ピアノ三重奏曲第2番 (メンデルスゾーン)

ピアノ三重奏曲第2番 ハ短調 作品66 は、フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した2番目のピアノ三重奏曲ヴァイオリニストであり作曲家ルイ・シュポーアに献呈された。

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Van Baerle Trio - Mendelssohn Piano Trio no. 2 in C minor Op. 66

概要編集

メンデルスゾーンの室内楽曲は最も多く書かれた弦楽四重奏曲を筆頭に、モーツァルトよりもベートーヴェン的な作風が目立っていることが窺える。

第2番はシューマンによって「ベートーヴェン以来、もっとも偉大なピアノ三重奏曲」と評価された第1番の6年後、最晩年の1845年頃にライプツィヒで完成されたと推測されている(詳しい作曲場所は不明)。

構成編集

4楽章の構成で、演奏時間は約31分。

  • 第1楽章 アレグロ・エネルジコ・エ・コン・フォーコ
    ハ短調、4分の4拍子、ソナタ形式
    暗い情念を秘めたような重々しい第1主題と、その思いをやや解放させた第2主題によって、エネルギッシュに展開されていく。
  • 第2楽章 アンダンテ・エスプレッシーヴォ
    変ホ長調、8分の9拍子、三部形式
    美しく情熱的な緩徐楽章。
  • 第3楽章 スケルツォ:モルト・アレグロ・クワジ・プレスト
    ト短調、4分の2拍子、三部形式。
    高度な演奏技巧を要求されるスケルツォ楽章。中間部はト長調
  • 第4楽章 アレグロ・アパッショナート
    ハ短調 - ハ長調、8分の6拍子、自由なソナタ形式。
    展開部はJ.S.バッハのコラール「汝の御座の前に」を用いて、クライマックスが築かれる。
    後にブラームスが20歳であった1853年に、この楽章を基にピアノ・ソナタ 第3番の第3楽章スケルツォが書かれた。

関連作品編集

外部リンク編集