ヒリス・モスタールト

ヒリス・モスタールト(Gillis Mostaert de Oude、1528年11月27日(または28日) – 1598年12月28日)は16世紀フランドルの画家である。16世紀後半のアントウェルペンで活動し[1]、風俗画や風景画や歴史画を描いたことで知られる[2]。同名の画家の息子、Gillis Mostaert de Jongeと区別するために「de Oude(the Elder)」が付けられることがある。アントウェルペンで大きな工房を運営し、多くに作品を制作した[2][3]

ヒリス・モスタールト
Gillis Mostaert
Anonymous - Portrait of Gillis Mostaert (I).jpg
作者不詳の肖像画
生誕1528年11月27日(または28日)
フルスト
死没1598年12月28日
アントウェルペン

略歴編集

フルストで画家の息子に生まれた[4]。同時代の画家で、伝記作家のカレル・ヴァン・マンデルの伝記から、祖父が有名な画家のヤン・モスタールト(Jan Mostaert: c.1475–1552/1553)とされてきたが[5]、近年の研究はヤン・モスタールトの親類であったことが疑わしいとしている[3][6] 。双子の兄弟のフランス・モスタールト(Frans Mostaert: 1528-1560)も画家になった。

フランス・モスタールトは風景画家のヘリ・メット・ド・ブレス(Herri met de Bles)に学び、ヒリス・モスタールトは1550年頃から幻想的で怪異な風景画を描いたヤン・マンデイン(Jan Mandijn: c.1500-c.1560)の弟子になったとされる。1555年にアントウェルペンの聖ルカ組合に、兄弟は登録されたとされるが[1][7]、フランス・モスタールトのほうが先に親方になり、ヒリスがフランスの弟子として登録されたとも考えられている[8]。当時アントウェルペンを代表する画家、フランス・フロリス(Frans Floris: 1519–1570)の工房でマルテン・ファン・クレーフェ(Marten van Cleve: c.1527– 1581)やマールテン・ド・フォス(Marten de Vos, Maarten: 1532–1603)とともに働いたとされる[3]。1563年に結婚し6人の子供が生まれた。

アントウェルペンの風景画ジャンルの発展に貢献し、大きな工房を運営したが、気前よく金を使い、亡くなった時には多くの借金を残し、工房の資材は売り払わなければならなかった。

ギャラリー編集

ゴルゴタの丘に向かうキリスト
冬の軍の遠征
エジプト逃避途上の風景
世俗や宗教の虐待に関する寓意画
村祭り
燃える町と略奪する兵士たちのいる風景

参考文献編集

  1. ^ a b Gillis Mostaert at the Netherlands Institute for Art History
  2. ^ a b Carl Van de Velde and James Snyder. "Mostaert: (2) Gillis Mostaert", Grove Art Online. Oxford Art Online. Oxford University Press. Web. 7 February 2017
  3. ^ a b c Lode I J Goukens, Een geschilderde lijst: innovatie door Gillis Coignet of Gillis Mostaert? Hooiwagen, Parijs, Louvre, Universiteit Gent Faculteit Letteren & Wijsbegeerte, Paper Geschiedenis van de beeldende kunst in de Nederlanden II Voor: Professor Koenraad Jonckheere, Academiejaar 2015-2016
  4. ^ Lode I J Goukens, Gillis Mostaert: Sint-Jorisfeest. Wat zagen kunstenaars en kopers in kermisschilderijen? De case van het Sint-Jorisfeest (MSK Gent), Universiteit Gent Faculteit Letteren & Wijsbegeerte, Paper Geschiedenis van de beeldende kunst in de Nederlanden II Voor: Professor Koenraad Jonckheere, Academiejaar 2015-2016 (オランダ語)
  5. ^ Frans en Gillis Mostart in: Karel van Mander, Schilder-boeck|Het Schilder-Boeck, Haarlem, 1604 (オランダ語)
  6. ^ Buyck Jean F., Gillis Mostaert - Christus door Pilatus aan het volk getoond at tento
  7. ^ Frans Mostaert at the Netherlands Institute for Art History]
  8. ^ De liggeren en andere historische archieven der Antwerpsche sint Lucasgilde] van 1453-1615, edited and published by Ph. Rombouts and Th. van Lerius, Antwerp, 1872-1876, p. 184 (オランダ語)