メインメニューを開く

パナソニック・ルミックス DC-S1

パナソニック・ルミックス DC-S1(Panasonic LUMIX DC-S1)は、パナソニック2018年9月25日に開発を発表し[1]2019年3月23日に発売した[2][3]ミラーレス一眼デジタルカメラである。同社のミラーレス一眼カメラとしては、35mmフルサイズの画像センサーを搭載した初のモデルとなった。より高画素のセンサーを搭載した『DC-S1R』も同時発売された[3]。本機は高画質・機能性・堅牢性といった要素を追求するプロ向けのシステムカメラと位置づけられており[3]、シリーズ名は「スペシャライズド」(特化)の頭文字から『LUMIX S』と付けられた[4]

Panasonic LUMIX DC-S1 / DC-S1R
Panasonic Lumix DC-S1 27 Mar 2019a.jpg
DC-S1 + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
メーカー パナソニック
レンズマウント ライカLマウント
イメージセンサー種類 ローパスフィルターレスCMOSセンサー
イメージセンサー
サイズ
36.0 x 24.0mm
(35mmフルサイズ)
イメージセンサー
メーカー
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
最大解像度 S1: 6000 x 4000
(2420万画素)
S1R: 8368 x 5584
(4730万画素)
記録メディア XQDスロット*1
+ SDXCスロット*1
イメージ
プロセッサ
ヴィーナスエンジン
シャッター速度 1/8000秒~60秒
(電子シャッターで1/8000秒、S1Rは1/16000秒)
ASA/ISO範囲 S1:100-51200(標準) 50-204800(拡張)
S1R:100-25600(標準) 50-51200(拡張)
焦点領域 225箇所
連続撮影 秒間最大9枚
ファインダー倍率 0.78倍
フレーム
適用範囲
100%
カスタムWB あり
背面LCDモニター 3.2型、約210万ドットタッチパネル、3軸チルト式
バッテリー DMW-BLJ31
AVポート USB3.1 Type-C、マイクロHDMI
データポート IEEE802.11a/b/g/n/ac,Wi-fi,Bluetooth Low Energy
本体構成・
特別機能
ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)搭載
寸法 148.9x110.0x96.7mm
重量 1017g(バッテリー、SDカード1枚込)
発売 2019年3月23日
生産地 中華人民共和国の旗 中国

2018年9月25日に、パナソニック・ライカシグマの3社で発表されたLマウントアライアンス[5]に基づき、ライカLマウントを採用した[6][5]。パナソニックのアプライアンス社は、Lマウントを「静止画/動画の両面に有利」としている[2]。このため、開発者側もボディが大きいと感じたが、だからこそ操作性もよく、高品位な機能も付けられたと語っている[2]

DC-S1Rは、2019年のカメラグランプリ大賞を受賞した[7]

同時発表レンズ編集

ライカLマウント対応のレンズ3本も同時発売された[8]。ライカ製レンズとの差別化のため、ライカレンズを想起させる名前ではないが、ライカカメラ社の基準をクリアした証として「Certified by LEICA」の文言が付けられる[2]

  • LUMIX S PRO 50mm F1.4
  • LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.
  • LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集