パニック発作(パニックほっさ、: Panic attack)は、動悸、発汗、震え、呼吸困難、しびれ、何か悪いことが起こりそうな感覚など突然の激しい恐怖を感じることである[1][2]症状は発生から数分以内に最も重症化する[2]。症状は一般的に約30分間程続くが、数秒から数時間まで間隔はケースによって異なる[3]。症状には理性を失うことに対しての恐怖感と胸痛がある[2]。パニック発作自体が物理的に命に危険を及ぼすわけではない[6][7]

Panic attack
Panic attack.jpg
A depiction of someone experiencing a panic attack, being reassured by another person.
診療科 Psychiatry
症候学 Periods of intense fear, palpitations, sweating, shaking, shortness of breath, numbness[1][2]
通常の発症 Over minutes[2]
継続期間 Seconds to hours[3]
原因 Panic disorder, social anxiety disorder, post-traumatic stress disorder, drug use, depression, medical problems[2][4]
リスクファクター Smoking, psychological stress[2]
診断法 After other possible causes excluded[2]
鑑別 Hyperthyroidism, hyperparathyroidism, heart disease, lung disease, drug use[2]
治療 Counselling, medications[5]
予後 Usually good[6]
頻度 3% (EU), 11% (US)[2]

パニック発作は、パニック障害社交不安障害心的外傷後ストレス障害薬物使用障害うつ病、医学的疾患など多くの障害が原因で発生する[2][4]。パニック障害は誘因される場合と予期せずに発生する場合がある[2]喫煙カフェイン精神的ストレスはパニック発作を起こすリスクを高める[2]。診断の前に、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症心臓病肺疾患、薬物使用など、同様の症状を引き起こす疾患の可能性を確認するべきである[2]

パニック発作の治療は根本的な原因に向けられるべきである[6]。頻繁に発作を起こす人には、カウンセリング投薬が用いられる場合がある[5]。呼吸トレーニングと筋肉リラクゼーション法が有用な場合もある[8]。パニック発作の罹患者は自殺をする危険性が高い[2]

ヨーロッパでは年間約3%の人口がパニック発作を起こしますが、米国では年間約11%の人口かパニック発作を起こす[2]。男性よりも女性に多くみられる[2]思春期または成人初期に初めてパニック発作を起こすことが多い[2]。子供や高齢者にはそれほど一般的にみられない[2]

出典編集

  1. ^ a b Anxiety Disorders”. NIMH (2016年3月). 2016年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s American Psychiatric Association (2013), Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (5th ed.), Arlington: American Psychiatric Publishing, pp. 214–217, ISBN 978-0890425558, https://archive.org/details/diagnosticstatis0005unse/page/214 
  3. ^ a b Bandelow, Borwin; Domschke, Katharina; Baldwin, David (2013) (英語). Panic Disorder and Agoraphobia. OUP Oxford. p. Chapter 1. ISBN 9780191004261. オリジナルの20 December 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220094616/https://books.google.ca/books?id=T4RnAgAAQBAJ&pg=PT9 
  4. ^ a b Craske, MG; Stein, MB (24 June 2016). “Anxiety”. Lancet 388 (10063): 3048–3059. doi:10.1016/S0140-6736(16)30381-6. PMID 27349358. 
  5. ^ a b Panic Disorder: When Fear Overwhelms”. NIMH (2013年). 2016年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月1日閲覧。
  6. ^ a b c Geddes, John; Price, Jonathan; McKnight, Rebecca (2012) (英語). Psychiatry. OUP Oxford. p. 298. ISBN 9780199233960. オリジナルの4 October 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161004230957/https://books.google.ca/books?id=F4THKWvbAPEC&pg=PA298 
  7. ^ Ghadri, Jelena-Rima (June 7, 2018). “International Expert Consensus Document on Takotsubo Syndrome (Part I): Clinical Characteristics, Diagnostic Criteria, and Pathophysiology”. European Heart Journal 39 (22): 2032–2046. doi:10.1093/eurheartj/ehy076. PMC 5991216. PMID 29850871. http://spiral.imperial.ac.uk/bitstream/10044/1/63023/5/ehy076.pdfetal 
  8. ^ Roth, WT (2010). “Diversity of effective treatments of panic attacks: what do they have in common?”. Depression and Anxiety 27 (1): 5–11. doi:10.1002/da.20601. PMID 20049938. 

外部リンク編集

分類
外部リソース