パリュサティス古代ギリシア語: Παρύσατις、Parysatis、紀元前5世紀)は、アケメネス朝ペルシア帝国ダレイオス2世の異母妹であり王妃。ダレイオスとは兄弟姉妹婚であった。

パリュサティス
Parysatis
アケメネス朝ペルシア王妃
在位 紀元前422年 - 紀元前404年

配偶者 ダレイオス2世
子女 アルタクセルクセス2世
キュロス(小キュロス)
オスタネス英語版
オクサトレス
家名 アケメネス朝
父親 アルタクセルクセス1世
母親 アンディア
テンプレートを表示

生涯編集

パリュサティスは、大王アルタクセルクセス1世バビロンのアンディア(Andia)の間に庶子として生まれた。このため、クセルクセス2世ソグディアノスダレイオス2世の異母妹にあたる。パリュサティスは、異母兄のひとりであるダレイオスと結婚し[1]アルタクセルクセス2世キュロス(小キュロス)オスタネスOstanes)、オクサトレス(Oxathres)と4人の息子をもうけた[2]。結婚後、ダレイオスが王位を継いだため、王妃となった。

息子たちの中でもパリュサティスのお気に入りはキュロスで、紀元前407年ころに、まだ十代の若者であったキュロスにアナトリア西部の総指揮権が与えられたのは、パリュサティスの影響力のためであった[3]。夫であるダレイオス2世が死去した際、パリュサティスは歳若いキュロスを後継者に推したが、アルタクセルクセス2世が後継者となった。キュロスが兄であるアルタクセルクセス2世の殺害を企てていると、サトラップ(太守)ティッサフェルネスが告発したときには、アルタクセルクセス2世がキュロスを赦すよう働きかけた。キュロスがクナクサの戦いで敗北し、戦死したとき、パリュサティスはティッサフェルネスに息子の死の責任があると糾弾した。後にティッサフェルネスは、パリュサティスの命令で暗殺された。

小惑星パリサティスは、パリュサティスにちなんで命名された。

出典・脚注編集

  1. ^ Agesilaos , P Cartledge p186
  2. ^ Plutarch, Lives, Life of Artaxerxes
  3. ^ Agesilaos , P Cartledge p186