メインメニューを開く

ヒジャーズ駅

かつてシリア・ダマスカスにあったヒジャーズ鉄道の鉄道駅(廃駅)

ヒジャーズ駅(ヒジャーズえき、アラビア語: محطة الحجاز: Hejaz Railway Station)は、かつてシリア・アラブ共和国の首都ダマスカスにあった廃駅)である。

ヒジャーズ駅
旧ヒジャーズ駅駅舎の全景
旧ヒジャーズ駅駅舎の全景
محطة الحجاز
Hejaz Railway Station
所在地 シリアの旗 シリア
ダマスカス県ダマスカス
所属路線 ヒジャーズ鉄道
駅構造 地上駅
開業年月日 1913年
廃止年月日 1920年
備考 第一次世界大戦の影響により廃駅。
テンプレートを表示

当駅は、ダマスカス市街の中心部にあった主要駅であり、マルジェ広場英語版の近くにあった。 当駅は、スペインの建築家であるフェルナンド・デ・アランダ (Fernando de Aranda) によって設計されている[1]

当駅は、ダマスカスの観光名所の一つであり、駅舎正面玄関横には、1908年製造のドイツ蒸気機関車静態保存されている[2]。 当駅は、駅としては機能していないが、窓口で近郊列車乗車券を販売している[2]。 当駅には再開発計画があるが、全く不透明な状況である[2]

脚注編集

  1. ^ Burns, Ross (2005), Damascus: A History, Routledge, p. 259, ISBN 9780415271059, http://books.google.com/?id=1_bQTrpf62cC&dq=damascus 
  2. ^ a b c 連載:アジアの停車場”. 一般財団法人霞山会 (2009年2月1日). 2015年10月23日閲覧。