仕込み銃)。高官の護身用として開発されたが、製造はごく少数に留まった。第二次世界大戦後、多数のレプリカが生産されている[1]

開発編集

ルイス・マキース(Louis Marquis)が第一次世界大戦中に捕虜収容所で着想し、1935年に開発した原型で1938年には特許を取得した[2]。その後1943年になってハインリヒ・ヒムラーが着目し、1944年には試作品が完成した[1][3]。本格的に生産されることは無く、生産数はごく少数の試作品に留まり[2]、12挺程度と見積もられているが、第二次世界大戦後に数千挺のレプリカが作成されている[1]

機構編集

4銃身.22口径(5.65mm)のものと[3]、2銃身口径7.65mmのものが作成された[4]。銃身はいずれも一体化したものとなっている。

口径と銃身数を除く機構は共通しており、左側上下のレバーでバックル前面のプレートを跳ね除けながら銃身をバックルの右側に引き起こし、左側面のトリガーで発砲、右側のレバーで銃身を収納する[2]

出典編集

  1. ^ a b c John Kullman (2011年3月12日). “Rare SS Belt Buckle Prototype”. FirearmsTruth.com. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c German SS Belt Buckle (Koppelschloßpistole) Gun”. Phoenix Investment Arms Inc.. 2013年1月9日閲覧。
  3. ^ a b S.P. Fjestad (2012年6月7日). “Rare Nazi Belt Buckle Pistol Chambered in .22 LR”. GUNS&AMMO. 2013年1月9日閲覧。
  4. ^ Marquis Nazi Belt Buckle Pistol”. NRA National Firearms Museum. 2013年1月9日閲覧。