キッス

アメリカのロックバンド

キッス英語: KISS)は、アメリカ合衆国ハードロックバンド

キッス
Kiss at Huntington Center, Toledo, Ohio 2016 (Unsplash).jpg
  • USハンティントン公演(2016年)
  • Kiss Logo.svg
  • バンドロゴ[注釈 1]
基本情報
別名 ウィキッド・レスター
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル
活動期間 1973年 -
レーベル
公式サイト キッス公式サイト
メンバー
旧メンバー

アメリカンハードロック草創期から活動する、同東海岸を代表する世界的グループとして知られる。早くからロック界にコープス・ペイントを取り入れ、世界観をギミックしたメディアフランチャイズマーチャンダイズ)を展開するなど、版権ビジネスモデルの先駆けともなった。2014年ロックの殿堂』入り。

概要編集

1973年1月にアメリカで結成されたロックバンドで、白塗りの化粧(コープス・ペイント)と奇抜な衣装でストレートなロックンロール、ハードロックを演奏する。巨大なロゴを中心にした大規模なステージセットで、当初より炎やパイロテクニクスを多用している。彼らのファンは、キッスアーミー(英語: KISSARMY)と呼ばれる。

キャッチフレーズは、「You Wanted the Best!? You Got the Best! The Hottest Band in the World, KISS!!(最高を求めていただろう!? お前は手に入れた! 世界一熱いバンド、キッス!!)」であり、1975年のライヴから現在にかけて、オープニングアナウンスとして使用されている。

シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚以上にのぼる。

メンバー編集

名前 プロフィール 担当 在籍期間
現メンバー
ポール・スタンレー
(英語: Paul Stanley)
(1952-01-20) 1952年1月20日(69歳)
  アメリカ合衆国 ニューヨーク市クイーンズ
ボーカル
リズムギター
1973年 - 現在
ジーン・シモンズ
(英語: Gene Simmons)
(1949-08-25) 1949年8月25日(72歳)
  イスラエル ハイファ
ボーカル
ベース
1973年 - 現在
エリック・シンガー
(英語: Eric Singer)
(1958-05-12) 1958年5月12日(63歳)
  アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
ドラムス
ボーカル
1991年 - 1996年
2001年 - 2002年
2004年 - 現在
トミー・セイヤー
(英語: Tommy Thayer)
(1960-11-07) 1960年11月7日(61歳)
  アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド
リードギター
ボーカル
2002年 - 現在
旧メンバー
エース・フレーリー
(英語: Ace Frehley)
(1951-04-27) 1951年4月27日(70歳)
  アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブロンクス区
リードギター
ボーカル
1973年 - 1982年
1996年 - 2002年
ピーター・クリス
(英語: Peter Criss)
(1945-12-20) 1945年12月20日(75歳)
  アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブルックリン区
ドラムス
ボーカル
1973年 - 1980年
1996年 - 2001年
2002年 - 2004年
エリック・カー
(英語: Eric Carr)
1950年7月12日 - (1991-11-24) 1991年11月24日(41歳没)
  アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブルックリン区
ドラムス
ボーカル
1980年 - 1991年
ヴィニー・ヴィンセント
(英語: Vinnie Vincent)
(1952-08-06) 1952年8月6日(69歳)
  アメリカ合衆国 コネチカット州ブリッジポート
リードギター
ボーカル
1982年 - 1984年
マーク・セント・ジョン
(英語: Mark St. John)
1956年2月7日 - (2007-04-05) 2007年4月5日(51歳没)
  アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハリウッド
リードギター
ボーカル
1984年
ブルース・キューリック
(英語: Bruce Kulick)
(1953-12-12) 1953年12月12日(67歳)
  アメリカ合衆国 ニューヨーク州ブルックリン区
リードギター
ボーカル
1984年 - 1996年
ツアー・サポート
ゲイリー・コルベット
(英語: Gary Corbett)
  アメリカ合衆国 テネシー州 キーボード 1987年 - 1990年
デレク・シェリニアン
(英語: Derek Sherinian)
  アメリカ合衆国 カリフォルニア州ラグナ・ビーチ キーボード 1992年

メンバーの変遷編集

 
ジーン&ポール (2008年)

初期オリジナルメンバーは全員が正式メンバーであったが、ピーター・クリス、エース・フレーリーが脱退して以降のメンバーは契約メンバーであり、法律上は創立メンバーのジーン・シモンズ、ポール・スタンレーの2人のみが一貫して正式メンバーである。

ジーン、ポール以外のメンバーは1980年代以降入れ替わりが激しく、この2人の方針に沿わないプレイヤーはたとえ才能があったとしても容赦なくお払い箱にされた(エースとピーターについては、「キッスはオリンピックの様なものであり薬物やアルコールの過剰な摂取は許されない」というジーンのコメントがある)。

バンドの統一感を大切にしていたため、新たなメンバーを入れる際は、「長い黒髪か」「髭は剃っているか」「身長が6フィート(約183cm)以上あるか」など厳しい審査があったという(マーティー・フリードマン談)。しかし金髪のエリック・シンガーが加入したときに、そういう制約から自由になったのだとポールが語っている。

ピーター・クリス脱退時にオーディションを受けたドラマーの中に、後にレインボーに加入するボビー・ロンディネリがいたことは一部で有名である。

また、エース・フレーリー脱退後のオーディションに訪れたギタリストには、成功する以前のリッチー・サンボラスラッシュマーティ・フリードマンらがいた。

メイク再結成以降は加入→脱退→再加入→再脱退と出入りの激しさも目立つ。

ベース リズムギター リードギター ドラムス
1973 - 1980 ジーン・シモンズ ポール・スタンレー エース・フレーリー ピーター・クリス
1980 - 1982 エリック・カー
1982 - 1984 ヴィニー・ヴィンセント
1984 マーク・セント・ジョン
1984 - 1991 ブルース・キューリック
1991 - 1996 エリック・シンガー
1996 - 2001 エース・フレーリー ピーター・クリス
2001 - 2002 エリック・シンガー
2002 トミー・セイヤー
2002 - 2004 ピーター・クリス
2004 - エリック・シンガー

来歴編集

ウィキッド・レスター時代(1970年 - 1972年)編集

1970年、ニューヨーク、ミュージシャンとして契約を目指すジーン・シモンズの元に旧知のポール・スタンレーが加わって「ウィキッド・レスター英語: WICKED LESTER)」という5人組ロックバンドが誕生する[注釈 2]。バンドはデビューを目指していたが、結局ウィキッド・レスター名義のライヴは2回しか行われなかった。

1972年にアルバムを1枚製作するも、契約する予定だった「エピック・レコード」に拒否され、お蔵入りとなる。バンドを脱退するメンバーも現れ、そのままの形でウィキッド・レスターを継続することが困難となる。

新しいバンドでよりストレートなハードロックへの路線変更を決意したシモンズとスタンレーは自らバンドを脱退、ローリング・ストーン誌に告知を出していたドラマーのピーター・クリスに連絡し、クリスが加入。しばらく3人でひたすら練習していたが、この頃から他のバンドとの差別化を図るために顔にメイクをしてみたりするようになる。

キッスへ改名 - メジャーデビュー(1973年 - 1974年)編集

 
1974年のグループショット

シモンズとスタンレーの2人は、サウンド面を強化するためギタリスト募集のオーディションを行い、リードギタリストとしてエース・フレーリーが加入。1973年にスタンレーの発案によりバンド名を「キッス」に改名した。クリスが以前在籍していたバンド「リップス」からヒントを得たと言われている。現在に至る有名なバンドロゴはフレーリーがデザインし、スタンレーが手直しをして完成した。

1973年1月30日にキッスとして初めてのコンサートを行う。当初はただの白塗りだったメイクも、次第に現在の形に近づいていった。この年、レコード契約をつかむために懸命に活動しながら、その一環として伝手のあったエディ・クレイマープロデュースの元、デモ数曲をレコーディングする。努力が実り、バンドはTVプロデューサーをしていたビル・オーコインの目に止まり、マネージャーとして迎えた。オーコインの働きにより、メジャーデビュー契約先はワーナー・ブラザース傘下で当時無名の新会社だったカサブランカ・レコードに決定、意気込んでレコーディング作業が行われる。シモンズは、とあるサーカス団員から火吹きを教わり、コンサートにおけるパフォーマンスとして取り入れたが、同年の年末コンサートにて火吹きを失敗し、自らの髪を燃やしてしまい、新聞で「ベーシストは頭に火をつけて演奏」と報じられた[注釈 3]

1974年、アルバム『キッス・ファースト 地獄からの使者』でレコードデビュー。強烈なインパクトを与えるメンバー写真のジャケットこそ注目を受けたが、当初の人気は奮わなかった。キッスとして初のツアーを開始し、初めていくつかのTVに出演、あるライヴ番組ではシモンズの火吹きの他に、クリスはドラムセットを破壊・投げ落とし、スタンレーは現在も行われているギターを地面に叩き付け破壊する強烈なパフォーマンスを披露した。しかし同年発表された2作目のアルバム『地獄のさけび』も、鳴かず飛ばずの結果だった。

大ブレイクと黄金期(1975年 - 1979年)編集

 
アリーナギグの告知ポスター (1975年)
 
1975年のステージ

レコードセールスは思ったように伸びず悩んだキッスであるが、ライヴでは徐々に力を付け始め、1975年発売のアルバム『地獄への接吻』発表に合わせて大型ツアーであるDRESSED TO KILL TOURを行う。デトロイトのラジオ放送局は、アルバム収録の「激しい愛を」をシングルカットされていないにもかかわらず連日かけまくり当地での人気が爆発する。当時、小さな田舎町をツアーで回っていたメンバーは、デトロイトでの人気を知るや、それ以降のツアーを全てキャンセル、当地での単独コンサートを行うことを決定する。

そしてデトロイト・コボホールにおけるコンサートを収録したライヴアルバム『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』が、2枚組というハンディがありながら全米チャート9位に入るヒットを記録し、一躍人気バンドとなる。日本では、これまでのオリジナルアルバムを一斉発売し、主要マーケットの一つとなった。

1976年ボブ・エズリンをプロデューサーに迎えて制作した『地獄の軍団』をリリース。同アルバムからのシングル『ベス』が大ヒット(全米7位)する。初の世界ツアーでもあるDESTROYER TOURは、前年のツアーをも凌駕する観客動員数を記録した。

同年、アルバム『地獄のロックファイアー』発売。同アルバムからのシングル「ハード・ラック・ウーマン」がヒットする。かつて、ボブ・シーガーの前座を担当していたキッスが立場を逆転し、ボブ・シーガーがキッスの前座をするという現象まで発生した。

 
1977年のステージ

1977年、SNEAK ATTACK TOURと銘打った初来日ツアーを敢行。大阪厚生年金会館日本武道館などを超満員にする[注釈 4]初来日時のツアー・パンフレットには、演奏される曲目があらかじめ印刷されており、アンコールも含めて綿密に計算されたパッケージ・ショウであることがわかる。4月2日の日本武道館公演ではNHKによるビデオ撮影が行われ、後に「ヤング・ミュージック・ショウ」で放映され、社会的大人気を獲得した。

同年、アルバム『ラヴ・ガン』、『アライヴII』(1977年のライヴと5曲のスタジオ新録曲を収録)発売。『ラヴ・ガン』は予約で100万枚を突破し、オリジナルメンバーによる作品歴代最大の売上を記録する。『アライヴ2』からのシングルカットは、フレーリーが歌う「ロケット・ライド」がヒット。この頃になるとキッスは全米を代表するバンドとなり、彼らの血液を赤インクに混ぜたものを使用したコミックまで発行された。

日本においては1970年代後半を代表するバンドとしてエアロスミスクイーンと共に「ミュージック・ライフ」誌などで特集が組まれ、大人気であったが、このころからバンド内部の衝突も起こりはじめた。

バンドのフロントマンであり「デトロイト・ロック・シティ」「ラヴ・ガン」など数々の代表曲を作り歌うポール・スタンレー、火吹きや吐血などの視覚効果で世間の認知度が一番高かったもう一人のフロントマンであるジーン・シモンズ、「ベス」や「ハード・ラック・ウーマン」といった大ヒット曲を歌ったピーター・クリス(black diamondもヒットといえばヒットである。)、独特のギタープレイと雰囲気で人気を集めたエース・フレーリーの4人とも、自分こそがバンドを成功へ導いたと主張し合っていたという(それでもシモンズ&スタンレー、クリス&フレーリーのグループに別れるのが常だった)。

