火山島

火山活動によって形成された島

火山島(かざんとう、: volcanic island[1])は、火山体の一部が海面上に現れてとなっているもの[2]。また、少なくとも大部分が火山地形が明瞭に残っている火山体で構成される島とも定義される[3]

火山島であるレユニオン島

火山島は往々にして線状に列をなして分布する。ハワイ諸島のように新しいものから古いものが順に並ぶ例もある[4]。火山島が徐々に沈降し、サンゴの成長が沈降のペースに追いついて海面まで達するとサンゴ礁を形成することもある[5]

火山島を研究すれば地下のマグマの性質が分かるのではないかと学術的に注目され、研究の結果大きく2種類に分類できることが分かった。太平洋をほぼ取り囲むように安山岩線と呼ばれる境界があり、その外側の火山島は(主に)カルクアルカリ岩系の安山岩流紋岩で構成される。安山岩線の内側の火山島は(主に)アルカリ岩系またはソレアイト質岩系の玄武岩で構成される[4]。玄武岩から構成される火山島のうち、風化が進行していないものでは土壌が少なく、植生も乏しい。トンガニウアフォオウ島などが好例である。一方、風化が進行しているものでは土壌が豊富で農業も可能である。ハワイ諸島、ソシエテ諸島サモア諸島ラロトンガ島などがこれに当たる。なお、一般にポリネシアの火山島は鉱物資源を産出しない[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 学術用語集 1981, p. 21.
  2. ^ 古今書院 1991, p. 83.
  3. ^ 平凡社 1996, p. 232.
  4. ^ a b 二宮書店 1991, p. 667.
  5. ^ a b 講談社 1970, p. 886.

参考文献編集

  • 日本地誌研究所 編 『地理学辞典 改訂版』二宮書店、1991年7月15日、667頁。ISBN 4-8176-0088-8 
  • 文部省 『学術用語集 地理学編』(初版)日本学術振興会、1981年3月15日、21頁。 
  • 『世界地理百科大事典』(第1刷)講談社、1970年8月21日、886頁。 
  • 片山信夫, 森本良平, 木村敏雄, 竹内均 編 『新版 地学辞典(2)』(第9刷)古今書院、1991年7月10日、83頁。ISBN 4-7722-1267-1 
  • 地学団体研究会新版地学事典編集委員会 編 『新版 地学事典』平凡社、1996年10月26日、232頁。ISBN 4-582-11506-3 

関連項目編集