メインメニューを開く

ヒットパレード (1950年の映画)

略歴・概要編集

第二次世界大戦後の1949年(昭和24年)10月1日に設立された新興の映画配給会社である東京映画配給(現在の東映)は、おもに京都・太秦東横映画、東京・東大泉太泉スタヂオの製作物を劇場に配給するために設立されたが、本作のような独立系の製作会社の作品も多く配給した[3]。本作は『岡晴夫のマドロスの唄』と二本立で「歌謡映画祭」と銘打って、公開された。本作の完成は、公開の前年12月23日であったが、公開までに2か月がかかっている[2]。脚本を執筆した清水正二郎は、シネアートアソシエートオブトーキョーの次作『裸の天使』(監督中川順夫、配給松竹)の脚本も書いている[4]。清水は、のちの直木賞作家胡桃沢耕史の本名であり、経歴において「東映でシナリオライターとなった」とは本作の執筆等を指す[5]

一方で、東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリント等を所蔵していない[6]

作品データ編集

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ヒットパレード日本映画製作者連盟、2012年7月18日閲覧。
  2. ^ a b ヒットパレード日本映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  3. ^ a b 1950年 公開作品一覧 234作品、日本映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  4. ^ 清水正二郎、日本映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  5. ^ 胡桃沢耕史、日本映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  6. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月18日閲覧。

参考文献編集

  • 『クロニクル東映 1947-1991』、東映、1992年

関連項目編集

外部リンク編集