特にバンドに意見を反映しにくくなっていったクリスとフレーリーのフラストレーションとエゴは酷く、成功により大金を手にした彼らはしだいに酒やドラッグに溺れていく(結果として、後にふたりはグループを脱退する)。

 
アライヴIIライブツアー (1978年)
 
1979年のライブ

1978年春、2度目の日本ツアーを行うが、楽屋では物を投げ合い、つかみ合いの喧嘩が行われたという。このときバンドの人間関係は最悪な状態になっていた。

行き詰まったバンド内の人間関係を修復し現状を打破すべく、またソロ活動を望むフレーリーのためにも、各メンバーがそれぞれソロアルバムの制作を発表。グループは人気絶頂でありながら当分のライブ活動休止を宣言する(既に1978年初頭にはソロアルバムのレコーディングを行っており、来日時にもスタジオを借りてレコーディングしていた)。スタンレーは後に、「ここでソロアルバムを発表して落ち着かなければキッスは確実に解散していた」と回顧している。

1978年9月、各メンバーのソロアルバムが同時リリース。フレーリーのソロアルバムに収録された「ニューヨーク・グルーヴ」(ラス・バラードの曲のカヴァー)がヒット。ソロ・アルバムで自信をつけたフレーリーは、さらにグループからの独立を志向し始める。

同年、リミックスを施した初のベストアルバムである、『ダブル・プラチナム』発売。

この頃には、単にレコード制作、ライヴに止まらず、NBCによる映画『地獄の復活英語版』の制作、MEGO社から彼らの人形が発売、遊園地「KISS WORLD」の建設構想など次々バンド活動以外の企画が打ち出され、ハードロック・バンドというよりは、次第にファミリー向けキャラクター商品の素材と化していった。

1979年、グループとしては2年ぶりのオリジナルアルバム『地獄からの脱出』発売。ソロアルバムの延長のような作品で、スタジオでメンバー全員が顔を合わせることは無かった。スタンレーがデズモンド・チャイルドを見出し共作したシングル「ラヴィン・ユー・ベイビー」は、2人が当時のマシンミュージック全盛のディスコ・ブームに一石を投じようと意気投合して作ったディスコ調ロックで、同ナンバーは世界中で大ヒットを記録した[注釈 5]。しかし合わせて行われたDYNASTY TOURの観客動員は伸び悩み、やがてキッスは混乱と低迷の時代を迎える。

バンド再編〜ノーメイク時代 - 第二黄金期(1980年 - 1990年)編集

1980年、薬物依存や人間関係・体力的な問題などにより、バンド継続が不可能であると判断したシモンズ・スタンレー・フレーリーの3人とマネージメントは、クリスの解雇を決定。その直後に、アルバム『仮面の正体』製作開始(同アルバム収録曲「シャンディ」のPVにはクリスは出演)。なお、このアルバムとDynastyでクリスの代わりにドラムを叩いたのはアントン・フィグである。

クリスの脱退は契約上の問題からアルバム発売1週間後に報じられた。前作同様ポップスへの傾向を強めたアルバム自体の評価も芳しくなく、KISSの人気は急激に下降し、グループは低迷期に突入。暫くは3人だけで活動していたが、オーディションにより、後任の2代目ドラマーとしてエリック・カーが加入する。

アメリカ本国でのUNMASKED TOURは以前ほどの勢いは見られず失敗。主要マーケットであるアメリカと日本での人気は完全に下火へ向かっていた。しかし逆に、オーストラリア、ブラジル、ヨーロッパなどでは大ヒットを記録し、この時のオーストラリア&ニュージーランドツアーは彼らの史上最も華々しいツアーと言われるほど大成功した。この時期のオーストラリアでの大ブームの影響か、現在でもオーストラリアツアーでは必ず「シャンディ」が演奏されている。またこの時期、ソロの成功で自信をつけていたフレーリーのリードボーカル曲を増やすなど彼を前面に押し出し、親しかったクリスを失い、ソロ志向の強まる一方だったフレーリーをバンドに繋ぎ止めようとしていた形跡が見られる。

1981年、ニュー・アルバムの制作を開始。当初はこれまでよりもハードなロック・アルバムの予定であったが、制作途中からマネージャーの意向により路線を変更。シモンズが以前から温めていた構想を基に、グループの歴史上唯一のコンセプトアルバム『〜エルダー〜 魔界大決戦』を完成しリリースする。

この作品は、元々『The Elder』というジーン原案の映画のために楽曲を書き下ろしていたが、曲が完成した直後に映画が制作中止となり、曲を無駄にしたくないマネージャーとシモンズが映画の本来のストーリーに沿ったコンセプト・アルバムにしたというもの(他の3人はまったく乗り気では無く、リリースに反対したがシモンズに押し切られる形で発売が決まった)。内容自体は意欲的なもので、これまでになかった叙事詩風のプログレッシブ・ロックを展開したが、中途半端なイメージの変化で売り上げは歴代最低を記録することになる。バンド自体も後のインタビューで「あの作品は失敗だった」と語っている。

ストレートなロック志向のフレーリーはバンドに興味を失うようになり、新メンバーのカーもこのアルバムの方向性に疑問を呈したという。本作に伴うツアーは行われなかった。この頃、バンド内のパワーバランスは完全にシモンズ・スタンレー組VSフレーリーになっており、フレーリーの意見は取り上げられることが少なくなっていた。

1982年、ハード&ヘヴィへの原点回帰を打ち出したアルバム『暗黒の神話』発売。このアルバムのジャケット写真と収録曲の「勇士の叫び」のPV、同年発売の日本とオーストラリア限定ベスト盤『キッス・キラーズ』にはフレーリーの姿はあるが、バンドに興味が持てなくなった彼はレコーディングには一切関わっていない(飲酒と薬物の影響によるとも)。フレーリーはジャケット写真の撮影とTV出演の直後に脱退していた(契約の関係でしばらく伏せられていた)。

共作者兼レコーディング・ギタリストとして起用したミュージシャンの一人であるヴィンセント・クサノ(後のヴィニー・ヴィンセント)が大半の曲でリードギターを担当しているため、歴代アルバムの中でもヘヴィ・メタル色の強いアルバムとなった。ヴィンセントの腕はメンバーに認められてはいたが、彼は正式メンバーではなく、あくまでもフレーリーの代役としてツアーに参加。本作での作詞作曲や演奏では貢献度が高かったヴィニーだが、加入後の彼の態度はこの後シモンズとスタンレーを大いに悩ませることとなる。アルバム自体は現在では良作とされているが、宣伝効果も虚しく当時の売り上げは非常に低かった。

なお米盤の『暗黒の神話』は1985年に再発されたものから素顔をフィーチャーしたものにジャケットが差し替えられた(ブルース・キューリックが写っているが、無論本作には一切関わっていない。曲順の変更、リミックスがされている)。また、この頃からライヴ演奏のテンポが速くなり、楽曲のキーが半音上がる。

1983年、エース・フレーリーの脱退が公式に報じられた。だがツアー契約があったために急遽ギタリストが必要になり、ヴィニー・ヴィンセントが2代目リードギタリストとして加入。アメリカ本国や日本での人気が低迷していた中、反対に人気が最絶頂だったブラジルのリオ公演で過去最大の13万人を動員した。

 
ノーメイク時代『地獄の回想』期(1983)

ここでスタンレーとシモンズは、これまで秘密として隠し通してきた素顔を見せることを決心し、アルバム『地獄の回想』のジャケットで素顔を公開した。前作『暗黒の神話』のヘヴィな路線を継承しつつ、よりシャープな演奏を披露したアルバムの内容や、素顔公表による話題、当時爆発直前であった世界的なヘヴィ・メタルブーム(LAメタル含む)により、バンドは再び上昇気流に乗り始めた。しかしシモンズとスタンレーは、協調性がなく自己顕示欲の強いヴィンセントを解雇することを決定(後任が決まらず、ツアーのキャンセルもできなかったため、ツアー終了まではグループに同行)。

 
ノーメイク時代『アニマライズ』期(1984)

ツアー終了後の1984年、ヴィニー・ヴィンセントが解雇される。そこで、スタンレーのレコード会社の知人からの紹介で「マーク・セント・ジョン」を3代目リードギタリストとして急遽加入させ、アルバム『アニマライズ』を完成させる。アルバムは100万枚の売り上げを記録し、80年代最大のヒットとなった。しかし、ジョンはAnimalize Tour直前のリハーサル中に難病による関節炎を発症しプレイが困難になったため、代役として後に4代目リードギタリストとなるブルース・キューリックが起用される。

12月8日には、かつて『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』をレコーディングしたデトロイト・コボ・ホールでライヴ撮影を行い、TVやラジオで放送した後、『アニマライズ・ライヴ』というタイトルでライヴビデオをリリース。このライヴでもブルース・キューリックがプレイしており、ツアーの初日からステージに上がれなかったマーク・セント・ジョンは3公演のみ参加(うち1公演では、スタンレー、キューリック、ジョンのトリプルギター編成で演奏している)。結局、マーク・セント・ジョンは加入からわずか8カ月で脱退する(前述のライヴビデオの撮影日に、事実上脱退していた)。

1985年、ブルース・キューリックが正式加入し、アルバム『アサイラム』発売。そして、1980年代はこのメンバーで定着した。

1987年、ハートなどを手掛けたロン・ネヴィソンをプロデュースに迎え、メタル色を若干薄めてシンセサイザーを導入した作品『クレイジー・ナイト』発売。大ヒットしてプラチナム・アルバムを記録、イギリスではチャート4位になったが、プリプロではもう少しハードな音だったらしく、メンバーはあまり音の仕上がりには満足していない。

1988年、4月に10年振りとなる来日公演を果たし、5月に日本限定の来日記念ベスト盤『パワー』が発売された。また11月には、カーのボーカルで録り直した1976年の大ヒット曲「ベス」と新曲を2曲収めたベストアルバム 『グレイテスト・キッス』発売。

1989年、原点回帰を目標にしたストレートなロックンロール・アルバム『ホット・イン・ザ・シェイド』発売。スタンレーがマイケル・ボルトンと共作した「Forever」は全米8位を記録する大ヒットバラードとなった(これは「ベス」以来初のTOP10シングル)。また、この頃から楽曲のキーが元に戻る。

しかしツアー観客動員数は若干減り、盛り返した人気は一段落する。その一方、カーは心臓血管に悪性腫瘍が見つかり入院してしまう。

エリック・カーの死と音楽シーンへの“逆襲”(1991年 - 1994年)編集

カーの容態は一時回復に向かったため、キアヌ・リーブス主演の映画「ビルとテッドの地獄旅行」に提供した「ゴッド・ゲイヴ・ロックンロール・トゥ・ユー」(アージェントのカヴァー曲)のバッキングヴォーカルとPV撮影に参加したが、1991年11月、手術の甲斐もむなしく他界する(41歳没)。

カーの死を悼みながらもバンドはその死を乗り越え、カーが入院中、代理ドラマーであったエリック・シンガー(元ブラック・サバスやバッドランズのドラマーであり、1989年スタンレーのソロライヴ・ツアーメンバーでもあった)を3代目ドラマーとして正式に迎え入れる。

1991年12月、当時の音楽シーンや善良なカーの命を奪った運命への「逆襲」の意を込めて、元メンバーのヴィニー・ヴィンセントとの共作を含むアルバム『リヴェンジ』の制作を開始。『リヴェンジ』は翌1992年3月に完成し、5月19日にリリース。アルバムとしては『地獄からの脱出』以来実に13年ぶりに全米ビルボードTop200のトップ10入りを果たした。

1993年、バンドとして安定して演奏レベルの高かったREVENGE TOURのライヴを収録した『アライヴ3』発売。

1994年、KISS MY ASS TOURを行う。それと同時に、トリビュート・アルバム『キッス・マイ・アス』が発表される。このアルバムには、エクストリームYOSHIKIなどが参加している。

リユニオン〜オリジナルメンバー再集結(1995年 - 1999年)編集

 
オリジナルラインナップ - 左上エース、右上ジーン、左下クリス、右下ポール

1995年1月、シモンズ、スタンレー、キューリック、シンガーによる来日公演が行われた。ツアー初日の大阪公演は、阪神大震災の一週間後であり、被災者に配慮して炎の使用を控えた他、武道館公演でリハーサルを録音し、ダイヤルQ2による被災地支援チャリティを行った。

