池畑 慎之介(いけはた しんのすけ、本名「池畑 慎之介」、1952年8月8日 - )は、日本歌手俳優タレントである。主にピーターという芸名を用いる。血液型A型

いけはた しんのすけ
池畑 慎之介
本名 池畑 慎之介
別名義 ピーター
生年月日 (1952-08-08) 1952年8月8日(66歳)
出生地 日本の旗 日本
大阪府大阪市中央区宗右衛門町
身長 166cm
血液型 A型
ジャンル 歌手俳優タレント
活動期間 1969年 -
主な作品
受賞
第11回日本レコード大賞最優秀新人賞
備考
歌手・タレントとしての活動の際『ピーター』の芸名を使用。

デビュー以降一貫してピーターを名乗ってきたが、1985年ごろから、レビューショーやバラエティー番組の時は「ピーター」、役者の時は男役女役にかかわらず「池畑慎之介」と、二つの名前を使い分けるようになった。愛称は「ピー」。

目次

来歴・人物編集

デビューまで編集

慎之介は、上方舞吉村流四世家元で、人間国宝にもなった吉村雄輝 の長男として大阪府大阪市中央区宗右衛門町で生まれた。兄弟は姉一人。3歳で初舞台を踏み、お家芸の跡継ぎとして父から厳しく仕込まれた。5歳の時に両親が離婚、好きな方を選べと言われ、父は舞の稽古で鬼のように怖かったので母・池畑清子と暮らすことを選択、小学校2年の時に祖父・祖母のいる鹿児島県鹿児島市に移り、少年時代を過ごした。母は天文館で「淀川」という料亭を経営していた。慎之介が父方の橋本姓ではなく母方の池畑姓を名乗るのはこれ以降である。

鹿児島市では清水小学校から進学校の名門、ラ・サール中学校に入学。母を喜ばせるために必死で勉強したという。しかし寮生活の息苦しさに耐えられずに鹿児島市立城西中学校へ編入、中学3年の秋に家出、大阪を経由して東京へ向かう。

新宿へ行くつもりが原宿へたどり着き、表参道のクラブで募集していたゴーゴーボーイに応募、年齢をごまかして働き始めたが、来客(若柳流関係者)に問われて父が吉村流の家元であることを言ってしまったために在京の吉村流の関係者に発見され、たまたま歌舞伎座に出演していた父に知らされ、慎之介が夜中目覚めたら枕元で父は泣いていた。すぐに実家に連れ戻され、この事件を機に両親は復縁している。

堺市立浜寺中学校を卒業後、大阪市内の私立高校である桃山学院高等学校に入学。しかし高校1年の時に再び家出して上京。この時働いていた六本木のゴーゴークラブで、男の子か女の子か分からない美少年ということから「ピーター・パン」と呼ばれていた。これが芸名「ピーター」の由来である[1]

グループ・サウンズオックスのボーカル赤松愛に似ていると言われて、「六本木の赤松愛」と言われた[2]

デビュー以降編集

六本木のクラブで知り合った作家水上勉のパーティーに呼ばれ、ATG映画『薔薇の葬列』にかかわっていた舞台美術家の朝倉摂に「主役の美少年にぴったり」とスカウトされた。1969年、俳優・ピーターが誕生、同年10月には歌手デビューも果たし、当時のキャッチフレーズは「アポロが月から連れてきた少年」と称される。さらに、自身デビュー曲の『夜と朝のあいだに』では、同年大晦日放映のTBSテレビ第11回日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞し、特に女性からの広い支持を受けて一躍アイドルスターとなった。

仁科亜季子は幼なじみであり初恋の人で、独身を貫いてきた理由は仁科が芸能界にデビューしたため(芸能界に入って素人でなくなったため)。また、父の愛に飢えており、自らの子供にそういう思いをさせたくなかったのも独身を貫いてきた理由。

その後、数々映画に出演する一方で歌手としての活動も続けていったが、1985年黒澤明監督の『』で重要な狂言師役に抜擢された頃から役者としての層に厚みが増すようになり、これが今日の「二人の」池畑につながっている。

池畑本人も才能ある舞踊家で、長らく「吉村雄秀(ゆうひで)」の名取でもあり、吉村流の例会にもきちんと出ていた。父・雄輝は晩年「慎之介をどうかよろしく」と家元継承を匂わせる発言もしていたが、1998年に死去すると池畑は自ら「雄秀」を返上して吉村流とは決別し、家元は実力のある内弟子が継ぐ、という流派の伝統を守らせた。本人は一から舞踊の勉強をやり直すことを決意したという。

なお父の死を機に、母と再び熱海で同居を始めるも、母は2002年に死去[3]

2006年からテレビに頻繁に出演するようになり、過去を知らない若者の間にも知名度が浸透した。特に愛のエプロンでは、男性対決だけではなく女装しても活躍し優勝するほど料理の腕を振るった。最近では料理番組にも多数出演するようにもなる。またシャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権で女装して優勝する程、ダンスの修得は早かった。CMやバラエティにも出演し、年齢と性別を超越した活動を行っている。

