メインメニューを開く

バヤモの歌スペイン語: El Himno de Bayamo。La Bayamesaとも)は、キューバ国歌である。1867年ペドロ・フィゲレードが「ラ・マルセイエーズ」を参考にしながら作詞、作曲した。序奏部はアントニオ・ロドリゲス・フェレールが作曲している。1868年10月10日に始まる第一次キューバ独立戦争バヤモの戦いにおいて独立派により歌われ、1902年の独立に際して国歌に制定された。元は6節から成っていたが、採用時に後半の第3~6節が削除された。なお、キューバの国旗と同様にキューバ革命後も変更されなかった。

El Himno de Bayamo
和訳例:バヤモの歌

国歌の対象
 キューバ

作詞 ペドロ・フィゲレード(1868年)
作曲 ペドロ・フィゲレード(1867年)
採用時期 1902年
試聴
テンプレートを表示

歌詞編集

後半は繰り返す。

¡Al combate corred, bayameses,
que la Patria os contempla orgullosa;
no temáis una muerte gloriosa,
que morir por la Patria es vivir!

En cadenas vivir es vivir
En afrenta y oprobio sumido.
Del clarín escuchad el sonido;
¡a las armas, valientes, corred!

日本語訳編集

急げ、武器を取れ、バヤモの民よ!
祖国は諸君を誇らしげに見つめている
栄誉ある死を恐れるな
祖国のために死ぬは生きること!

鎖に縛られ生きるは
屈辱と恥辱にまみれ生きること
喇叭の響きを聞け
急げ、勇者達よ、武器を取れ!

外部リンク編集