この年2月から、KISS Conventionというイベントを行い、ファンと直に触れ合う機会を持ったシモンズとスタンレーは、1970年代以来のファンから「オリジナルメンバーの再結成はないのか」と問われるようになる。だが二人は以前からそうした話題が起きる都度否定し、またテレビ局から100万ドルのギャラを提示されて、オリジナルメンバーでの出演をオファーされるも即座に断ったりしており、オリジナルメンバーでの再結成はないと思われていた。

しかし、KISS Conventionの小規模なアコースティック・ライヴにピーター・クリスが飛び入りして「ハードラック・ウーマン」を歌い、それがきっかけで8月に行われた「MTVアンプラグド」でエース・フレーリー、ピーター・クリスを含めたラインナップで演奏したことで、ついにオリジナルメンバーでの再結成へと至る(再結成についてはスタンレーが強く希望し、反対するシモンズを説き伏せて実現した)。

11月、ニルヴァーナに代表されるグランジ・ロックブームを意識した『カーニヴァル・オブ・ソウルズ』の制作を開始。しかし再結成の動きが進行中であり、再結成決定によりブルースとシンガーは脱退という事態になり、完成した『カーニヴァル・オブ・ソウルズ』は発売の機を逸してしまうこととなった。

1996年、3月、MTVアンプラグド・ライヴの模様を収めたライヴアルバムとライヴビデオ『停電 (地獄の再会) 〜 Kiss アンプラグド』を発売。

6月、シモンズ、スタンレー、フレーリー、クリスのラインナップで13年振りにメイクを施して行う大規模なリユニオン・ワールド・ツアー「ALIVE/WORLD WIDE 96-97」がスタート。

 
オリジナルラインナップ・ライブ(1999年)

1997年にはオリジナルメンバーとしては19年振りとなる来日公演も実現した。クリスのドラミングには全盛期のキレはなく、フレーリーの動きも鈍くなってしまっていたが、オリジナルメンバーが再集結し、メイクを施して行ったツアーは世間に大熱狂と共に受け入れられ、大成功のうちに終了した(しかし、大阪公演ではシモンズが風邪で喉を痛めてしまい、彼のボーカル曲のほぼ全てがセットリストから外されるというハプニングも勃発した)。1980 - 1990年代のステージでは、テンポを上げてスピーディな演奏を繰り広げていたが、この再結成以降は演奏のテンポをオリジナルのものに戻している。

1997年10月28日、当時出回っていた海賊版対策として、お蔵入りとなっていた『カーニヴァル・オブ・ソウルズ』がリリースされる。

しかし、内容はどの楽曲もポール及びジーンの歌声がなければKISSと判別出来ないほど、徹頭徹尾グランジに阿った代物で、オリジナルメンバーが大盛況のツアーを行っている状況でこのアルバムが売れる要素はなく、注目されることは無かった。無論ツアーでは2020年現在、本作から1曲たりとも一度も演奏されたことはなく、ほぼ本作は存在しなかったことになっている。

ALIVE/WORLD WIDE 96-97の終了後、仕切り直しとしてLOST CITIES TOURを開始(前回のツアーで行けなかった土地だけのツアー)。コロンバス公演のリハーサル中、クリスがたびたび訴えていた腕の不調が最悪の状態になり、ドクターストップを宣告される。この日のライヴは、エディー・キャノンというドラマーが一夜限りの代役(CATMANのメイクも施した)を務めた。

オリジナルメンバーでのアルバム発売が望まれる中、1998年9月22日に『サイコ・サーカス』発売。全米初登場3位にランクインした。そして、同アルバム名を掲げたPSYCHO CIRCUS TOURは無事成功を収めた(しかしスタンレーによるとオリジナルメンバーでのレコーディングは大変に困難な状況であり、その精神的苦痛から2009年になるまでKISSとして新作を作ることはなかった)。

オリジナル・ラインナップ崩壊(2000年 - 2004年)編集

21世紀突入直前の2000年、キッスは解散を宣言。解散ツアー・THE FAREWELL TOUR 2000-2001を開始したが、ツアーが中盤に差し掛かった10月にクリスが再び脱退、やむなくツアーは中断となった。そんなある日、スタンレーが車を車検に出した時に従業員が「30周年ツアーはするのか?」と聞いてきたことがきっかけとなり、グループは解散宣言を撤回、永久活動を宣言する。そして脱退したクリスの後任には元メンバーのエリック・シンガーがCATMANメイクで復帰した。

2001年3月、シモンズ、スタンレー、フレーリー、シンガーというメンバーでTHE FAREWELL TOUR来日公演を行う。

11月、貴重なデモやライヴ音源を含めた500セット限定の豪華ボックスセット『地獄のギター・ケース』発売。ウィキッド・レスター時代の曲やお蔵入りデモ、キッス名義での初ライブ(未発表曲である「アクロバット」のみの収録)、その他デモやアルバム未収録曲が多数収録されており、マニア感涙のコレクターズアイテムとなった。同時に廉価版である「地獄のシガー・ボックス」も5,000セット限定で発売。

2002年、ソルトレイクシティ・オリンピックの閉会式にて、「ロックンロール・オールナイト」を演奏。

このステージを最後に、契約の切れたフレーリーが再び脱退する。フレーリーはソロ活動に集中するため再契約に応じなかった。

ブラック・アンド・ブルートミー・セイヤー(1989年頃から、KISSの裏方や共作者・ツアーマネージャーとして行動を共にし、アルバム『ホット・イン・ザ・シェイド』の制作と『サイコ・サーカス』のレコーディングにも参加)がフレーリーの代役を務め、そのまま5代目リードギタリストに抜擢された。セイヤーはキッスのトリビュートバンドCOLD GINにいた経験もあり、オリジナルメンバー再結成の際には、自らの初期のギターフレーズを忘れていたフレーリーにフレーズのレクチャーをしたり、ツアー中もフレーリーが不調の時にギターを弾けなくなったらすぐに代役が務められるよう、メイク姿で舞台袖で待機していたという。

同時期にピーター・クリスが再び復帰し、エリック・シンガーは2度目の脱退をすることになる。

2003年、世界ツアー・WORLD DOMINATION TOURを行う。ツアーの前半はRCKSIMUS MAXIMS TOURというツアー名でエアロスミスと対バンという豪華なものであった。

2月のメルボルン公演ではクラシック・オーケストラと共演し、キッス・シンフォニーと銘打って生のシンフォニック・ハードロック・ライヴを見せた。この模様は『アライヴ4 〜地獄の交響曲〜』というタイトルでCDとDVDに収められる。

3月にはシモンズ、スタンレー、クリス、セイヤーというラインナップで来日公演を行った。日本ではALIVE IN JAPAN 2003と銘打たれていた。

この年の10月16日には、ロサンゼルスのクラブで発砲事件が発生。偶然居合わせた元メンバーのブルース・キューリックが脚を撃たれ、頭部にも掠り傷を負ってしまう。幸いにも命に別状はなかった。

2004年、ピーター・クリスが3度目の脱退。

再びポール&ジーン体制へ(2004年 - 2017年)編集

 
ボストン公演(2004年)

2004年、ピーターに代わりエリック・シンガーが3度目の復帰(この後はシンガーで固定する)。世界ツアー・ROCK THE NATION TOURを行い、ワシントンD.C.公演とLAフォーラム公演を収録したライヴDVD『地獄の狂宴 〜ロック・ザ・ネイション・ライヴ!』発売。このツアーでは「彼女」や「すべての愛を」(どちらも『地獄への接吻』収録曲)など、演奏されなくなって久しい曲を久しぶりにステージで披露した。メルボルン公演では前年同様キッス・シンフォニーを披露、この公演ではメイク復活後にセットリストから外された「真夜中の使者」と、これまで一度も演奏していない「ステイト・オブ・ロックンロール」を披露した。

2006年クリーブランドロックの殿堂博物館前で、ファン200人によるキッスのロック殿堂入りを要求するデモが行われた。十分な資格と功績のあるキッスが殿堂に招かれなかったことに対し、ボードを掲げて30分の抗議活動を行った(殿堂博物館によれば、こうしたデモは初めてのことだという)。なお、キッスは何度もノミネートされているにもかかわらず、ラッシュ(2013年に殿堂入り)などと共にロックの殿堂入りを果たしていないことを最も疑問視されていたアーティストの1つであり、ニュースサイト・「Oh No They Didn't」では「ロックの殿堂入りしていない偉大なバンドTop10」で第2位に選ばれていた[2]が、2014年に殿堂入りした。

同年7月23日、日本独占ツアー・RISING SUN TOUR最終公演の2日間に、ウドー・ミュージック・フェスティバルに出演。しかし、ツアー最終日であるフジ・スピードウェイ公演での集客数は、これまでの来日公演を大きく下回ることになる。この模様は、スカイパーフェクTV!で放送された。 翌年に掛けて、1973年から2000年までの貴重なライヴ映像を収めたKISSOLOGYシリーズを3巻に分けてリリース(後に日本版も発売された)。

2007年、5公演のみのアメリカツアー・HIT 'N TUN TOURを行う。その最終公演であるカリフォルニア公演当日のリハーサル中に、スタンレーの心拍数が突如190を超え(通常の2〜3倍)、急遽病院に搬送される。シモンズが観客に説明し、「キャンセルしてやり直すか、このまま続けるか」尋ねた結果、この日のライヴは代役も立てずキャンセルもせず、スタンレーを除く3人で決行することとなった。演奏曲はシモンズとシンガーで歌える曲をチョイスしたが、ステージに観客も上げるなど破天荒なライブだった模様。スタンレーは「この借りはいつか必ず返すよ」とコメントを残した(スタンレー不在のライヴはキッスの歴史上初であり、最大のハプニングライヴとなった)。

同年4月5日、元メンバーのマーク・セント・ジョン(マーク・ノートン)が脳出血で他界(51歳没)。

 
ALIVE/35 WORLD TOUR(2008年)

2008年、結成35周年ツアー・ALIVE/35 WORLD TOUR開始。オーストラリアツアーではKISSTERIAというドキュメンタリー風ドラマを撮影した。

ツアー前半では、2代目“スペースマン”ことセイヤーが、初代であるフレーリーの持ち歌「ショック・ミー」で初めてリードボーカルをとる。

同年8月、現在のメンバー、シモンズ、スタンレー、シンガー、セイヤーによって新たに録音されたベスト盤『地獄烈伝』が日本限定発売。

2009年、ALIVE/35 WORLD TOURを続けながら、11年ぶりのスタジオ・アルバムである『ソニック・ブーム』を10月6日に発売、バンド史上最高位となる全米初登場2位を記録した。

初期のKISSコンセプトのように、メンバー全員がそれぞれリード・ボーカルをとる曲が含まれ、またスタンレーとシモンズの共作も復活した。しかし日本ではレコード会社との契約がなされておらず、『ソニック・ブーム』の日本盤は未だ発売されていない。

2010年、SONIC BOOM OVER EUROPE TOURとTHE HOTTEST SHOW ON EARTH TOURでヨーロッパとアメリカを精力的にツアー。

2011年、4月新たなスタジオ・アルバム製作に取り掛かる。

同年10月、初の試みであるKISSクルーズをマイアミで開催。貸切の豪華客船上でアコースティックショーを含む3回のライヴを行った。船上ではハロウィーンパーティやファン同志の交流も行われ、メンバーも参加したファンも満足するものとなり、すぐに翌年の開催が決定され、以降は恒例行事となった。

 
THE TOUR(2012年)

2012年、3月にモトリー・クルーとのダブルヘッドライナーツアーTHE TOURを発表。

7月2日、新たなスタジオ・アルバム『モンスター 〜地獄の獣神』からの第一弾シングル『ヘル オア ハレルヤ』発表[3]

7月20日-10月1日、THE TOURでモトリー・クルーと共に北米と南米でツアーを行った。

10月10日(北米での発売は9日)、3年ぶり20作目のスタジオ・アルバム『モンスター 〜地獄の獣神』発売。全米ビルボードTop200で初登場3位を記録する。アルバム製作自体はもっと早く終わっていたが、レコード会社との契約に時間がかかったため、発売が遅くなった。しかし、それにより日本盤も無事発売となった。

2013年10月、前年11月から続くMONSTER WORLD TOURの終わりに、7年ぶりとなる来日公演を行なった。ファンイベントを行ったり、ファッションショーやTVの音楽番組に生出演したりと今までとは違う行動が多数見られたが、ライヴでは全ての会場でスパイダーセットと共にバンドの底力を見せつけた。10月24日の武道館公演はWOWOWの生中継で放送され、同時に全国のイオンシネマ30劇場で同時上映、収益金は東日本大震災の被災地支援団体に寄付された[4]

