パラ統計(パラとうけい)とは、3項間だけの代数だけを想定して構成した量子論の自由度(フェルミ的変数)またはポーズ的変数に従う複数の自由度に従う統計である[1]。ただ、現実には存在しない粒子を仮定することになる上、複数のフェルミ粒子の組として考えればよいので、2000年ごろには流行遅れとなった[2]

脚注編集

  1. ^ 伊藤郁夫 (2008年3月24日). “パラ統計にしたがう超対称な量子力学模型”. 成蹊大学. 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ 上智大学. “2001統計力学II Q&A-2 (10/12)”. 2022年9月4日閲覧。