メインメニューを開く

ヒサウチソウ(久内草、学名:Bellardia trixago)はハマウツボ科に分類される植物の一種。

ヒサウチソウ
Bellardia trixago (flowers).jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: ハマウツボ科 Orobanchaceae
: Bellardia
: ヒサウチソウ B. trixago
学名
Bellardia trixago
(L.) All.
英名
Mediterranean lineseed

分布編集

地中海沿岸を原産とする[1]北アメリカオーストラリア日本東海近畿四国)に外来種として定着している[1]

日本では1982年に愛知県名古屋市で初めて発見された[1]。和名は日本の植物学者である久内清孝に記念して命名されたものである[1]

特徴編集

越年性の半寄生植物。草丈は10-30cmで、茎は直立し、全体には軟毛と腺毛が密生している。春から初夏にかけて、白色の花を咲かせる。花は穂状花序で、上唇は薄い紫色となる。

参考文献編集

  1. ^ a b c d 植村修二・勝山輝男・清水矩宏・水田光雄・森田弘彦・廣田伸七・池原直樹『日本帰化植物写真図鑑 第2巻』全国農村教育協会、2010年12月24日。ISBN 978-4-88137-155-8

 

関連項目編集