2014年4月、『ロックの殿堂』入りを果たす。式典にはオリジナルメンバーが一堂に会したものの、殿堂側との問題により演奏は行われなかった。プレゼンターはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーントム・モレロが務めた[5]

6月23日-、バンド結成40周年記念ツアーであり、デフ・レパードとのダブルヘッドライナーであるTHE KISS 40TH ANNIVERSARY TOUR/HEROES TOURが大盛況のうちに行われる。

2015年ももいろクローバーZとのコラボレーションを行い、ももいろクローバーZ vs KISS名義でシングル「夢の浮世に咲いてみな」をリリース[6]。2015年3月3日には、来日公演でももいろクローバーZがゲスト出演[7]

 
オレゴン州軍楽隊とコラボ(2016年7月)

2016年オレゴン州のアリーナ級ライブで、同州軍警備隊の軍楽隊とコラボして話題となる。また、翌年に同地域のチャリティー・イベントで、久しぶりとなるノーメイクでのパフォーマンスを見せた[8]

バンドの終焉(2018年 - 現在)編集

2018年、来年度からのワールドツアーをもっての活動停止を発表[9]2021年7月の地元ニューヨーク公演が最後になると伝える[10]

2019年、ファイナルツアー「END OF THE ROAD WORLD TOUR」を開始。年末の来日ツアーおよび[11]第70回NHK紅白歌合戦の客演が[12]、日本では最後のパフォーマンスとなる予定。

2020年世界的に大流行した新型コロナウイルス感染症拡大の余波を受けてツアーのスケジュールが変更され、最終公演は2022年以降に持ち越し[13]

ペルソナ(キャラクター)編集

各メンバーがメイクした姿はペルソナと呼ばれ、それぞれ名前とキャラクターが与えられている(メイクメンバーのみ)。

  • DEMON(ジーン・シモンズ)/地獄からやって来た悪魔。獣の咆哮をあげ、空を飛び、炎を吐く。
  • STAR CHILD(ポール・スタンレー)/愛の戦士。他人の心を読むことができ、星の右眼から光線を発する。
  • SPACE MAN(エース・フレーリー、トミー・セイヤー)/ジェンダル星出身の宇宙人。瞬間移動能力を持ち、両手から光線を発する。エースのみSPACE ACEと表記されることもある。
  • CATMAN(ピーター・クリス、エリック・シンガー、エディー・キャノン)/猫の怪人。両腕の鋭い爪が武器。1998年にファンタジーコミック化した際は、敵として登場。パンダやタヌキと誤認されるケースが多い。
  • FOX(エリック・カー)/狐の怪人以外の詳細は不明。
  • ANKH WARRIOR(ヴィニー・ヴィンセント)/エジプトの戦士という設定以外の詳細は不明。魔術師であるのかもしれないとも考えられていた。

上記の設定は1977年からのもので、それ以前、ジーンのキャラクターはTHE DRAGON、ポールのキャラクターはTHE LOVERと呼ばれていた。 その他、ポールはごく初期の短期間だけカサブランカ社長ニール・ボガートの要請により、バンディット(山賊)メイク(「ローン・レンジャー」に出てくるマスクに似ているためそう呼ばれる)をしていた時期があるが、当人が気に入らず、すぐ右目星型メイクに戻した。

  • メイクアップ・デザイン

マーチャンダイズ編集

本業の音楽以外に早くから版権ビジネスに目をつけ、マーチャンダイズ(商品化)で成功した音楽グループの先駆けでもある[14]。バンドの世界観やメンバー4人をキャラクター化したものを、グッズ販売やメディアフランチャイズで展開し大きな収益を得ている。これまでのグッズは通算で5000点以上あり(2016年時点)ライセンス事業も手掛け、興行収入は往年のビートルズエルビス・プレスリーを上回るとされている[15]

グループのマーケティングに関しては、主にジーン・シモンズが決定権を持つ。ジーンはインタビューで「女性ウケするアイドル的スタイルだと一過性で終わるが、男性が憧れる存在で成功すれば彼らは最後まで付いて来てくれる。だからアメリカン・ヒーローのようなペルソナメイクのキャラクターを作った。そこから商標化のアイデアが生まれた」、また「ファンの購買意欲を湧かすような、クールであるかの見極めも重要だ。世界的には大成功していないグループでも、ロゴが売れた例は数多くある。だからたとえ有名ブランドであるとしても(例ベンツのロゴをTシャツに入れても)、必ずしも商標ビジネスには直結しない」と明かしている[16]

  • 商品化した一例

備考・補足編集

 
1975年頃の販促ポスター

デビュー当時からメンバー全員が顔面白塗りの奇抜なメイクをしていることで有名だった。

当初のバンドのコンセプトは「アメリカ版ビートルズ」であり、楽器の編成も同じで、メンバー各々(ヴィニー・ヴィンセント、マーク・セント・ジョンは除く)にリードボーカル曲がある。ただし、ヴィニーはデモ段階の一部の楽曲ではリードボーカルを取っていた。

日本においてはアルバムの邦題が「地獄」シリーズであることでも有名。セカンドアルバム『地獄のさけび』に最初から「地獄のさけび」という日本語のタイトルが付けられていたことがきっかけとなり、後に初期の3作が日本でまとめて発売された際に、「地獄」とは何の関連もない原題のアルバムにまで「地獄の…」という邦題が付けられることとなった。ことステージにおけるジーン・シモンズの過激なパフォーマンス(口から火を噴く、血を吐く、あるいはワイヤーアクションによって宙を舞う)の鮮烈さも相俟って、ややもすると的を射た意訳であると解釈される場合もあるが、しかしシモンズが上述の自伝の中で述べている限りではステージで行われる数々のパフォーマンスはあくまでも「ショウにおけるアトラクション」という位置づけにあり、KISSというバンドのコンセプトと地獄に直接の関係はないとされる。

1970年代の日本の雑誌のインタビューでは、バンドのメイクに歌舞伎の影響があったと書かれていたことがあったが、ジーンの自伝『Kiss And Make-Up』においてメイクが歌舞伎から発想を得ていることを否定しており、ポールも後の度重なるインタビューで否定している。

 
使用されている日本語
 
ジーンの怪獣型ブーツ

なお、2枚目のアルバム『地獄のさけび』のジャケットに日本語が多数使われているのは、撮影を担当したノーマン・シーフのアドバイスによるもの。ノーマンは当時日本で横尾忠則と知り合い、その影響をこのジャケットに反映させた。ジーンは恐怖映画やゴジラのファンであり、有名な怪獣型ブーツはゴジラがモデルである。

現在のメディアでは、「1980年代は低迷期だった」という扱いをされているが、売り上げが低かった作品は、1980年『仮面の正体』、1981年『〜エルダー〜 魔界大決戦』、1982年『暗黒の神話』の1980年代初期の3作品に留まっており、北米以外の海外ツアーでは相変わらずの大人気を博していたため、データ上を見る限りでは一概に「低迷期」とは言えない。

1983年素顔で発表した『地獄の回想』、1984年『アニマライズ』、1987年『クレージー・ナイト』ではプラチナムをとっており、素顔でも常に第一線で活動し続けていた(RIAAの記録は更新されていないが、1985年『アサイラム』も売り上げ上ではプラチナムだとされる)。ポール・スタンレーは素顔について、「飽きられてきていたし、音楽そのもので勝負する時期にきていた。素顔になる心構えはできていて、後はジーンの気持ち次第だった」と後年に明かしている[17]

代表曲「デトロイト・ロック・シティ」に象徴されるように特にデトロイトで絶大な人気を持っていたが、バンド自体はニューヨークで結成されており、デトロイト出身ではない。同じく代表曲「勇士の叫び」の最初のメロディは日本でも馴染みが深く、浦和レッドダイヤモンズのサポーターによるチャント「ウォリアー」の原曲となっている。また全日本プロレスなどに参戦したプロレスラースティーブ・ウィリアムスの入場テーマ曲でもある。

彼らの影響力が強いころに見つけたバンドとしてヴァン・ヘイレンがある。ジーンが出資してデモ・テープを作らせ、各レコード会社に送付したが、どのレコード会社も興味を示さなかった逸話がある。ジーンは、同バンドのベーシストであるマイケル・アンソニーと顔が似ているとされ、同一人物に思われていた時期があった。

キヤノンのカメラ「EOS Kiss Digital」の2005年 - 2006年のCMで、西洋人の子供4人(男の子2人・女の子2人)が顔にKISSのペイントをして、歌詞こそ違えど「ラヴィン・ユー・ベイビー」を歌うというものが放送されていた。

週刊少年マガジン』にて連載されていた『魁!!クロマティ高校』には、KISSのパロディキャラクター(通称「四天王」)が登場していた。

パロディー編集

作品編集

スタジオアルバム編集

ライブアルバム編集

ベストアルバム編集

ツアー編集

Club Tour (1973)編集

Kiss Tour (1974)編集

Hotter than Hell Tour (1974 - 1975)編集

Dressed to Kill Tour (1975)編集

Alive! Tour (1975 - 1976)編集

Destroyer Tour (1976)編集

Rock & Roll Over Tour (1976 - 1977)編集

Love Gun Tour (1977)編集

Alive II Tour (1977 - 1978)編集

Dynasty Tour (1979)編集

Unmasked Tour (1980)編集

Creatures of the Night Tour/10th Anniversary Tour (1982 - 1983)編集

Date City Country Venue Opening Act(s)
North America
December 29 Bismarck United States Bismarck Civic Center Hotz
December 30 Sioux City Sioux City Municipal Auditorium Dare Force
December 31 Rockford Rockford MetroCentre Shoes
January 1 Terre Haute Hulman Center Why On Earth
January 3 Charleston Charleston Civic Center Defectors
January 6 Lexington Rupp Arena Night Ranger
January 7 Saginaw Wendler Arena
January 8 Toledo Toledo Sports Arena
January 9 Dayton University of Dayton Arena
January 12 Quebec City Canada Colisée de Quebec The Headpins
January 13 Montreal Montreal Forum
January 14 Toronto Maple Leaf Gardens
January 15 Ottawa Ottawa Civic Centre
January 16 Glens Falls United States Glens Falls Civic Center Night Ranger
January 18 Syracuse Onondaga County War Memorial
January 20 Rochester Rochester Community War Memorial
January 21 Portland Cumberland County Civic Center
January 22 Worcester The Centrum
January 25 Norfolk Norfolk Scope
January 27 Huntsville Von Braun Civic Center
January 28 Birmingham Boutwell Auditorium
January 29 Chattanooga UTC Arena
January 30 Nashville Nashville Municipal Auditorium
February 1 Knoxville Knoxville Civic Coliseum Plasmatics
February 3 West Palm Beach West Palm Beach Auditorium
February 4 Lakeland Lakeland Civic Center
February 11 Pine Bluff Pine Bluff Convention Center
February 14 New Orleans Louisiana Superdome Zebra
February 16 Dubuque Five Flags Center Plasmatics
February 18 Bloomington Met Center
February 19 Sioux Falls Sioux Falls Arena
February 20 La Crosse La Crosse Center
February 22 Richfield Richfield Coliseum
February 23 Detroit Cobo Arena
February 25 Springfield Prairie Capital Convention Center
February 26 Indianapolis Market Square Arena
February 28 St. Louis Kiel Auditorium
March 1 Kansas City Kansas City Municipal Auditorium Molly Hatchet
March 9 Dallas Dallas Convention Center Plasmatics
March 10 Houston Sam Houston Coliseum
March 11 San Antonio HemisFair Arena
March 13 Beaumont Beaumont Civic Center
March 14 Corpus Christi Corpus Christi Memorial Coliseum
March 18 Biloxi Mississippi Coast Coliseum
March 19 Shreveport Hirsch Memorial Coliseum
March 20 Norman Lloyd Noble Center
March 21 Amarillo Amarillo Civic Center
March 23 El Paso El Paso County Coliseum
March 26 Irvine Irvine Meadows Amphitheatre Mötley Crüe
March 27 Los Angeles Universal Amphitheatre
March 28 Phoenix Arizona Veterans Memorial Coliseum
April 1 Las Vegas Aladdin Theater
April 3 San Francisco San Francisco Civic Auditorium
Brazil
June 18 Rio de Janeiro Brazil Maracanã Stadium Herva Doce
June 23 Belo Horizonte Mineirão Stadium N/A
June 25 São Paulo Morumbi Stadium

