グエン・バン・チュー

グエン・ヴァン・チューベトナム語Nguyễn Văn Thiệu / 阮文紹 Nguyen Van Thieu.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]1923年4月5日 - 2001年9月29日)は、ベトナム共和国(南ベトナム)の大統領

グエン・バン・チュー
Nguyễn Văn Thiệu
阮文紹
Lt. Gen. Nguyễn Văn Thiệu at Cam Ranh Base, October 26, 1966.jpg

任期 1965年6月14日1975年4月21日

出生 1923年4月5日
Flag of French Indochina.svg フランス領インドシナ連邦 ニントゥアン省
死去 (2001-09-29) 2001年9月29日(78歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Massachusetts.svg マサチューセッツ州ニュートン
配偶者 グエン・ティ・マイ英語版
署名 Signature of Nguyễn Văn Thiệu.svg
グエン・バン・チュー
Nguyễn Văn Thiệu
Infantry lieutenant Nguyen Van Thieu.png
1951年、歩兵中尉時代
所属国 南ベトナムの旗 南ベトナム
所属組織 ベトナム共和国陸軍
軍歴 1943年 - 1967年
最終階級 B ARVN-OF-8.svg 中将
テンプレートを表示

欧米、日本では姓のグエン(阮)ではなく、チューと呼ばれたが、これはベトナムで個人を区別するため名前の最後の部分をとって呼ぶ習慣に由来するものであり、間違いではない。なお、原音は「ティウ」に近い。

経歴編集

生い立ち編集

仏領インドシナニントゥアン省に地主の家に生まれた。ホー・チ・ミンベトミンに加わって地区の責任者にまでなるも脱退、インタビューによれば「ベトミンが共産主義なのは知っていた。人々を撃ち、土地を取り上げ、村の役所を破壊するなどの蛮行を見て幻滅した」[1][2] という。その後海軍学校に入学し、さらにダラットの士官学校に転校した。1951年に卒業後はベトナム国ベトナム国軍英語版で着実に出世し、ホー・チ・ミン率いる北ベトナムとの戦いの指揮を執ってベトナム共和国軍(南ベトナム軍)でも頭角を現した。

クーデター編集

ベトナム戦争中の1965年に発生した軍事クーデターで、グエン・カオ・キ首相らとともにベトナム共和国の実権を握り、国家指導評議会議長(国家元首)に就任した。

大統領編集

1967年9月3日に実施された大統領選挙において38%の得票でゴ・ディン・ジエム以来の大統領に就任し、野党とその支持者や報道機関を弾圧したことから「小さな独裁者」と民衆から揶揄された[3]1971年10月2日選挙では唯一の候補者となって100%の票を得て再選された[4]

それまでの他の南ベトナムの指導者と比較して安定した長期体制を築いたチューだが、クーデターを警戒するあまりパラノイアを抱くようになり[5]、政権はイエスマンばかりになった[6]。ベトミンから転向した経歴ゆえに猛烈な反共主義者であったともされており、任期中は常に北ベトナム南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)に対抗して交渉も否定していた[7]

1975年4月17日アメリカ合衆国議会から軍事援助を拒否され[8]、これを受けて1975年4月21日に大統領を辞任した。

辞任する際の演説で作戦失敗の責任は軍部にあると責め立て[9][10]自由主義陣営を見捨てたとしてアメリカ合衆国パリ協定に署名したヘンリー・キッシンジャー国務長官を批判し[11][12]、自らの汚職や腐敗を伝えた国内外の報道機関も軍の士気を下げたと非難した[13]。それから9日後の4月30日、サイゴンは陥落した。

サイゴン陥落時、自宅から大量の金塊を運んで逃亡しようとしたとされる[14]

亡命編集

サイゴン陥落後はアメリカ軍の手を借りて台湾(台北士林)へ亡命し、その後イギリスサリーにわたり、最終的にアメリカ合衆国マサチューセッツ州に移り住んで同地で病死した。

脚注編集

  1. ^ ニューヨーク・タイムズ (2001年10月1日). “Nguyen Van Thieu Is Dead at 76; Last President of South Vietnam”. 2016年5月30日閲覧。
  2. ^ ロサンゼルス・タイムズ (2001年10月11日). “Nguyen Van Thieu, 78; S. Vietnam's President”. 2016年5月30日閲覧。
  3. ^ Dougan, Clark; Weiss, Stephen; et al. (1983). Nineteen Sixty-Eight. Boston, Massachusetts: Boston Publishing Company. p126 ISBN 0939526069.
  4. ^ Dieter Nohlen, Florian Grotz & Christof Hartmann (2001) Elections in Asia: A data handbook, Volume II, p331 ISBN 0-19-924959-8
  5. ^ Willbanks, James H. (2004). Abandoning Vietnam: How America Left and South Vietnam Lost Its War. Lawrence, Kansas: University of Kansas Press. ISBN 0-7006-1331-5. pp. 229.
  6. ^ Willbanks, James H. (2004). Abandoning Vietnam: How America Left and South Vietnam Lost Its War. Lawrence, Kansas: University of Kansas Press. ISBN 0-7006-1331-5. pp. 229-35.
  7. ^ Willbanks, James H. (2004). Abandoning Vietnam: How America Left and South Vietnam Lost Its War. Lawrence, Kansas: University of Kansas Press. ISBN 0-7006-1331-5. pp. 193-213.
  8. ^ Willbanks, James H. (2004). Abandoning Vietnam: How America Left and South Vietnam Lost Its War. Lawrence, Kansas: University of Kansas Press. ISBN 0-7006-1331-5. pp. 267-68.
  9. ^ Dougan, Clark; Fulghum, David; et al. (1985). The Fall of the South. Boston: Boston Publishing Company. ISBN 0939526166. p. 138.
  10. ^ Cao Van Vien (1983). The Final Collapse. Washington, D.C.: United States Army Center of Military History. p. 142.
  11. ^ "1975: Vietnam's President Thieu resigns". BBC News. 21 April 1975.
  12. ^ "Nguyen Van Thieu". The Daily Telegraph. UK. 1 October 2001.
  13. ^ Stowe, Judy (2 October 2001). "Nguyen Van Thieu". The Independent.
  14. ^ Flashbacks, Morley Safer, St Martins Press/Random House, 1991

関連項目編集

先代
ファン・カク・スー
(国家評議会議長)
ベトナム共和国大統領
第2代・3代:1965年-1975年
次代
チャン・バン・フォン