バルグジン川(バルクジンがわ、ロシア語: Баргузин(ラテン語表記: Barguzin)、ブリヤート語: Баргажан(ラテン語表記: Bargažan))は、ロシアブリヤート共和国を流れる長さ480kmのである。バイカル湖の北東側にある、最も大きく深いバルグジン湾へ注ぐ。

バルグジン湾

バイカル湖に注ぐ川の中ではセレンガ川上アンガラ川に次いで、3番目に流量が多い。流域面積は21,100 km²。河口から204km上流まで船の航行が可能である。

主な支流にGagra川、Argada川、Ina川、Ulyun川がある。

12〜13世紀頃にはバルグト諸部が居住し、バルグジン川一帯は「バルグジン・トクム」と呼称されていた。