Lick It Up World Tour (1983 - 1984)編集

Animalize World Tour (1984 - 1985)編集

Asylum Tour (1985 - 1986)編集

Crazy Nights World Tour (1987 - 1988)編集

Hot in the Shade Tour (1990)編集

Date City Country Venue Opening Act(s)
Pre-tour shows
March 11 Galveston, Texas United States West Beach Pocket Park Downtown Bruno
April 14 Asbury Park, New Jersey The Stone Pony Saraya, The Good Rats, Joe Lynn Turner, The Red & The Black
April 25 Reseda, California Reseda Country Club Shake City
Main Arena Tour
May 4 Lubbock, Texas United States Lubbock Municipal Coliseum Slaughter, Faster Pussycat
May 5 Dallas, Texas Coca-Cola Starplex Amphitheatre
May 6 Austin, Texas Frank Erwin Center
May 8 Tulsa, Oklahoma Expo Square Pavilion
May 9 Valley Center, Kansas Britt Brown Arena
May 10 Omaha, Nebraska Omaha Civic Auditorium
May 11 Sioux Falls, South Dakota Sioux Falls Arena
May 12 Bonner Springs, Kansas Sandstone Amphitheatre
May 15 Saginaw, Michigan Wendler Arena
May 17 Terre Haute, Indiana Hulman Center
May 18 Auburn Hills, Michigan The Palace of Auburn Hills
May 19 Toledo, Ohio Toledo Sports Arena
May 20 Fort Wayne, Indiana Allen County War Memorial Coliseum
May 22 Cape Girardeau, Missouri Show Me Center
May 23 Cedar Rapids, Iowa Five Seasons Center
May 25 Bloomington, Minnesota Met Center
May 26 Fargo, North Dakota Red River Valley Speedway
May 27 Duluth, Minnesota Duluth Arena
May 28 Green Bay, Wisconsin Brown County Veterans Memorial Arena
May 30 Peoria, Illinois Peoria Civic Center
May 31 Evansville, Indiana Mesker Amphitheatre
June 1 St. Louis, Missouri Kiel Auditorium
June 2 Des Moines, Iowa Iowa Veterans Memorial Auditorium
June 3 Tinley Park, Illinois New World Music Theatre
June 6 Columbus, Ohio Battelle Hall Slaughter, Little Caesar
June 7 Trotwood, Ohio Hara Arena
June 8 Noblesville, Indiana Deer Creek Music Center
June 9 Richfield, Ohio Richfield Coliseum
June 12 Cincinnati, Ohio Cincinnati Gardens
June 13 Muskegon, Michigan L. C. Walker Arena
June 15 Toronto, Ontario Canada CNE Grandstand Whitesnake (Co-headliner), Slaughter, Faster Pussycat
June 16 Weedsport, New York United States Cayuga County Fair Speedway Slaughter, Little Caesar
June 17 Middletown, New York Orange County Fair Speedway
June 20 Providence, Rhode Island Providence Civic Center
June 22 Binghamton, New York Broome County Veterans Memorial Arena
June 23 Burgettstown, Pennsylvania Coca-Cola Star Lake Amphitheater
June 26 Philadelphia The Spectrum
June 27 Allentown, Pennsylvania Great Allentown Fair
June 28 Uniondale, New York Nassau Veterans Memorial Coliseum
June 29 Mansfield, Massachusetts Great Woods Performing Arts Center
June 30 East Rutherford, New Jersey Brendan Byrne Arena
July 3 Springfield, Massachusetts Springfield Civic Center
July 6 Old Orchard Beach, Maine Seashore Performing Arts Center
July 7 Albany, New York Knickerbocker Arena
July 8 Harrisburg, Pennsylvania City Island
July 10 Fairfax, Virginia Patriot Center Slaughter, Danger Danger
July 11 Roanoke, Virginia Roanoke Civic Center
July 12 Richmond, Virginia Richmond Coliseum
July 13 Norfolk, Virginia Norfolk Scope
July 18 Johnson City, Tennessee Freedom Hall Civic Center
July 19 Knoxville, Tennessee Knoxville Civic Coliseum
July 20 Atlanta, Georgia Coca-Cola Lakewood Amphitheatre
July 21 Nashville, Tennessee Starwood Amphitheatre
July 24 Columbia, South Carolina Carolina Coliseum
July 25 Charlotte, North Carolina Charlotte Coliseum
July 26 Greenville, South Carolina Greenville Memorial Auditorium
July 27 Greensboro, North Carolina Greensboro Coliseum
July 28 Fayetteville, North Carolina Cumberland County Memorial Arena
August 1 Jacksonville, Florida Jacksonville Memorial Coliseum
August 2 Orlando, Florida Orlando Arena
August 3 Miami, Florida Miami Arena
August 4 Tampa, Florida USF Sun Dome
August 7 Pelham, Alabama Oak Mountain Amphitheatre
August 8 Memphis, Tennessee Mid-South Coliseum
August 16 Huntsville, Alabama Von Braun Civic Center Slaughter, Winger
August 17 Jackson, Mississippi Mississippi Coliseum
August 18 Shreveport, Louisiana Hirsch Memorial Coliseum
August 19 Biloxi, Mississippi Mississippi Coast Coliseum
August 21 Houston, Texas The Summit
August 22 San Antonio, Texas Freeman Coliseum
August 24 Little Rock, Arkansas Barton Coliseum
August 25 Oklahoma City Myriad Convention Center
August 26 Salina, Kansas Bicentennial Center
August 28 Rapid City, South Dakota Rushmore Plaza Civic Center
August 29 Billings, Montana MetraPark Arena
August 31 Morrison, Colorado Red Rocks Amphitheatre
September 1 Salt Lake City Salt Palace
September 3 Boise, Idaho BSU Pavilion
September 6 Vancouver, British Columbia Canada Pacific Coliseum
September 7 Seattle, Washington United States Seattle Center Coliseum
September 8 Spokane, Washington Spokane Coliseum
September 9 Portland, Oregon Portland Memorial Coliseum
September 12 Sacramento, California Cal Expo Amphitheatre
September 13 Concord, California Concord Pavilion
September 14 Long Beach, California Long Beach Arena
September 15 San Diego, California San Diego Sports Arena
September 16 Phoenix, Arizona Arizona Veterans Memorial Coliseum
September 19 El Paso, Texas El Paso County Coliseum Winger, Vixen
September 20 Odessa, Texas Ector County Coliseum
September 21 Fort Worth, Texas Tarrant County Convention Center
September 22 Amarillo, Texas Amarillo Civic Center
September 24 Springfield, Missouri Hammons Student Center
September 25 Columbia, Missouri Hearnes Center
September 26 Lincoln, Nebraska Pershing Auditorium
September 28 Carbondale, Illinois SIU Arena
September 29 East Troy, Wisconsin Alpine Valley Music Theatre Slaughter, Winger
September 30 Dubuque, Iowa Five Flags Center
October 2 Bismarck, North Dakota Bismarck Civic Center
October 4 Marquette, Michigan Lakeview Arena
October 5 Rochester, Minnesota Mayo Civic Center
October 6 Topeka, Kansas Landon Arena
October 7 Sioux City, Iowa Sioux City Municipal Auditorium
October 10 Johnstown, Pennsylvania Cambria County War Memorial Arena
October 12 Hamilton, Ontario Canada Copps Coliseum
October 13 London, Ontario London Gardens
October 14 Auburn Hills, Michigan United States The Palace of Auburn Hills
October 15 Kalamazoo, Michigan Wings Stadium
October 16 Erie, Pennsylvania Erie Civic Center
October 18 Ottawa, Ontario Canada Ottawa Civic Centre
October 19 Montreal, Quebec Montreal Forum
October 25 Portland, Maine United States Cumberland County Civic Center
October 26 Worcester, Massachusetts Centrum in Worcester
October 27 New Haven, Connecticut New Haven Coliseum
October 30 Wheeling, West Virginia Wheeling Civic Center
November 1 Charleston, West Virginia Charleston Civic Center
November 2 Augusta, Georgia Augusta-Richmond County Civic Center
November 3 Albany, Georgia Albany Civic Center
November 6 Columbus, Georgia Columbus Municipal Auditorium
November 7 Asheville, North Carolina Asheville Civic Center
November 8 Hershey, Pennsylvania Hersheypark Arena
November 9 New York City, New York Madison Square Garden

Revenge Tour (1992)編集

Date City Country Venue Opening Act(s)
Club Shows
April 23 San Francisco, California United States The Stone Shooting Gallery
April 25 West Hollywood, California The Troubadour
April 26
April 27 Phoenix, Arizona After The Goldrush
April 29 Houston, Texas The Backstage
April 30 Dallas, Texas Dallas City Limits Club
May 2 Atlanta, Georgia Center Stage
May 4 Baltimore, Maryland Hammerjack's
May 5 Philadelphia, Pennsylvania Trocadero Theatre
May 6 Toronto, Ontario Canada Phoenix Concert Theatre
May 8 Boston, Massachusetts United States Avalon Ballroom
May 9 New York City, New York The Ritz
May 10 Brooklyn, New York The Warehouse
Europe
May 16 Glasgow Scotland S.E.C.C. Arena Danger Danger
May 17 Whitley Bay England Whitley Bay Ice Rink
May 18 Sheffield Sheffield Arena
May 20 Cardiff Wales Wales National Ice Rink
May 21 London England Wembley Arena
May 24 Plymouth Plymouth Pavilions
May 25 Birmingham NEC Arena
May 26
Revenge Arena Tour
October 1 Bethlehem, Pennsylvania United States Stabler Arena Faster Pussycat, Trixter
October 2 Binghamton, New York Broome County Veterans Memorial Arena
October 3 Toronto, Ontario Canada Maple Leaf Gardens
October 5 Montreal, Quebec Montreal Forum
October 6 Portland, Maine United States Cumberland County Civic Center
October 8 Worcester, Massachusetts The Centrum
October 9 East Rutherford, New Jersey Brendan Byrne Arena
October 10 Philadelphia, Pennsylvania The Spectrum
October 11 Uniondale, New York Nassau Veterans Memorial Coliseum
October 13 Hershey, Pennsylvania Hersheypark Arena
October 14 Charleston, West Virginia Charleston Civic Center
October 16 Pittsburgh, Pennsylvania Pittsburgh Civic Arena
October 17 Roanoke, Virginia Roanoke Civic Center
October 18 Landover, Maryland Capital Centre
October 20 Lexington, Kentucky Rupp Arena
October 21 Bristol, Tennessee Viking Hall Civic Center
October 23 Charlotte, North Carolina Charlotte Coliseum
October 24 Fayetteville, North Carolina Cumberland County Memorial Arena
October 25 Columbia, South Carolina Carolina Coliseum
October 29 Daytona Beach, Florida Ocean Center Faster Pussycat, Trixter, Fortress
October 30 Tampa, Florida USF Sun Dome Faster Pussycat, Trixter
October 31 Miami, Florida Miami Arena
November 3 Greenville, South Carolina Greenville Memorial Auditorium Jackyl, Trixter
November 5 Atlanta, Georgia The Omni Great White, Trixter
November 6 Nashville, Tennessee Nashville Municipal Auditorium
November 7 Knoxville, Tennessee Knoxville Civic Coliseum
November 8 Huntsville, Alabama Von Braun Civic Center
November 10 St. Joseph, Missouri St. Joseph Civic Arena
November 13 St. Louis, Missouri St. Louis Arena
November 14 Ames, Iowa Hilton Coliseum
November 15 Cedar Rapids, Iowa Five Seasons Center
November 17 Kalamazoo, Michigan Wings Stadium
November 18 Fort Wayne, Indiana Allen County War Memorial Coliseum
November 20 Evansville, Indiana Roberts Municipal Stadium
November 21 Chicago UIC Pavilion
November 22 Toledo, Ohio Toledo Sports Arena
November 24 Springfield, Illinois Prairie Capital Convention Center
November 25 Fairborn, Ohio Ervin J. Nutter Center
November 27 Auburn Hills, Michigan The Palace of Auburn Hills
November 28 Indianapolis, Indiana Market Square Arena
November 29 Richfield, Ohio Richfield Coliseum
November 30 Milwaukee, Wisconsin Bradley Center
December 2 Madison, Wisconsin Dane County Expo Coliseum
December 3 Saint Paul, Minnesota St. Paul Civic Center
December 4 Sioux Falls, South Dakota Sioux Falls Arena
December 6 Denver, Colorado McNichols Sports Arena
December 8 Salt Lake City, Utah Delta Center
December 9 Boise, Idaho BSU Pavilion
December 10 Portland, Oregon Portland Memorial Coliseum
December 11 Vancouver, British Columbia Canada Pacific Coliseum
December 14 Seattle, Washington United States Seattle Center Arena
December 16 Sacramento, California ARCO Arena
December 18 Oakland, California Oakland-Alameda County Coliseum Arena
December 19 San Bernardino, California Orange Pavilion Trixter, Vesuvius
December 20 Phoenix, Arizona America West Arena Great White, Trixter

