パピエ・コレ (papier colléはフランス語、英語では「pasted paper」であり、「何かをのり付けした紙」の意味である) とは、紙片(新聞紙・雑誌などの印刷物(文字や写真)、壁紙、色や模様のついた紙(商品のパッケージ(の一部)などでも可)など)、木片、薄い樹脂類(フィルムなど)等を台紙(カンバスなどを含む)に貼り付ける、ピンで留めるなどして作成された、コラージュのことおよびその技法。特に美術の分野で用いられる用語。ピカソブラックが、キュビスム作品を制作する過程で創始したといわれる(1912年頃)。

紙片等だけで構成されておらず、絵画に紙片等を貼り付けた場合でも、パピエ・コレと呼ばれる。

ダダイスムシュルレアリスムでも用いられる。

日本で行われる、貼り絵ちぎり絵などもパピエ・コレの一種である。したがって、例えば、貼り絵を使ったせなけいこの一部の絵本作品も、パピエ・コレと呼ぶことができる。

なお、日本でパピエ・コレを積極的に行う作家として、小林由美子がいる。

  • 時を紡ぐ―パピエ・コレ 小林由美子詩画集(1978年・交研社)[1]

関連項目編集

外部リンク編集