2008年7月1日付で大手芸能事務所、オスカープロモーションに所属することになり、同年、7月25日から始まった同じ事務所の菊川怜主演のテレビ朝日連続ドラマ「打撃天使ルリ」に7年振りにドラマに出演した。しかし個人事務所のマネージャーが覚せい剤取締法違反で逮捕された事を受け(後、不起訴となる)、「オスカーに迷惑をかけた。他の人のイメージまで悪くなる」と自ら責任を取ってマネジメント契約を09年9月5日付で解除(5年契約の2年目)[4]した。

東北地方太平洋沖地震をきっかけに、「物を持つことの虚無感というか罪悪感」を感じて断捨離を始めた[5]

2012年8月以降、芸能プロダクション・A-team所属タレントとなっている。

2013年3月、役者名を「池畑慎之介☆」に改名。なお、タレント・シンガーとしての芸名は「ピーター」のままである。「☆」印の正式な表記は一筆書きの五芒星である[6]

2002年から2015年5月まで、高輪に所有する家で高輪会というパーティーを行なっており、毎回大勢の芸能人が参加していた[7]。そのために芸能界デビューから多数の芸能人と親交があり幅広い人脈を持っている。

2018年5月、同年いっぱいで「ピーター」の名前を卒業し、本名の「池畑慎之介」で統一することを発表[8]。2019年からは1〜2年の休養を取り、充電期間とする意向を示した[8]

エピソード編集

  • 池畑慎之介名義は本来「乱」からにするつもりだったのが、黒澤監督から「ピーターで有名なんだから、それでいいじゃない。」と言われ、監督にそれ以上詳しい理由を説明する事もできなかったために、逆に「乱」はピーターの名前での最後の俳優活動となった。
  • ドイツの雑誌『クヴィック英語版ドイツ語版』1970年1月21日号の表紙を飾った[9]
  • バラエティー番組などに出演するときは女装、またはそれに近い衣装を着ていることがほとんどである。父・雄輝の吉村流はそもそもが女舞の流派で、3歳からおしろいを塗って舞の舞台に立っていた池畑は、役者として女役を演じることには初めからなんの抵抗もなかったという。しかしながら、常時女装の美輪明宏性転換をしたカルーセル麻紀らとの違いを自覚し、ひとくくりにカテゴライズされることには抵抗を感じている旨の発言をしている[10]
  • 小学校時代に一度坊主刈りにしたことがあるが、その時についたあだ名は「尼さん[11]」だったという。
  • 親思いで、この熱海の別荘にも特に両親のために日当たりのよい和室を作っている。
  • プロ野球読売ジャイアンツ阿部慎之助捕手の「慎之助」は、彼の母親がピーターの大ファンだったことからつけられた名前である。なおピーター本人は阪神タイガースファンで、特に真弓明信の大ファンだった。
  • ブライスのコレクターとしても有名で、自宅には2009年10月現在の時点で80体以上のブライスドールが飾られている。
  • 2007年には念願だったハイジュエリーをプロデュース・セレクトしたブランド「P's collection」を立ち上げる。また、2009年からはテレビショッピング専門チャンネルQVCにおいて、カジュアルな服や靴、アクセサリーを扱う「SHINNOSUKE designed by PETER」を展開している[1]。特に新作が紹介される放送日には自ら出演し、モデルを買ってでることもある。

主な出演作編集

舞台編集

  • 越路吹雪物語 - 越路吹雪
  • 夏の夜の夢
  • おもろい幽霊 - 桜 役
  • もとの黙阿弥 浅草七軒町界隈 - 賀津子 役
  • 女中たち
  • 和宮様御留 - 観行院和宮の母) 役
  • ジンジャーブレッド・レディ - エヴィー 役
  • 阿国 - 猪熊少将
  • 京都 都大路謎の花くらべ
  • 罠 - フローランス 役
  • 頭痛肩こり樋口一葉 - 花蛍 役
  • 山村美紗サスペンス 「京都 花灯路 恋の耀き」 - キャサリン 役

