パーシー・フリーク (第2代準男爵)

第2代準男爵サー・パーシー・フリーク英語: Sir Percy Freke, 2nd Baronet1700年4月30日1728年4月10日)は、アイルランド王国の政治家。

生涯編集

初代準男爵サー・ラルフ・フリークとエリザベス・ミード(Elizabeth Meade、1750年10月6日没、初代準男爵サー・ジョン・ミード英語版の娘)の息子として、1700年4月30日に生まれた[1]。1717年に父が死去すると、準男爵位を継承した[1]。1717年11月27日にオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学、1721年5月8日にM.A.の学位を修得した[2]

1721年から1728年までボルティモア選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた[1]

1728年4月10日にダブリンで死去、生涯未婚だったため弟ジョン・レッドモンドが準男爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1906). The Complete Baronetage (1707–1800). 5. Exeter: William Pollard & Co. pp. 15–16.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (英語). 2. Oxford: University of Oxford. p. 495.
アイルランド議会
先代:
ウィリアム・サウスウェル英語版
マイケル・ビーチャー英語版
庶民院議員(ボルティモア選挙区英語版選出)
1721年 – 1728年
同職:マイケル・ビーチャー英語版 1721年 – 1727年
リチャード・トンソン 1727年 – 1728年
次代:
サー・ジョン・フリーク準男爵
リチャード・トンソン
グレートブリテンの準男爵
先代:
ラルフ・フリーク
(ウェスト・ビルニーの)準男爵
1717年 – 1728年
次代:
ジョン・レッドモンド・フリーク