メインメニューを開く

パロマー4(Palomar 4)は、銀河系球状星団である。1949年にエドウィン・ハッブルが発見し、1955年にアルバート・ウィルソンが再発見した。地球からは約35万6000光年離れている。

パロマー4
星座 おおぐま座
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 29m 16.8s[1]
赤緯 (Dec, δ) +28° 58′ 25″[1]
距離 35万6000光年
別名称
別名称
UGCA 237, GCl 17[1]
Template (ノート 解説) ■Project

この星団は、銀河系の伴銀河マゼラン雲いて座矮小楕円銀河よりも遙かに遠くにある。

当初は、矮小銀河であると考えられ、「おおぐま座矮小銀河」という名前が与えられたが、後に球状星団であることが明らかとなった。

外部リンク編集

  1. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for Palomar 4. 2006年11月17日閲覧。

関連項目編集