映画編集

Vシネマ編集

テレビドラマ編集

テレビ (バラエティーほか)編集

ラジオ編集

ゲーム編集

吹き替え編集

  • 七人の特命隊(1977年)キッド〈アルベルト・デラクア〉 役 ※フジテレビ版・DVD収録

CM編集

音楽編集

シングル編集

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1 1969年
10月1日
夜と朝のあいだに なかにし礼 村井邦彦 馬飼野俊一
2 1970年
1月11日
愛の美学 なかにし礼 都倉俊一 馬飼野俊一
3 1970年
4月21日
愛するゆえに懺悔して なかにし礼 村井邦彦 馬飼野俊一
4 1970年
8月1日
お兄さん 浅見アキラ 小谷充
5 1970年
10月1日
シャンゼリゼの夜 安井かずみ 村井邦彦 馬飼野俊一
6 1971年
3月21日
生きているのが淋しくて 山上路夫 中村泰士 馬飼野俊一
7 1971年
8月1日
恋する者たちよ なかにし礼 宮川泰
8 1971年
11月21日
青春のさすらい 橋本淳 筒美京平 高田弘
9 1972年
3月21日
別れたのは霧の街 うさみかつみ 鈴木邦彦
10 1972年
9月1日
オー・ラ・ラ 有馬三恵子 川口真
11 1973年
1月21日
悪の華 有馬三恵子 川口真
12 1973年
6月21日
ことづけ 有馬三恵子 川口真
13 1974年
1月21日
人間狩り なかにし礼 馬飼野康二
14 1974年
6月1日
殺したいほど好き なかにし礼 馬飼野康二
15 1974年
10月1日
むかしの女 なかにし礼 馬飼野康二 あかのたちお
16 1974年
12月10日
気分しだい ちあき哲也 宇崎竜童 土持城夫
17 1975年
8月21日
私の場合… ちあき哲也 チャーリー石黒 土持城夫
18 1976年
7月21日
七年目の浮気 なかにし礼 都倉俊一 田辺信一
19 1978年
5月21日
ぐっばい ぐっばい 森雪之丞 杉本真人 萩田光雄
20 1979年
10月1日
麗人ストリート ちあき哲也 つのだ☆ひろ 大村雅朗
21 1987年
9月21日
パラディラタンの夜は更けて[12] 秋元康 井上大輔 新川博
22 1989年
9月21日
魚住勉 Mark Davis 美野春樹
23 2001年
9月21日
天狼[13] 池田充男 水森英夫 前田俊明
24 2003年
2月21日
昭和シャンソン ちあき哲也
杉本眞人 伊戸のりお
25 2004年
8月21日
帰らざる日々[14] 谷村新司 野見祐二

アルバム編集

  • 失われた神話(1970/4/1)SOND 66021
  • ピーターの魅力(1970/9/1)SOND 66034
  • さまよう愛の世界(1972/5/21)SOLJ 18
  • ヒット全曲集(1974/11/1)SOLL 102
  • ヒット歌謡/愛の遍歴(1974/12/10)SOLL 111
  • La Vie S’en Va Vol.1(1996/12/1)ISCA-001
  • La Vie S'en Va -Live '97-(1998/3/1)ISCA-002
  • ベスト・オブ・ピーター(1998/5/21)SRCL 4228
  • 私が愛した女たち(2009/9/30)UICZ-4213
  • GOLDEN☆BEST ピーター(オリジナルを歌う+スタンダードを歌う)(2009/9/30)MHCL 1612-3

出版物編集

  • 『(写真集)Peter』 (うちだかんた撮影 1970年 みち書房)
  • 『おしゃべりな夜』 (1990年 新峰社)
  • 『こころの贅沢』 (池畑慎之介著 1992年 講談社)
  • 『ピーター This Is My Live どお?!』 (池畑慎之介著 1993年 日本テレビ)
  • 『ピーター写真集 裸一貫。』 (沢渡朔撮影 1999年 新潮社)
  • 『Peter’s Choice ピーターが選択してきたこと』 (ピーター著 2003年 扶桑社)

受賞歴編集

「ピーター」名義

出典編集

  1. ^ INLIFE 男の履歴書 池畑慎之介
  2. ^ ピーター こと 池畑慎之介 さんの情報ブログ 大沢悠里のゆうゆうワイド』(2013/6/24)の要約
  3. ^ テレビ朝日グレートマザー物語」2003年2月9日放送分。
  4. ^ 「個人マネ逮捕でピーターが事務所を退社」アサヒコム2009年9月10日
  5. ^ メレンゲの気持ち発-芸能情報- ピーター(池畑慎之介)がメレンゲの気持ち(4/18)で…
  6. ^ ☆緊急☆御詫びと訂正!、ピーター-池畑慎之介 オフィシャルブログ「VIVA! プラチナ人生!!、2013-03-10 11:25:00
  7. ^ 池畑慎之介Official Blog 高輪会♥ラスト♥…
  8. ^ a b “池畑慎之介、来年から休養を発表 ピーターも“卒業”「普通のオジサンに戻りたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180521-OHT1T50094.html 2018年5月21日閲覧。 
  9. ^ 週刊朝日』1970年3月6日号、41頁。
  10. ^ ただしこのふたりとは仲が良く、以前は三人そろってテレビ出演をしていた
  11. ^ 『VOW!』記事より。当該記事では「尻さん」と誤植されていた。
  12. ^ 慎之介 & マーシー名義(田代まさしとのユニット)。
  13. ^ 池畑慎之介名義。
  14. ^ アリスの同名曲のカバー。芸能生活35周年記念シングル。
  15. ^ 『ネイルクイーン』南明奈、橋本環奈らが受賞 ド派手&個性的ネイル披露”. ORICON STYLE (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集