Kiss My Ass Tour (1994 - 1995)編集

Alive/Worldwide Tour (1996 - 1997)編集

Psycho Circus World Tour (1998 - 2000)編集

Kiss Farewell Tour (2000 - 2001)編集

World Domination Tour (2003)編集

Rock the Nation World Tour (2004)編集

Rising Sun Tour (2006)編集

Hit 'n Run Tour (2007)編集

Alive 35 World Tour (2008 - 2009)編集

Date City Country Venue
Australia/New Zealand 2008
March 16 Melbourne Australia Melbourne Grand Prix Circuit
March 18 Brisbane Brisbane Entertainment Centre
March 20 Sydney ACER Arena
March 22 Wellington New Zealand Rock2Wgtn
Europe 2008
May 9 Oberhausen Germany König Pilsener Arena
May 11 Munich Olympiahalle
May 12 Vienna Austria Wiener Stadthalle
May 13 Verona Italy Arena di Verona
May 16 Sofia Bulgaria Akademik Stadium
May 18 Athens Greece Terra Vibe Park
May 22 Riga Latvia Arena Riga
May 24 Moscow Russia Olimpiyskiy Arena
May 26 St. Petersburg Ice Palace
May 27 Helsinki Finland Hartwall Areena
May 28
May 30 Stockholm Sweden Stockholms Stadion
May 31 Oslo Norway Vallhall Arena
June 1 Bergen Koengen
June 3 Copenhagen Denmark Forum Copenhagen
June 4 Hamburg Germany Color Line Arena
June 6 Prague Czech Republic O2 Arena
June 9 Berlin Germany Velodrom
June 10 Mannheim SAP Arena
June 11 Oberhausen König Pilsener Arena
June 13 Castle Donington England Download Festival
June 15 Nijmegen Netherlands Arrow Rock Festival
June 17 Paris France Palais Omnisports de Paris-Bercy
June 18 Stuttgart Germany Schleyerhalle
June 21 Bilbao Spain Kobetasonik Festival
June 23 Zürich Switzerland Hallenstadion
June 24 Milan Italy Datchforum
June 26 Esch-sur-Alzette Luxembourg Rockhal
June 27 Nuremberg Germany Nuremberg Arena
June 28 Dessel Belgium Graspop Metal Meeting
North America 2008
August 4 Sturgis United States Rock'n The Rally
August 29 Las Vegas Pearl Concert Theater
August 30 Lake Tahoe Harvey's Outdoor Arena
August 31 Kelseyville Konocti Harbor Amphitheatre
South America 2009
April 3 Santiago Chile Estadio Municipal de La Florida
April 5 Buenos Aires Argentina River Plate Stadium
April 7 São Paulo Brazil Anhembi Convention Center
April 8 Rio de Janeiro Praça da Apoteose
April 11 Bogotá Colombia Simón Bolívar Park
April 14 Lima Peru National Stadium
April 17 Caracas Venezuela Hipódromo La Rinconada
North America 2009 #1
June 27 Milwaukee United States Summerfest
July 10 Sarnia Canada Sarnia Bayfest
July 11 Windsor Colosseum at Caesars Windsor
July 13 Montreal Bell Centre
July 15 Ottawa Ottawa Bluesfest
July 16 Quebec City Festival d'été de Québec
July 18 Halifax Halifax Rocks 2009
July 20 Orillia Casino Rama
July 21
July 28 Paso Robles United States California State Fair
North America 2009 #2
September 25 Detroit United States Cobo Arena
September 26
September 28 Cleveland Quicken Loans Arena
September 29 London Canada John Labatt Centre
October 1 Montreal Bell Centre
October 2 Toronto Air Canada Centre
October 3 Uncasville United States Mohegan Sun Arena
October 5 Boston TD Garden
October 7 Oshawa Canada General Motors Centre
October 9 Uniondale United States Nassau Coliseum
October 10 New York City Madison Square Garden
October 12 Philadelphia Wachovia Center
October 13 Washington, D.C. Verizon Center
October 16 Hampton Hampton Coliseum
October 17 Greenville Bi-Lo Center
October 19 Pensacola Pensacola Civic Center
October 21 Tampa St. Pete Times Forum
October 22 Fort Lauderdale BankAtlantic Center
October 24 Birmingham BJCC Arena
October 26 Atlanta Philips Arena
October 28 Nashville Sommet Center
October 29 Little Rock Verizon Arena
October 31 New Orleans Voodoo Experience
November 6 Chicago United Center
November 7 Minneapolis Target Center
November 9 Winnipeg Canada MTS Centre
November 10 Saskatoon Credit Union Centre
November 12 Calgary Pengrowth Saddledome
November 14 Vancouver General Motors Place
November 15 Seattle United States KeyArena at Seattle Center
November 17 Portland Rose Garden
November 19 Sacramento ARCO Arena
November 21 Fresno Save Mart Center
November 22 Oakland Oracle Arena
November 24 Anaheim Honda Center
November 25 Los Angeles Staples Center
November 27 San Diego San Diego Sports Arena
November 28 Las Vegas Pearl Concert Theater
December 1 Glendale Jobing.com Arena
December 2 El Paso Don Haskins Center
December 4 Austin Frank Erwin Center
December 5 Houston Toyota Center
December 6 Dallas American Airlines Center
December 8 Tulsa BOK Center
December 10 Kansas City Sprint Center
December 11 Council Bluffs Mid-America Center
December 13 Pittsburgh Mellon Arena

Sonic Boom Over Europe Tour (2010)編集

Date City Country Venue/Event
May 1, 2010 Sheffield United Kingdom Sheffield Arena
May 2 Newcastle Metro Radio Arena
May 4 Liverpool Echo Arena
May 5 Birmingham LG Arena
May 7 Dublin Ireland The O2
May 9 Glasgow United Kingdom SECC
May 10 Manchester Evening News Arena
May 12 London Wembley Arena
May 13
May 16 Zürich Switzerland Hallenstadion
May 17 Geneva SEG Geneva Arena
May 18 Milan Italy Mediolanum Forum
May 20 Vienna Austria Wiener Stadthalle
May 21 Ostrava Czech Republic ČEZ Aréna
May 23 Prague O2 Arena
May 25 Leipzig Germany Arena Leipzig
May 26 Berlin O2 World
May 28 Budapest Hungary Papp László Sportaréna
May 29 Bratislava Slovakia Štadión Pasienky
May 31 Hamburg Germany O2 World
June 1 Oberhausen König Pilsener Arena
June 3 Nürburgring Rock am Ring Festival
June 5 Nuremberg Rock im Park Festival
June 8 Trondheim Norway Lerkendal Stadion
June 10 Tampere Finland Sauna Open Air Metal Festival
June 12 Stockholm Sweden Olympiastadion
June 13 Malmö Malmö Stadion
June 14 Oslo Norway Vallhall Arena
June 16 Aalborg Denmark Gigantium
June 18 Arnhem Netherlands GelreDome
June 20 Clisson France Hellfest
June 22 Madrid Spain Palacio de Deportes
June 24 Barcelona Palau Sant Jordi
June 25 Vitoria-Gasteiz Azkena Rock Festival
June 27 Dessel Belgium Graspop Metal Meeting Festival

The Hottest Show on Earth Tour (2010 - 2011)編集

Date City State Venue
July 23, 2010 Cheyenne United States Cheyenne Frontier Days
July 24 Minot North Dakota State Fair
July 29 Burgettstown First Niagara Pavilion
July 30 Cincinnati Riverbend Music Center
July 31 Hershey Hersheypark Stadium
August 6 Camden Susquehanna Bank Center
August 7 Mansfield Comcast Center
August 9 Indianapolis Indiana State Fair
August 10 Sault Ste. Marie Canada Essar Centre
August 13 Corfu United States Darien Lake Performing Arts Center
August 14 Wantagh Nikon at Jones Beach Theater
August 15 Scranton Toyota Pavilion
August 17 Saratoga Springs Saratoga Performing Arts Center
August 19 Uncasville Mohegan Sun Arena
August 20 Holmdel PNC Bank Arts Center
August 21 Bristow Jiffy Lube Live
August 27 Virginia Beach Virginia Beach Amphitheater
August 28 Charlotte Verizon Wireless Amphitheatre
August 29 Raleigh Time Warner Cable Music Pavilion
August 31 Atlanta Aaron's Amphitheatre at Lakewood
September 2 Milwaukee Marcus Amphitheater
September 3 Tinley Park First Midwest Bank Amphitheatre
September 4 Saint Paul Minnesota State Fair
September 10 Toronto Canada Molson Amphitheatre
September 11 Clarkston United States DTE Energy Music Theatre
September 12 Cuyahoga Falls Blossom Music Center
September 17 The Woodlands Cynthia Woods Mitchell Pavilion
September 18 Frisco Pizza Hut Park
September 19 San Antonio AT&T Center
September 22 Sandy Rio Tinto Stadium
September 24 Phoenix Cricket Wireless Pavilion
September 25 Fontana Epicenter
September 28 Monterrey Mexico Teatro Banamex
September 30 Mexico City Palacio de los Deportes
October 1
October 2 Guadalajara Arena VFG
March 12, 2011 San Juan Puerto Rico José Miguel Agrelot Coliseum
March 15 Houston United States Houston Livestock Show and Rodeo
March 17 Hollywood Hard Rock Live
May 29 Sacramento Rock'n Walk For Kids
June 23 Everett Comcast Arena at Everett
June 24 Spokane Spokane Arena
June 26 Kamloops Canada Interior Savings Centre
June 27 Abbotsford Abbotsford Centre
June 29 Prince George CN Centre
June 30 Dawson Creek EnCana Events Centre
July 2 Fort McMurray Canada Rock Festival
July 6 Sarnia Sarnia Bayfest
July 9 Grand Falls-Windsor Salmon Festival
July 12 Manchester United States Verizon Wireless Arena
July 13 Bushkill Mountain Laurel Center
July 15 Walker Moondance Jam
July 16 Oshkosh Rock USA Festival
July 18 Springfield Prairie Capital Convention Center
July 24 Montreal Canada Heavy MONTRÉAL
July 26 Orillia Casino Rama
July 27 Windsor Caesars Windsor
July 28 Verona United States Turning Stone Events Center

The Tour (2012 - 2013)編集

Date City Country Venue
North America 2012
July 20 Bristow United States Jiffy Lube Live
July 21 Virginia Beach Farm Bureau Live at Virginia Beach
July 22 Raleigh Time Warner Cable Music Pavilion
July 24 Atlanta Aaron's Amphitheatre at Lakewood
July 25 Charlotte Verizon Wireless Amphitheatre
July 27 West Palm Beach Cruzan Amphitheatre
July 28 Tampa 1-800-ASK-GARY Amphitheatre
July 31 Pelham Oak Mountain Amphitheater
August 1 Louisville KFC Yum! Center
August 3 The Woodlands Cynthia Woods Mitchell Pavilion
August 4 Dallas Gexa Energy Pavilion
August 5 San Antonio AT&T Center
August 7 Albuquerque Journal Pavilion
August 8 Greenwood Village Comfort Dental Amphitheatre
August 10 Phoenix Ashley Furniture HomeStore Pavilion
August 11 Las Vegas Mandalay Bay Events Center
August 12 Chula Vista Cricket Wireless Amphitheatre
August 14 Irvine Verizon Wireless Amphitheater
August 16 Concord Sleep Train Pavilion
August 18 Auburn White River Amphitheatre
August 19 Ridgefield Sleep Country Amphitheater
August 24 Grand Junction Rock Jam
August 26 Tulsa BOK Center
August 27 Maryland Heights Verizon Wireless Amphitheater
August 29 St. Paul Minnesota State Fair
August 31 Cincinnati Riverbend Music Center
September 1 Noblesville Klipsch Music Center
September 2 Burgettstown First Niagara Pavilion
September 4 Nashville Bridgestone Arena
September 6 Clarkston DTE Energy Music Theatre
September 7 Tinley Park First Midwest Bank Amphitheatre
September 8 East Troy Alpine Valley Music Theatre
September 11 Allegan Allegan County Fair
September 12 Cuyahoga Falls Blossom Music Center
September 13 Toronto Canada Molson Amphitheatre
September 15 Darien United States Darien Lake Performing Arts Center
September 16 Mansfield Comcast Center
September 18 Scranton Toyota Pavilion
September 19 Camden Susquehanna Bank Center
September 21 Holmdel PNC Bank Arts Center
September 22 Wantagh Nikon at Jones Beach Theater
September 23 Hartford Comcast Theatre
September 29 Mexico City Mexico Foro Sol
October 1 Monterrey Arena Monterrey
Oceania 2013
February 28 Perth Australia Perth Arena
March 3 Adelaide Clipsal 500
March 5 Melbourne Etihad Stadium
March 6
March 9 Sydney Allphones Arena
March 10
March 12 Brisbane Brisbane Entertainment Centre

