メインメニューを開く

バーナンキ・ドクトリン

バーナンキ・ドクトリン連邦準備制度委員会議長英語版であったときのベン・バーナンキによって確かにされた、按排(英:measure)を指す。それは連邦準備制度がデフレーションを克服するよう金融政策の指揮において用い得る。[1]

背景編集

2002年、ビジネスのニュースのなかでデフレーションの用語が現れ始めた時、そのとき連邦準備制度委員会の理事だった、バーナンキは、Deflation: Make Sure "It" Doesn't Happen Here.と題されたデフレーションについての講演を行った。[1]その講演で、彼は現代の経済(英:modern economy)のデフレーションの原因と影響を査定した。バーナンキは述べた:

デフレーションの原因は不思議ではない。デフレーションのほとんどすべての場合は総需要のひとつの崩壊の影響のひとつの側面の内にある―消費における下落が深刻なので生産者買い手を探すために今ある基準において価格を切り下げなければならない。同様に、或るデフレーション的な挿話の経済的な影響は、多くの部分で、総需要での鮮明な減少のその他のいずれかのうちのそれらに似ている―すなわち、景気後退失業の増加、並びに金融の緊張。

出典編集