バレンセン: Valencene)は、柑橘類に含まれるセスキテルペンの一種である。バレンシアオレンジなどから安価に採取できる[2]グレープフルーツの香気成分であり[3]ココアにも含まれる。複数の異性体があるが、柑橘類からは(+)-バレンセンが発見されている[1]ファルネシル二リン酸からCVS酵素 (CVS (enzyme)により生合成される。飲料などのフレーバーに0.9ppm以下程度使用されるほか、ノートカトンの合成原料にもなる[4]

バレンセン
識別情報
CAS登録番号 4630-07-3 チェック
PubChem 9855795
ChemSpider 8031495 チェック
UNII 96H21P91IG チェック
ChEBI
特性
化学式 C15H24
モル質量 204.35 g mol−1
外観 無色の液体
匂い 弱い柑橘系の香り
沸点

123 °C, 396 K, 253 °F (at 11 mmHg)

への溶解度 不溶[1]
有機溶媒への溶解度 アルコール、油類に可溶[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

脚注編集

  1. ^ a b c 合成香料 化学と商品知識』p.23
  2. ^ Furusawa, Mai; Toshihiro Hashimoto; Yoshiaki Noma; Yoshinori Asakawa (November 2005). “Highly Efficient Production of Nootkatone, the Grapefruit Aroma from Valencene, by Biotransformation”. Chem. Pharm. Bull. 53 (11): 1513–1514. doi:10.1248/cpb.53.1513. PMID 16272746. 
  3. ^ 香りのミニ知識長谷川香料
  4. ^ M. M. Bomgardner (July 16, 2012). “Fragrances 101. A Fortuitous Field of Flavors and Fragrances”. Chemical & Engineering News 90 (29). http://cen.acs.org/articles/90/i29/Fragrances-101.html. 

参考文献編集

  • 印藤元一『合成香料 化学と商品知識』化学工業日報社、2005年。ISBN 4-87326-460-X