パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856)

パウリーネ・フリーデリケ・マリー・フォン・ヴュルテンベルクPauline Friederike Marie von Württemberg, 1810年2月25日 - 1856年7月7日)は、ナッサウ公ヴィルヘルムの妃。

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
Pauline von Württemberg
ナッサウ公
Pauline Friederike Marie, Prinzessin von Württemberg.jpg
在位 1829年 - 1839年

出生 (1810-02-25) 1810年2月25日
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
死去 (1856-07-07) 1856年7月7日(46歳没)
Flagge Herzogtum Nassau (1806-1866).svg ナッサウ公国ヴィースバーデン
埋葬 Flagge Herzogtum Nassau (1806-1866).svg ナッサウ公国ヴィースバーデン
結婚 1829年4月23日 シュトゥットガルト
配偶者 ナッサウ公ヴィルヘルム
子女 一覧参照
家名 ヴュルテンベルク家
父親 ヴュルテンベルク王子パウル
母親 カタリーナ・シャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
テンプレートを表示

ヴュルテンベルク王子パウルと、妃であるシャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの次女として、シュトゥットガルトで生まれた。姉にロシア大公妃エレナ・パヴロヴナがいる。

1829年4月、ナッサウ公ヴィルヘルムと結婚した。ヴィルヘルムの先妻ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンは、パウリーネの母シャルロッテの実妹であった。

子女編集

外部リンク編集