メインメニューを開く

グランド・ショー[1][2]ヒート・ウエーブ』は宝塚歌劇団のレビュー作品。月組公演[1][2]。16場[1][2]。併演は『二都物語[1][2]』。この公演は大地真央黒木瞳の宝塚サヨナラ公演であった。

目次

解説編集

※出典は100年史の大劇場のもの[3]

大地真央を讃えるショー作品。喜びと憂い、夢と現実、強者と弱者、そして光と闇など、様々なバイオリズムを、ヒートな"ウエーブ"と表現した作品。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

配役編集

※宝塚[1]・東京[2]共通

  • エトワール、ヒートボーイ、歌手、アニマルボーイ - 大地真央
  • ヒートボーイ、ドアボーイ、クラブの男、アニマル - 剣幸
  • ヒートガールS、クラブの女S、恋人、白い雲 - 黒木瞳
  • 紳士、ポリス - 麻月鞠緒
  • 婦人 - 有明淳
  • 紳士 - 星原美沙緒
  • ヒートボーイ、クラブの男、黒い雲S - 芹まちか
  • 紳士 - 未沙のえる
  • ヒートボーイ、クラブの男 - 桐さと実
  • 極楽鳥、ヒートボーイ、クラブの男 - 郷真由加
  • ヒートガール、クラブの女、アニマル - 仁科有理
  • ヒートガール、淑女、クラブの女 - 春風ひとみ
  • ヒートガール、クラブの女 - こだま愛
  • 極楽鳥、クラブの男、バンブー - 涼風真世
  • クラブの女 - 若央りさ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 311.
  2. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 313.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 157.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3