バフーサム(Bafoussam)は、カメルーンの都市。

バフーサム

Bafoussam
バフーサムの位置(カメルーン内)
バフーサム
バフーサム
カメルーン内の位置
北緯5度28分0秒 東経10度25分0秒 / 北緯5.46667度 東経10.41667度 / 5.46667; 10.41667
Flag of Cameroon.svg カメルーン
西部州
ミフィー県
標高
1,521 m
人口
(2012年)
 • 合計 301,894人

カメルーン西部、バンブトス山地に位置し、西部州の州都である。 2012年の人口は30万1894人。

経済編集

バフーサムは周辺の交易の中心であり、周辺で生産されるコーヒータバコの集散地である。 コーヒーの処理工場やブルワリーなど農作物の加工工業も立地している。

住民編集

また、バフーサムは商業民族としてカメルーン国内に商圏を広げるバミレケ人の中心都市でもあり、バミレケの王宮もある。 バフーサムはバレング、フサップ、バムーゴムの3つの首長領を中心に発展してきた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集