パクパクコンテスト』(1973年 - 1979年)は、日本のテレビ番組である。1970年代よみうりテレビが制作・放送、千里セルシーホールにて公開収録されていた番組『プリン・キャッシーのテレビ!テレビ!!』内の人気コーナーとして始まり、後に独立した番組となった。『スター誕生!』(日本テレビ)同様、優勝者が多く芸能界へデビューした。草川祐馬川崎麻世らを輩出した事で知られる。

概要編集

  • 1976年 - 1978年
    パクパクコンテスト』として独立し、司会もピーターとキャッシーに替わる。のちに『スター誕生!』でデビューする事になる石野真子も本番組に出演していた。
  • いずれも、関東地方では放送されてはいなかった。

優勝者・デビュー編集

  • 初代グランドチャンピオン:松原秀樹 (1974年2月) ⇒ 1974年デビュー[1]
  • グランドチャンピオン:草川祐馬 (1973年) ⇒ 1975年デビュー[2]
  • グランドチャンピオン:川崎麻世 (1975年) ⇒ 1977年デビュー[3]

関連事項編集

編集

  1. ^ 松原秀樹」の項の記述を参照。
  2. ^ 草川祐馬」の項の記述を参照。
  3. ^ 川崎麻世」の項の記述を参照。