パロマー1(Palomar 1)は、ケフェウス座の方角にある球状星団であり、恐らく銀河系じょうぎ腕に位置する。1954年にジョージ・エイベルがPalomar Survey Skyのプレートの中から発見し[5]、球状星団として登録された。64億から80億歳と、銀河系内の他の球状星団と比べると非常に若い[3]。[Fe/H] = -0.60と比較的金属量の多い球状星団である[6][6]いて座矮小楕円銀河の伴球状星団ターザン7と似た進化の過程を辿ったと考えられており、つまりかつては矮小楕円銀河だったのが、潮汐力で破壊されたものと考えられている[6]

パロマー1
Palomar 1
ハッブル宇宙望遠鏡による画像 Credit: NASA/STScI/WikiSky
ハッブル宇宙望遠鏡による画像
Credit: NASA/STScI/WikiSky
星座 ケフェウス座
視等級 (V) +13.18
分類 XII
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  03h 33m 20.04s[1]
赤緯 (Dec, δ) +79° 34′ 51.8″[1]
物理的性質
半径 15 ly[2]
年齢 6.3 - 8 Gyr[3]
別名称
別名称
LEDA 13165[4]
Template (ノート 解説) ■Project

出典編集

  1. ^ a b Goldsbury, Ryan et al. (December 2010), “The ACS Survey of Galactic Globular Clusters. X. New Determinations of Centers for 65 Clusters”, The Astronomical Journal 140 (6): 1830-1837, arXiv:1008.2755, Bibcode2010AJ....140.1830G, doi:10.1088/0004-6256/140/6/1830. 
  2. ^ distance × sin( diameter_angle / 2 ) = 15 ly. radius
  3. ^ a b Rosenberg, A. et al. (1998), “Palomar 1 - Another young Galactic halo globular cluster”, Astronomical Journal 115 (2): 648, arXiv:astro-ph/9710242, Bibcode1998AJ....115..648R, doi:10.1086/300200. 
  4. ^ “SIMBAD Astronomical Object Database”, Results for Palomar 1, http://simbad.u-strasbg.fr/Simbad 2006年11月17日閲覧。. 
  5. ^ Abell, George O. (1955). “Globular Clusters and Planetary Nebulae Discovered on the National Geographic Society-Palomar Observatory Sky Survey”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 67 (397): 258. Bibcode1955PASP...67..258A. doi:10.1086/126815. 
  6. ^ a b c van den Bergh, Sidney; Mackey, A. D. (2004). “Globular clusters and the formation of the outer Galactic halo”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 354 (3): 713-719. arXiv:astro-ph/0407346. Bibcode2004MNRAS.354..713V. doi:10.1111/j.1365-2966.2004.08228.x. 

外部リンク編集

座標:   03h 33m 19.3s, +79° 34′ 55″