バワニ・ビクシュ

バワニ・ビクシュ(ネパール語:भवानी भिक्षु ;英語:Bhawani Bhikshu ; 1909年6月3日 - 1981年4月16日)はネパールカピラバストゥ郡・タウリハバ村の作家詩人。本名はバワニ・プラサド・グプタ(英語: Bhawani Prasad Gupta)[1]

バワニ・ビクシュ
現地語名 Bhawani Bhikshu
भवानी भिक्षु
誕生 (1909-06-03) 1909年6月3日
ネパールカピラバストゥ郡・タウリハバ村
死没 (1981-04-16) 1981年4月16日(71歳没)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

ビクシュは、ネパール南部のカピラバストゥ地区にあるタウリハバ村で生まれた。しかし、ビクシュは人生の大半をネパールの首都カトマンズで過ごした。小説家および物語作家として、ネパール文学に貢献した。

ヒンディー語で書かれた批評に関するエッセイでネパール文学の世界に初めて登場。1936年に同作品はネパール語に翻訳された。その2年後には最初の物語『Manav』が出版され、すぐに詩人としての名声を確立した。

1951年からはSharada Magazineの編集者となり、1956年からは広報局の局長を務めた。1961年からロイヤルネパールアカデミーの学者として勤務。1975年に『Aagat』でマダン賞を受賞した[2]

評価編集

  • ビクシュの母国語はネパール語ではなく、アワディー語(ヒンディー語の方言)であり、初等教育もヒンディー語で受けていたため、ネパール語としての文章表現がぎこちなく、語彙が大袈裟であるとの批判がある[3]
  • 女性を主人公とする物語を多く執筆しており、女性の心理描写に長けているとされる[3]

参考文献編集

  1. ^ Information and Short Biography of Writer Bhawani Bhikshu in Nepal”. imnepal. 2020年12月15日閲覧。
  2. ^ Bhawani Bhikshu”. good reads. 2020年12月15日閲覧。
  3. ^ a b Bhavani Bhikshu (1914-1981)”. UC Press E-Books Collection, 1982-2004. 2020年12月15日閲覧。