Monster World Tour (2012 - 2013)編集

Date City Country Venue
South America 2012
November 7 Buenos Aires Argentina River Plate Stadium
November 10 Santiago Chile Maquinaria Festival
November 12 Asunción Paraguay Jockey Club
November 14 Porto Alegre Brazil Gigantinho
November 17 São Paulo Arena Skol Anhembi
November 18 Rio de Janeiro HSBC Arena
Australia 2013
February 28 Perth Australia Perth Arena
March 3 Adelaide Victoria Park Racecourse
March 5 Melbourne Etihad Stadium
March 6
March 9 Sydney Allphones Arena
March 10
March 12 Brisbane Brisbane Entertainment Centre
March 16 Mackay Virgin Australia Stadium
Europe 2013
June 1 Stockholm Sweden Friends Arena
June 3 Helsinki Finland Hartwall Areena
June 6 Sölvesborg Sweden Sweden Rock Festival
June 8 Stavanger Norway Viking Stadion
June 11 Copenhagen Denmark Forum Copenhagen
June 12 Berlin Germany Waldbühne
June 14 Prague Czech Republic O2 Arena
June 15 Vienna Austria Nova Rock Festival
June 17 Codroipo Italy Villa Manin
June 18 Milan Mediolanum Forum
June 20 Zürich Switzerland Hallenstadion
June 22 Clisson France Hellfest
North America 2013 #1
July 5 Victoria Canada Save-On-Foods Memorial Centre
July 6 Vancouver Rogers Arena
July 8 Kelowna Prospera Place
July 10 Lethbridge Enmax Centre
July 12 Edmonton Rexall Place
July 14 Saskatoon Credit Union Centre
July 16 Regina Brandt Centre
July 17 Brandon Keystone Centre
July 18 Winnipeg MTS Centre
July 20 Cadott United States Rock Fest
July 23 Sudbury Canada Sudbury Arena
July 25 Ottawa Canadian Tire Centre
July 26 Toronto Molson Amphitheatre
July 27 London Budweiser Gardens
July 29 Montreal Bell Centre
July 31 Saint John Harbour Station
August 1 Halifax Halifax Metro Centre
August 3 St. John's Mile One Centre
August 4
August 7 Gilford United States Meadowbrook U.S. Cellular Pavilion
August 9 Verona Turning Stone Events Center
August 10 Uncasville Mohegan Sun Arena
August 12 Portsmouth nTelos Wireless Pavilion
August 13 Simpsonville Charter Amphitheater at Heritage Park
August 16 Orlando Amway Center
August 18 Hollywood Hard Rock Live
Asia 2013
October 19 Chiba Japan Makuhari Messe
October 21 Osaka Osaka-jō Hall
October 23 Tokyo Budokan Hall
October 24
North America 2013 #2
November 8 Calgary Canada Scotiabank Saddledome

Kiss 40th Anniversary World Tour(2014 - 2015)編集

Date City Country Venue
North American Heroes Tour with Def Leppard 2014
June 23 West Valley City United States USANA Amphitheatre
June 25 Denver Pepsi Center
June 27 Ridgefield Sleep Country Amphitheater
June 29 Auburn White River Amphitheatre
July 2 Concord Concord Pavilion
July 3 Wheatland Sleep Train Amphitheatre
July 5 Irvine Verizon Wireless Amphitheatre
July 6 Chula Vista Sleep Train Amphitheatre
July 8 Inglewood The Forum
July 9 Phoenix Ak-Chin Pavilion
July 12 Austin Austin360 Amphitheater
July 13 Dallas Gexa Energy Pavilion
July 15 Cincinnati Riverbend Music Center
July 16 Nashville Bridgestone Arena
July 18 Atlanta Aaron's Amphitheatre
July 19 Charlotte PNC Music Pavilion
July 20 Raleigh Walnut Creek Amphitheatre
July 22 West Palm Beach Cruzan Amphitheatre
July 23 Tampa MidFlorida Credit Union Amphitheatre
July 25 Bristow Jiffy Lube Live
July 26 Holmdel PNC Bank Arts Center
August 1 Mansfield Xfinity Center
August 2 Atlantic City Boardwalk Hall
August 3 Camden Susquehanna Bank Center
August 5 Saratoga Springs Saratoga Performing Arts Center
August 6 Wantagh Nikon at Jones Beach Theater
August 8 Virginia Beach Farm Bureau Live
August 9 Scranton Toyota Pavilion
August 10 Hartford Xfinity Theatre
August 12 Toronto Canada Molson Canadian Amphitheatre
August 13 Darien United States Darien Lake Performing Arts Center
August 15 East Troy Alpine Valley Music Theatre
August 16 Tinley Park First Midwest Bank Amphitheatre
August 17 Minneapolis Target Center
August 20 Des Moines Wells Fargo Arena
August 22 Noblesville Klipsch Music Center
August 23 Clarkston DTE Energy Music Theatre
August 24 Burgettstown First Niagara Pavilion
August 26 Cuyaghoga Falls Blossom Music Center
August 28 Maryland Heights Verizon Wireless Amphitheatre
August 29 Tulsa BOK Center
August 31

(Def Leppard last show)

The Woodlands Cynthia Woods Mitchell Pavilion
North America 2014
October 25 Mexico City Mexico Hell and Heaven Festival
October 29 Anaheim United States Honda Center
Kiss Rocks Vegas 2014
November 5 Las Vegas United States The Joint
November 7
November 8
November 12
November 14
November 15
November 19
November 22
November 23
January 8, 2015

(Private Show)

Asia 2015
February 23 Nagoya Japan Nippon Gaishi Hall
February 25 Osaka Osaka Castle Hall
February 26 Hiroshima Hiroshima Sun Plaza
February 28 Sendai Sekisui Heim Super Arena
March 3 Tokyo Tokyo Dome
South America 2015
April 10 Bogotá Colombia Estadio El Campín
April 12 Quito Ecuador Bicentenário Park
April 14 Santiago Chile Movistar Arena
April 16 Buenos Aires Argentina José Amalfitani Stadium
April 18 Montevideo Uruguay Estadio Gran Parque Central
April 20 Florianópolis Brazil Devassa On Stage
April 21 Curitiba Pedreira Paulo Leminski
April 23 Belo Horizonte Mineirinho
April 24 Brasília Estacionamento do Estadio Nacional
April 26 São Paulo Anhembi Convention Center
Europe 2015
May 30 Munich Germany Rockavaria Festival
May 31 Gelsenkirchen Rock im Revier
June 2 Hamburg O2 World Arena
June 3 Berlin O2 World Arena
June 4 Leipzig Leipzig Arena
June 6 Vienna Austria Rock In Vienna Festival
June 8 Prague Czech Republic O2 Arena
June 10 Zürich Switzerland Hallenstadion
June 11 Verona Italy Verona Arena
June 14 Donington Park United Kingdom Download Festival
June 16 Paris France Zénith de Paris
June 18 Amsterdam Netherlands Ziggo Dome
June 19 Dessel Belgium Graspop Metal Meeting
June 21 Barcelona Spain Palau Sant Jordi
June 22 Madrid Barclaycard Center
Oceania 2015
October 3 Perth Australia Perth Arena
October 6 Adelaide Adelaide Entertainment Centre
October 8 Melbourne Rod Laver Arena
October 9
October 10 Sydney Allphones Arena
October 12 Newcastle Newcastle Entertainment Centre
October 13 Brisbane Brisbane Entertainment Centre
October 16 Auckland New Zealand Vector Arena

Freedom to Rock Tour (2016)編集

Date City Country Venue
North America 2016
July 4 Tucson United States AVA Amphitheater
July 7 Boise Taco Bell Arena
July 9 Eugene Matthew Knight Arena
July 10 Kennewick Toyota Center
July 12 Edmonton Canada Rexall Place
July 13 Calgary Stampede Roundup Festival
July 15 Spokane United States Spokane Arena
July 16 Bozeman Brick Breeden Fieldhouse
July 18 Colorado Springs Broadmoor World Arena
July 20 Independence Silverstein Eye Centers Arena
July 22 Lincoln Pinnacle Bank Arena
July 23 Springfield JQH Arena
July 25 Wichita Intrust Bank Arena
July 27 Sioux City Tyson Events Center
July 29 Cheyenne Cheyenne Frontier Days
July 30 Minot North Dakota State Fair
August 1 Mankato Verizon Wireless Center
August 3 Duluth Amsoil Arena
August 5 Moline iWireless Center
August 6 La Crosse La Crosse Center
August 8 Milwaukee BMO Harris Bradley Center
August 10 Green Bay Resch Center
August 12 Fort Wayne Allen County War Memorial Coliseum
August 13 Grand Rapids Van Andel Arena
August 15 Saginaw Dow Event Center
August 17 Springfield Illinois State Fair
August 19 Des Moines Iowa State Fair
August 20 Rockford BMO Harris Bank Center
August 22 Dayton Nutter Center
August 24 Toledo Huntington Center
August 26 Youngstown Covelli Centre
August 27 Erie Erie Insurance Arena
August 29 Rochester Blue Cross Arena
August 30 University Park Bryce Jordan Center
September 1 Allentown Great Allentown Fair
September 3 Worcester DCU Center
September 4 Portland Cross Insurance Arena
September 7 Bridgeport Webster Bank Arena
September 9 Richmond Richmond Coliseum
September 10 Huntington Big Sandy Superstore Arena
October 29 Uncasville Mohegan Sun Arena
October 30 Cabazon Morongo Casino, Resort & Spa
November 12 Monterrey Mexico Northside Festival
November 19 Tijuana Estadio Gasmart

KISSWORLD Tour (2017 - 2018)編集

Date City Country Venue
Leg 1 – North America 2017 #1
February 22 Tulsa United States The Joint at Hard Rock Hotel & Casino
February 24 Thackerville WinStar World Casino
February 25 Oakland Oracle Arena
April 21 Reno Grand Sierra Resort
April 22 Laughlin Laughlin Event Center
Leg 2 – Europe 2017
May 1 Moscow Russia Olimpiyskiy Arena
May 4 Helsinki Finland Hartwall Arena
May 6 Stockholm Sweden Tele2 Arena
May 7 Oslo Norway Oslo Spektrum
May 9 Horsens Denmark Forum Horsens
May 10 Gothenburg Sweden Scandinavium
May 12 Dortmund Germany Westfalenhalle
May 13 Stuttgart Schleyerhalle
May 15 Torino Italy Pala Alpitour
May 16 Bologna Unipol Arena
May 18 Munich Germany Olympiahalle
May 20 Brno Czech Republic Brno Exhibition Centre
May 21 Vienna Austria Wiener Stadthalle
May 23 Frankfurt Germany Festhalle Frankfurt
May 24 Rotterdam Netherlands Rotterdam Ahoy
May 27 Glasgow Scotland The SSE Hydro
May 28 Birmingham England Barclaycard Arena
May 31 London The O2 Arena
Leg 3 – North America 2017 #2
July 14 Bridgeview United States Chicago Open Air
July 15 Hinckley Grand Casino Hinckley Amphitheater
August 18 Orillia Canada Casino Rama
August 19 Niagara Falls United States Seneca Niagara Casino & Hotel
August 20 Aurora RiverEdge Park
September 26 Sugar Land Smart Financial Centre at Sugar Land
September 27 Irving The Pavilion at Toyota Music Factory
September 28 Rogers Walmart Arkansas Music Pavilion
September 30 Gretna Gretna Heritage Festival
Leg 4 – Europe 2018
July 7, 2018 Barcelona Spain Barcelona Rock Fest
July 8 Madrid WiZink Center
July 10 Lisbon Portugal Oeiras Municipal Stadium
July 12 Cordoba Spain Plaza De Toros
July 14 Viveiro Resurrection Festival

