メインメニューを開く

バラトール (Baratol) とは、トリニトロトルエン33%と硝酸バリウム67%とを混合した爆薬である。

溶填可能で形成しやすいため、初期の原子爆弾の爆縮レンズの中の遅い爆薬として使われた。

爆発性の混合物からなるTNT硝酸バリウム少量(約1%)で、 [1]パラフィンワックスとして使用phlegmatizing剤 。 TNTは通常、混合物の25%〜33%を占めます。 硝酸バリウムは高密度であるため、バラトールの密度は少なくとも2.5 g / cm 3

爆発速度が毎秒約4,900メートルのバラトール[2]は、初期の原子爆弾の 爆発レンズの低速爆発爆薬として、コンポジションBはしばしば高速爆発成分として使用された。トリニティは1945年にソ連の ジョー1に1949年に、そしてインドで 1972年にバラトールおよび組成物Bを[1]原子爆弾爆発ですべて使用。

バラトールは、イギリスの手榴弾であるミルズ爆弾でも使用された。

爆速 4100 (仮比重:1.0)

脚注編集