メインメニューを開く

バッファロー・ガールズ

バッファロー・ガールズ』(Buffalo Girls)は、1995年アメリカ合衆国西部劇テレビ映画アンジェリカ・ヒューストンメラニー・グリフィスガブリエル・バーン出演。NHK-BS2では『バッファロー・ガールズ/カラミティ・ジェーンの半生』というタイトルで放送された。

バッファロー・ガールズ
Buffalo Girls
監督 ロッド・ハーディ
脚本 シンシア・ウィットコーム
原作 ラリー・マクマートリー
『Buffalo Girls』
製作 サンドラ・サクソン・ブライス
スザンヌ・コストン
製作総指揮 スザンヌ・ド・パッシー
出演者 アンジェリカ・ヒューストン
メラニー・グリフィス
ガブリエル・バーン
ジャック・パランス
ピーター・コヨーテ
音楽 リー・ホルドリッジ英語版
撮影 デヴィッド・コンネル
編集 リチャード・ブラッケン
配給 CBS
公開 1995年4月30日(テレビ放映)
上映時間 163分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

女性が生き残るには結婚するか、売春婦になるかという選択しかなかった西部開拓時代。そのどちらも向かないと感じていたカラミティ・ジェーンは、男として生きるため猟師として働き、自由を手にしていた。

しかし時代が移り変わり西部が黄金期を過ぎた頃、獲物が獲れなくなったジェーンら猟師は、カスター将軍の下で働くことになった。道の途中で、ジェーンの想い人であるワイルド・ビル・ヒコックと出会い、彼女は自分が女であることを隠して、カスター将軍のところで働いていると話す。その後将軍に女であることがばれ、雑用ばかりやらされるようになったジェーンは、他の仲間と共に脱走する。西部の町デッドウッドに来たジェーンは、テディ・ブルーとその恋人ドーラを訪ねる。ドーラに結婚を勧めるジェーンだが、ドーラは結婚には否定的で恋人のままがいいと話す。服を女性らしいものに着替えたジェーンは、夜の酒場でワイルド・ビルと話すが、彼がカラミティ・ジェーンであることをばらしたため、ショックを受けた彼女は酒場から去ってしまう。ワイルド・ビルは、冗談が過ぎたと謝り、2人は関係を持つ。町を離れたジェーンが野営していると、そこにジェーンの友人で先住民族のノー・イヤーが現れる。翌日彼は、ジェーンが妊娠していると気づき伝えると、男として生きてきたため彼女は動揺が、赤ちゃんを生むことを決意する。

赤ちゃんにジェニーと名前をつけ、ジェーンはワイルド・ビルがいるデッドウッドを訪れるが、彼がすでに殺されたと聞き絶望する。ドーラたちも家を引き払っていたため、ジェーンは1人酒場で飲んでいたが、そんな彼女にジェームズ・オニールという男性が話しかけてきた。彼は子供を亡くし、妻も子供ができない身体になってしまったという。話を聞いたジェーンは、ジェニーが自分といるより彼らに託したほうが幸せになると考え、ジェニーを夫妻に引き渡す。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞とノミネート編集

部門 候補 結果
エミー賞 作品賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ノミネート
主演女優賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 アンジェリカ・ヒューストン ノミネート
助演男優賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 サム・エリオット ノミネート
美術監督賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ジェームズ・ヘルプス、アリステア・ケイ、マイケル・J・サリヴァン ノミネート
衣装賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ヴァン・ブロートン・ラムジー ノミネート
編集賞シングルカメラ・ミニシリーズ/テレビ映画部門 リチャード・ブラッケン ノミネート
ヘアスタイリング賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ノミネート
メイクアップ賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ノミネート
劇中曲賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 リー・ホルドリッジ ノミネート
音響編集賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 ノミネート
音響賞ミニシリーズ/テレビ映画部門 受賞
ゴールデングローブ賞 テレビ助演男優賞 サム・エリオット ノミネート
テレビ助演女優賞 メラニー・グリフィス ノミネート
全米映画俳優組合賞 女優賞 テレビ映画・ミニシリーズ部門 アンジェリカ・ヒューストン ノミネート

外部リンク編集