パリ条約(パリじょうやく、英語: Treaty of Paris)は1623年2月にフランス王国サヴォイア公国ヴェネツィア共和国の間で締結された条約。三国はグラウビュンデン州ヴァルテッリーナに駐留するスペイン軍を追い出すことで合意した[1][2]

脚注編集