ヒューマン (デスのアルバム)

デスのアルバム

ヒューマン』(Human)は、アメリカデスメタルバンド、デスの4作目のスタジオ・アルバムである。1991年10月22日にリリースされた。このアルバムは、デスの音楽性の大きな変化の始まりを示し、バンドの以前の取り組みよりも技術的に複雑で進歩的である。この新しいスタイルは、以降のデスのアルバムすべてで進化し続けている。ギタリストのポール・マスヴィダルとドラマーのシーン・レイナートとベーシストのスティーブ・ディジョルジオ加入後最初のアルバムでもある。

ヒューマン
デススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル テクニカルデスメタルプログレッシブ・メタル
時間
レーベル リラティヴィティ・レコード
プロデュース チャック・シュルディナー、スコット・バーン
デス アルバム 年表
スピリチュアル・ヒーリング
(1990年)
ヒューマン
(1991年)
インディヴィジュアル・ソート・パターンズ
(1993年)
テンプレートを表示

ベーシストのスティーブ・ディジョルジオは、このアルバムのレコーディング後に脱退した(ただし、後に『インディヴィジュアル・ソート・パターンズ』レコーディングのために戻る)。1991年と1992年にバンドとツアーを行ったスコット・カリノによって置き換えられた。カリノも「Cosmic Sea」でベースの前半を録音し、残りの曲(ベースソロを含む)はディジョルジオが録音した。

『ヒューマン』は音楽出版物や批評家から絶賛され、一般的に、テクニカルデスメタルの発展上およびエクストリームメタルにおける重要な作品と見なされている。ジェフ・ワグナーによると、2010年のプログレッシブメタルの平均偏差に関するテキストで、『ヒューマン』は非常に影響力のあるエクストリームメタルアルバムである。これはデスのベストセラーアルバムで、1995年までに米国で10万枚を売り上げた。『Guitar World』誌の史上最高の100枚のギターアルバムのリストの2006年10月号で82位にランクされた。2008年の時点で、ヒューマンは全世界で60万部を販売しており、米国のサウンドスキャンは100,000ユニットとされている。

トラック編集

全作詞曲:チャック・シュルディナー

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Flattening of Emotions」  
2.「Suicide Machine」  
3.「Together as One」  
4.「Secret Face」  
5.「Lack of Comprehension」  
6.「See Through Dreams」  
7.「Cosmic Sea」(instrumental)  
8.「Vacant Planets」  
合計時間:
日本盤ボーナストラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
9.「God of Thunder」((キッス) cover)  

参加メンバー編集

  • チャック・シュルディナー (vo/gt)
  • ポール・マスヴィダル (gt)
  • スティーヴ・ディジョルジオ (ba)
  • シーン・レイナート (dr)