メインメニューを開く

ピアノのために

クロード・ドビュッシーが作曲したピアノ組曲


これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノのためにフランス語: Pour le Piano)は、クロード・ドビュッシーが作曲したピアノ曲集

概要編集

1901年完成。ただし第2曲のみ、1894年に「忘れられた映像」の一曲として作曲されたもので、1896年に『グラン・ジュルナル』("Le Grand Journal du lundi")紙の付録として単独で発表されたあと、変更を加えてこの曲集に組み入れられた。初演は1902年1月11日国民音楽協会の演奏会で、リカルド・ビニェスによって行われ好評を収める。出版は1901年で、第1曲と第3曲はそれぞれドビュッシーの弟子だったヴォルムス・ドゥ・ロミリー(Worms de Romilly)とニコラ・コロニオ(Nicolas Coronio)に、第2曲は「忘れられた映像」と同じくルアール夫人(Yvonne Rouart)に献呈された[1]

ベルガマスク組曲[2]と同じく各曲には古典組曲に倣った題名が付けられている。しかし作曲には約10年の開きがあり、全音音階半音階を生かした語法ははるかに革新的になっている。技巧的なピアノ書法も駆使されており[3]、ドビュッシー独自のピアニズムの始まり[3]や、最初の成熟したピアノ曲[1]と評される。

楽曲編集

「十分にいきいきと、リズミックに」。冒頭の激しい主題と、ペダル音上でゆっくりと上昇する主題が対比される[3]

 


「優雅な落ち着きとゆるやかさをもって」。豊かな和音を伴った[4]荘重な舞曲。モーリス・ラヴェル1922年に管弦楽編曲を残している[5]

 

「活発に」。急速な動きが途切れずに続く。後半では冒頭の楽想が嬰ハ長調で再現され、喜ばしい響きのなかで終結を迎える[3]

 

注釈編集

  1. ^ a b Lesure, François (1984年). “Preface (PDF)”. henle.de. 2018年5月17日閲覧。
  2. ^ 第3曲「月の光」を除く。
  3. ^ a b c d 松橋麻利 (2007). 作曲家 人と作品 ドビュッシー. 音楽之友社. p. 182. 
  4. ^ 作曲家別名曲解説ライブラリー10 ドビュッシー. 音楽之友社. (1993). p. 102. 
  5. ^ Keller, James M. “Debussy (Orch. by Ravel): Sarabande and Danse”. San Francisco Symphony. 2018年5月17日閲覧。

外部リンク編集