End of the Road World Tour (2019 - 2022)編集

Date City Country Venue
Leg 1 – North America 2019 #1
January 31 Vancouver Canada Rogers Arena
February 1 Portland United States Moda Center
February 2 Tacoma Tacoma Dome
February 4 Spokane Spokane Arena
February 7 San Diego Viejas Arena
February 8 Fresno Save Mart Center
February 9 Sacramento Golden 1 Center
February 12 Anaheim Honda Center
February 13 Glendale Gila River Arena
February 15 Las Vegas T-Mobile Arena
February 16 Inglewood The Forum
February 19 Corpus Christi American Bank Center Arena
February 20 Dallas American Airlines Center
February 22 New Orleans Smoothie King Center
February 23 Memphis FedExForum
February 26 Oklahoma City Chesapeake Energy Arena
February 27 Kansas City Sprint Center
March 1 Milwaukee Fiserv Forum
March 2 Chicago United Center
March 4 Minneapolis Target Center
March 6 Sioux Falls Denny Sanford Premier Center
March 7 Omaha CHI Health Center Omaha
March 9 Grand Rapids Van Andel Arena
March 10 Moline TaxSlayer Center
March 12 Louisville KFC Yum! Center
March 13 Detroit Little Caesars Arena
March 16 Columbus Nationwide Arena
March 17 Cleveland Quicken Loans Arena
March 19 Montreal Canada Bell Centre
March 20 Toronto Scotiabank Arena
March 22 Uniondale United States Nassau Veterans Memorial Coliseum
March 23 Uncasville Mohegan Sun Arena
March 26 Boston TD Garden
March 27 New York City Madison Square Garden
March 29 Philadelphia Wells Fargo Center
March 30 Pittsburgh PPG Paints Arena
April 2 Quebec City Canada Videotron Centre
April 3 Ottawa Canadian Tire Centre
April 6 Raleigh United States PNC Arena
April 7 Atlanta State Farm Arena
April 9 Nashville Bridgestone Arena
April 11 Tampa Amalie Arena
April 12 Jacksonville VyStar Veterans Memorial Arena
April 13 Birmingham Legacy Arena
May 3 Mexico City Mexico Domination Festival
Leg 2 – Europe 2019
May 27 Leipzig Germany Arena Leipzig
May 29 Vienna Austria Wiener Stadthalle
May 31 Munich Germany Königsplatz
June 2 Essen Stadion Essen
June 4 Berlin Waldbühne
June 5 Hanover Expo-Plaza
June 7 Sölvesborg Sweden Sweden Rock Festival
June 9 Hyvinkää Finland Rockfest
June 11 Saint Petersburg Russia Ice Palace
June 13 Moscow VTB Arena
June 16 Kyiv Ukraine NSC Olimpiyskiy
June 18 Kraków Poland Tauron Arena Kraków
June 19 Prague Czech Republic Prague Rocks Festival
June 22 Clisson France Hellfest
June 23 Dessel Belgium Graspop Metal Meeting
June 25 Amsterdam Netherlands Ziggo Dome
June 27 Oslo Norway Tons of Rock
June 28 Trondheim Trondheim Rocks
July 2 Milan Italy Ippodromo SNAI San Siro
July 4 Zürich Switzerland Hallenstadion
July 6 Iffezheim Germany Rennbahn
July 9 Birmingham England Arena Birmingham
July 11 London The O2 Arena
July 12 Manchester Manchester Arena
July 14 Newcastle Utilita Arena
July 16 Glasgow Scotland SSE Hydro
Leg 3 – North America 2019 #2
August 6 Sunrise United States BB&T Center
August 8 North Charleston North Charleston Coliseum
August 10 Charlotte PNC Music Pavilion
August 11 Bristow Jiffy Lube Live
August 13 Virginia Beach Veterans United Home Loans Amphitheater
August 14 Newark Prudential Center
August 16 Montreal Canada Bell Centre
August 17 Toronto Scotiabank Arena
August 20 Brooklyn United States Barclays Center
August 21 Hershey Hersheypark Stadium
August 23 Darien Darien Lake Performing Arts Center
August 24 Saratoga Springs Saratoga Performing Arts Center
August 27 Syracuse St. Joseph's Amphitheater at Lakeview
August 29 Cincinnati Riverbend Music Center
August 31 Noblesville Ruoff Home Mortgage Music Center
September 1 Maryland Heights Hollywood Casino Amphitheatre
September 3 Des Moines Wells Fargo Arena
September 5 Little Rock Verizon Arena
September 7 Bossier City CenturyLink Center
September 8 San Antonio AT&T Center
September 9 Houston Toyota Center
September 11 Albuquerque Isleta Amphitheater
September 12 Denver Pepsi Center
Leg 4 – Asia 2019
December 8 Sendai Japan Xebio Arena Sendai
December 11 Tokyo Tokyo Dome
December 14 Morioka Morioka Takaya Arena
December 17 Osaka Kyocera Dome Osaka
December 19 Nagoya Dolphins Arena
Leg 5 – United States 2020
February 1 Manchester United States SNHU Arena
February 4 Allentown PPL Center
February 5 Buffalo KeyBank Center
February 7 Charlottesville John Paul Jones Arena
February 8 Greensboro Greensboro Coliseum
February 11 Columbia Colonial Life Arena
February 13 Lexington Rupp Arena at Central Bank Center
February 15 Peoria Peoria Civic Center
February 16 Fort Wayne Allen County War Memorial Coliseum
February 18 Springfield JQH Arena
February 19 Wichita Intrust Bank Arena
February 21 Sioux City Tyson Events Center
February 22 Grand Forks Alerus Center
February 24 St. Paul Xcel Energy Center
February 25 Lincoln Pinnacle Bank Arena
February 29 Laughlin Laughlin Events Center
March 2 Bakersfield Mechanics Bank Arena
March 4 Los Angeles Staples Center
March 6 Oakland Oakland Arena
March 9 El Paso Don Haskins Center
March 10 Lubbock United Supermarkets Arena
Leg 6 – Europe 2021
June 2 Antwerp Belgium Sportpaleis
June 8 Paris France AccorHotels Arena
June 10 Dortmund Germany Westfalenhallen
June 12 Łódź Poland Atlas Arena
June 15 Hamburg Germany Barclaycard Arena
June 16–19 Copenhagen Denmark Copenhell
June 19 Stockholm Sweden Tele2 Arena
June 21 Helsinki Finland Hartwall Arena
June 23 Gothenburg Sweden Scandinavium
June 25 Frankfurt Germany Festhalle
June 27 Vienna Austria Wiener Stadthalle
June 30 Zürich Switzerland Hallenstadion
July 3 Barcelona Spain Rockfest
July 4 Madrid WiZink Center
July 6 Nîmes France Arena of Nîmes
July 8 Stuttgart Germany Hanns-Martin-Schleyer-Halle
July 10 Prague Czech Republic O2 Arena
July 12 Verona Italy Verona Arena
July 15 Budapest Hungary László Papp Budapest Sports Arena
Leg 7 – United States 2021
August 18 Mansfield United States Xfinity Center
August 19 Bangor Darling's Waterfront Pavilion
August 21 Atlantic City Hard Rock Live at Etess Arena
August 22 Hartford Xfinity Theatre
August 26 Burgettstown The Pavilion at Star Lake
August 28 Raleigh Coastal Credit Union Music Park
August 29 Atlanta Cellairis Amphitheatre
September 1 Clarkston DTE Energy Music Theatre
September 2 Fairborn Nutter Center
September 4 Tinley Park Hollywood Casino Amphitheatre
September 5 Milwaukee American Family Insurance Amphitheater
September 17 Ridgefield Sunlight Supply Amphitheater
September 18 George The Gorge Amphitheatre
September 21 Boise ExtraMile Arena
September 22 West Valley City USANA Amphitheatre
September 25 Chula Vista North Island Credit Union Amphitheatre
September 26 Phoenix Ak-Chin Pavilion
September 29 Austin Germania Insurance Amphitheater
October 1 Fort Worth Dickies Arena
October 2 Tulsa BOK Center
October 5 Biloxi Mississippi Coast Coliseum
October 6 Lafayette Cajundome
Leg 8 – Latin America 2021
October 10 Bogotá Colombia Movistar Arena
October 12 Lima Peru Arena Costa Verde
October 14 Santiago Chile Movistar Arena
October 16 São Paulo Brazil Allianz Parque
October 17 Ribeirão Preto Arena Eurobike
October 19 Curitiba Pedreira Paulo Leminski
October 21 Porto Alegre Arena do Grêmio
October 23 Buenos Aires Argentina Costanera Sur
Leg 9 – Australia 2021
November 14 Perth Australia RAC Arena
November 17 Adelaide Adelaide Entertainment Centre
November 20 Melbourne Rod Laver Arena
November 21
November 26 Sydney Qudos Bank Arena
November 30 Brisbane Brisbane Entertainment Centre
December 4 Townsville Queensland Country Bank Stadium
Leg 10 – Festivals 2022
June 10 Leicestershire England Download Festival

オープニングアクト編集

  • David Garibaldi (North America 2019, Europe 2019)
  • The New Roses (May 27 in Leipzig, 29 in Vienna and 31 in Munich, Europe 2019)
  • David Lee Roth (North America 2020–2021)

日本公演編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ドイツにおいては、ナチスドイツ親衛隊のマークを想起させるとの理由から、ロゴのSSの部分を変更している
  2. ^ 当初はレインボー RAINBOW という名前であったが、2回目のライヴを行った後に同名のバンドがいることを知ったため1971年に改名。
  3. ^ なお、火吹きは誰がやるか決定する場面でシモンズしか手を上げなかったためシモンズに決まったが、本来誰がやるかは決まっていなかった。
  4. ^ オープニング・アクトにはデビュー間もないBOWWOWが起用された。
  5. ^ この後チャイルドはスタンレーの紹介によりボン・ジョヴィと共作し、世界的に有名なコンポーザーとなったが、スタンレーとの関係は長年続いていくこととなる。

出典編集

  1. ^ a b c d Erlewine, Stephen Thomas. Kiss | Biography & History - オールミュージック. 2020年6月28日閲覧。
  2. ^ Top 10 Best Bands That Are NOT in the Rock and Roll Hall of Fame
  3. ^ キッスの新作『Monster』が日本でも発売に - amass
  4. ^ 結成40周年のKISS、7年ぶりの来日公演に1万5,000人熱狂 - BARKS
  5. ^ キッス、オリジナル・メンバー4人でステージに - BARKS
  6. ^ ももいろクローバーZ vs KISS、コラボシングルが実現 - BARKS
  7. ^ KISS&ももいろクローバーZ、「東京ドームが楽しみ」 - BARKS
  8. ^ キッス、メイキャップなしでパフォーマンス”. BARKS (2017年2月21日). 2017年12月1日閲覧。キッス、今年2度目のメイクなしパフォーマンス”. BARKS (2017年11月13日). 2017年12月1日閲覧。
  9. ^ ポール・スタンレー、KISS引退の理由を語る”. ローリングストーン (2018年9月30日). 2019年12月16日閲覧。
  10. ^ KISSのジーン・シモンズに日本で直撃「最後の来日公演」は本当にラストなのか?”. ローリングストーン (2019年12月8日). 2019年12月16日閲覧。
  11. ^ キッスが最後の来日公演で見せつけた「ロックの本質」、歓喜と驚愕で満たされた東京ドームで4人の勇姿を目撃した!”. rockin'on.com (2019年12月13日). 2019年12月16日閲覧。
  12. ^ YOSHIKI、紅白出場が決定 今年はKISSとコラボ「ゴジラを倒した以上のインパクト…」”. ORICON NEWS (2019年12月15日). 2019年12月16日閲覧。
  13. ^ キッス、クルーズ延期で2021年7月以降もパフォーマンス続行”. Barks (2020年5月15日). 2021年3月20日閲覧。
  14. ^ KISS“マーチャンダイズとタイアップ”のはじまり”. BARKS (2012年11月4日). 2020年2月12日閲覧。
  15. ^ 火を噴く実業家 KISSジーン・シモンズのビジネス塾”. 日経ビジネス (2016年6月16日). 2020年2月12日閲覧。
  16. ^ 世界初、人の顔の商標登録でビッグマネーを生む”. 日経ビジネス (2016年6月16日). 2020年2月12日閲覧。
  17. ^ ポール・スタンレー、キッスが素顔をさらした理由を語る - BARKS

外部リンク編集