メインメニューを開く

ヒバ・オア島

フランス領ポリネシアの島

ヒバ・オア島(Hiva Oa)は、フランス領ポリネシアに属する島。マルケサス諸島に属し、マルケサス諸島南部の主島である。中心都市はアツオナ。ヒバ・オア島はマルケサス諸島の他島と同じく、周辺を寒流が流れているためサンゴ礁が存在せず、また火山島であるため地形が険しくて標高が高く、最高峰は標高1213mに達する。ヒバ・オア島は画家ポール・ゴーギャンや、歌手ジャック・ブレルが晩年ここに移住したことで知られている。両者の墓は、アツオナの共同墓地にあり、観光地となっている[1]

ヒバ・オア島
HIVA OA, TAHUATA.JPG
ヒバ・オア島の位置(フランス領ポリネシア内)
ヒバ・オア島
ヒバ・オア島の位置(オセアニア内)
ヒバ・オア島
地理
場所 ポリネシア
座標 南緯9度45分 西経139度00分 / 南緯9.750度 西経139.000度 / -9.750; -139.000座標: 南緯9度45分 西経139度00分 / 南緯9.750度 西経139.000度 / -9.750; -139.000
諸島 マルケサス諸島
面積 316 km2 (122 sq mi)
最高標高 1,213 m (3,980 ft)
行政
最大都市 パペーテ
人口統計
人口 2,190(2012年時点)
ヒバ・オア島

脚注編集

  1. ^ 「タヒチ 南太平洋の島々と楽園の素顔」p160 トラベルジャーナル 2000年4月30日第1版第1刷