パレスⅢベトナム語Dinh III、Dinh Bảo Đại / 營三、營保大)は、バオダイ宮殿としても知られるパレスIIIは、1933年から1938年の間に建てられ、バオダイ帝の家族がダラット市に住み、仕事をしていた場所として知られている。 パレスIIIは、PaulVeysseyreとArthurKruzeという二人のフランスの建築家によって設計された[1]

パレスIII

概要編集

 
中庭

パレスⅢは、ヨーロッパ建築の影響を大きくうけており、二階建ての宮殿となっている:

  • 1階:会議、宴会、外国人ゲストや政府関係者のレセプションの場所として使用されている。 入口正面のロビーは応接室となっている。右側はバオダイ帝の仕事部屋兼図書館。 左側は会議室となっている。 奥側には娯楽室がある。 宮殿の建築デザインは、建築と自然の調和のとれた要素が注目されている。 宴会室には未だに記念品が展示されており、バオダイ帝に与えられたシハヌーク王子(カンボジア)によるアンコールワットの絵がある。
  • 2階:宮殿の2階全体は、バオダイ帝、南芳皇后、王女とバオロン王子、阮福芳王女、阮福芳王子、バオタン王子の寝室を含む家族の生活に使用されていた。 皇帝の寝室の外には美しい月見スペースがあり、皇后と女王が月を見る場所として使用されていた。

バオダイ帝には、資産家のグエンフウハオの息子である南芳皇后(本名グエンフウティラン)の正式な妻がいる。 南芳皇后が子供たちをフランスに留学させてから1949年以来、バオダイ帝は3人の妻がおり、ブイモンディエップ、[2] ピアン、ジェニーウン夫人(香港出身)と一緒に暮らしていた。

バオダイ帝が亡命生活のためにフランスに移った後、ゴ・ディン・ジエム政府が高級リゾートとして使用し、後にグエン・バン・チューが使用した。 ベトナム戦争が終わった後、パレスⅢはラムドン省党委員会の財務委員会に属し、2000年半ばから管理するためにスアンフォン観光サービス会社に割り当てられた。

文化遺産編集

パレスⅢは、独特なヨーロッパ建築としての価値に加え、フエ王宮の骨董品なども保存されている。[3]

宮殿の地下には、地下のワインセラー備わっている。他には、バオダイ帝が狩猟した虎や象の皮、象牙の3セットが保管されている。このように、パレスⅢには、他の二つの宮殿よりも多くの魅力的な要素がある。

写真編集

外部リンク編集

参考文献編集

  1. ^ Kiến trúc dinh thự Archived 2012-12-29 at the Wayback Machine. - Trang của tỉnh Lâm Đồng.
  2. ^ Bảo Đại đã có với thứ phi này có ba người con là hoàng nữ Phương Thảo, 2 hoàng nam Bảo Hoàng và Bảo Sơn.
  3. ^ Hiện nay, Dinh trưng bày một phần để du khách tham quan, Bảo Tàng Lâm Đồng đang lưu giữ một phần